SPURS-GYM : NBA,スパーズ&筋トレ情報届けます.

NBA、SPURS(スパーズ)応援ブログです.NBA&筋トレ情報をお届けします。ファン歴18年。

【スポンサーリンク】

パートルが地元紙でスパーズについて語る。その内容とは?

広告

スポンサーリンク

「jakob poeltl」の画像検索結果

インタビュー in オーストリア

7月のオフシーズン中、スパーズのヤコブ・パートルは地元オーストリアに帰省して地元のテレビ局ORFのインタビューに応じました。

 

パートルは3年前、オーストリア人ではじめてのNBA選手になりました。

 

パートルはオフはオーストリアで夏を過ごしており、ほぼトレーニングの毎日を過ごしています。7月末は子供のためのバスケットボールキャンプを行い、短い休暇を取りました。

 

 

夏のトレーニングはポストムーブに大いに焦点を合わせています。

 

スパーズが来シーズンのオフェンスでおそらくもう少し彼を使いたいと思っているのでしょう。


彼にとっては契約最終年です。彼はスパーズを愛し、留まりたいと言いました。

 

以下インタビューの内容です。

 

今年の夏にウィーンと地元に帰ってやることは?

 

夏になると帰省するのが普通になっています。完全なトレーニングモードにあり、7月まで休暇をとっていません。ジムでフィジカルトレーニングをしています。スパーズのコーチもいて、手伝ってくれました。

今までとの違いは、トレーニングはシュートだけに集中していないことです。

スパーズは、私がペイントの中で働き、ポストアップに取り組むことを望んでいます。私のゲームは改善されるはずです。それはラプターズの時代とは異なるものです。スパーズでは、私はよりオフェンスに関与しています。ラプターズでの自分の役割も気に入っていましたが、ここではより「ランダム」になっています。より信頼できる状況になります。私はより多くの責任を負うという事実が好きです。だから私はポストの動きに取り組む必要があります。それがこの夏の焦点になります。私の将来にとって、スパーズシステムはより良いプレーヤーになるための良いものです。

 

多くのチームがビッグマンの3ポイントを武器として使用していることについて

 

スパーズは、私が良いロングレンジショットを撃つことができればボーナスだと言った。しかし、私の強さは他のどこかにあります。私たちのロスターには素晴らしいシューターがいるので、シューターになることは緊急だとは思いません。私にプレッシャーはありません。

 

スパーとしての彼の最初のシーズンで、コーチポップとの仕事はどうですか?

 

非常に前向きなシーズンで、クールな年でした。スパーズはラプターズからスパーズへのシステムの移行を可能な限りスムーズにするためにあらゆることをしました。新しいチーム、コーチに慣れるのは簡単ではありませんでした。でもシーズンを通して成長したと思うので、良いシーズンでした。

 

ポポビッチとの仕事が大好きでした。バスケットボールごとに何をすべきか、明確な指示を受けました。個人的には、特に最初は特に簡単ではありませんでした。ポップは非常にユニークで、すべてを理解するのに時間がかかりました。ポップには多くの敬意があり、時々彼はそれで遊んでいますが、メッセージは常に明確で直接的であり、私はそれが大好きです。コートの外では、彼は非常に簡単でリラックスしており、私の以前のコーチよりもはるかに優れています。

また、私はスパーズの他の「重要な」人たちと非常に良い関係を持っています。誰もがとても親切でした。

時々、負けた試合の後にダウンしたとき、ポップはバスケットボールだけでなく、人生で重要な他のことを思い出させてくれました。

トレーニングには楽しいことがあり、映画のセッションもあります。ペンギンについてのドキュメンタリーを見て、彼らがチームとしてどのように機能し、どのように通信するかを示しました。私たちは博物館を訪問し、夕食に一緒に出かけました。非常にユニークで、この種の方法には慣れていませんでしたが、楽しんでいました。

初日から私はファウルに注意する必要があると言われました。スパーズではファウルしないことが大きな要因です。速いファウルや悪いディフェンスローテーションの後、すぐにベンチに戻されることが時々ありました。最初は困難でしたが、それがスパーズのやり方です。私はほとんどすぐにゲームに戻ったので、様々なことを学べました。

 

プレーオフで多くのプレー時間を得たことに驚きましたか?

 

驚くことではありませんが、誇りに思っています。もちろん、私たちがデンバーをプレイしていて、彼らがビッグラインナップをプレイしているという事実によるものであることも知っています。プレーオフで良い印象を与えることを望みました。(ニコラ)ヨキッチは最高の選手の一人であり、大変でした。彼を止めることはできません。できるだけ一生懸命にしようとする必要があります。私は彼を苦しめようとしたが、時にはうまくいき、時にはうまくいかなかったが、大丈夫だったと思う。

 

(ジャマール)マレーへのスクリーンに対してダーティプレーヤーと呼ばれたことについてどう思いました?

 

それは単なるプレーオフの話だと思います。審判に少し影響を与えるための発言でしょう。それほど気にしませんでした。審判がそれがイリーガルスクリーンでないと言う限り、私は自分の仕事をします。バスケットボールコートで新しい友達を見つけたくありません。ゲームに勝ちたいです。だから影響しません。

 

スパーズがホームで良いチームであり、ロードで悪いチームだった理由は何ですか?

 

私たちは頻繁にその質問をうけました。組み合わせるものはたくさんあると思います。サンアントニオのファンは素晴らしく私たちのショットはホームでより自信を持っていました。理由はちょっと答えられません。来シーズンはそうならないように取り組まないといけない。

 

デマー・デローザンも素晴らしいシーズンでしたが、どういう印象でした?

 

トレードは、トロントにいたときよりも私たちを近づけました。もちろん元チームメイトとも話をしましたが、今ではよりデマーと深いつながりがあります。もちろん、彼は少し年上で家族がいるので、遊びに行ったり、PlayStationなどをプレイしたりしませんけど。

 

チームケミストリーはどうですか?

私たちもコート外で多くコミュニケーションを取れています、それは良い相性でした。今シーズンは新しい選手がたくさんいたので、来シーズンは相性がさらに良くなると思います。

 

ラプターズがファイナルに進出したことについて思うことは?

 

Pascal Siakam や(OG)Anunobyのような他の人たちとはたくさん連絡を取り合っています。トロントには良い友達がいて、もちろん私たちはつながっています。しかし、私の元チームメイトの多くはトロントに残っていません。

もちろん、ファイナルでプレーするのを見るのは簡単ではありません。(私の気持ちは)プレーオフで上下しました。彼らが私の友人だから知っているので、彼らが勝ったとき、私はまだ幸せだと気づきました。もちろん、私の考えが「ファイナルに行けたはずだった」方向にさまよっていることもあります。しかし、それでもまた、私はスパーズに行くのが良いステップだったことを知っています。後半戦良いプレイ時間を得ました、私は多くをアピールできましたし、プレーオフで良い役割を果たすことができました。ですから、ここでのアピールは私にとって非常に良いものであり、私はトレードについて悪い感情を抱いていません。

 

スパーズでビッグトレードが起きるか、恐れている?

 

それはすべて推測です。コアは一緒にとどまり、小さな補強だけがあると思います。

 

来シーズンは契約上重要なシーズンですか?

 

もちろん大きなシーズンです。すでにそれを感じています。スパーズはトレーニングに熱心で、私がどのように成長するかを知りたがっていますが、それは自然なことです。 将来私にとって大きな決断です。できればスパーズに長くとどまりたいです。そのために一生懸命働きます。

 

来シーズン、Dejounte Murrayが戻ってきますね。

 

彼が戻ってくるのを楽しみにして、私たちはプレシーズンで一緒にプレーし、彼と一緒にプレーするのはいつも楽しかった。

 

サンアントニオでの生活はどうですか?

テキサスが好きです。もちろん、トロントも恋しいです。大都市であり大好きでした。しかし私はサンアントニオでクールなシーズンを過ごしました。そこで自分の居場所を見つけ、レストランを見つけて気分がいいです。

 

▼ プロテイン・BCAAならマイプロテイン

 

割引コード:PBY4-R1

 

今年のオフはペイント内のプレーに磨きをかけるためにトレーニングに励んでますね。

 

身体を張ったプレーを期待しています。

 

上位になるためにはパートルのような縁の下の力持ちが必要です。

 

期待しています!

 

 

引用記事:Pounding The Rock


twitter.com

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

【スポンサーリンク】