SPURS-GYM : NBA,スパーズ&筋トレ情報届けます.

NBA、SPURS(スパーズ)応援ブログです.NBA&筋トレ情報をお届けします。ファン歴18年。

【スポンサーリンク】

ホワイトは6thマンでの起用が理想的?

広告

スポンサーリンク


f:id:nba-iwantsomenasty:20190921230415j:image

 

来月にNBA開幕が迫ってきました。

 

来シーズンはDマレーも怪我から復帰して、成長著しいロニーも2年目シーズンに入るため、バックコートの層が厚くなり競争が激化する見通しです。

 

その中でもスターティングラインナップを誰にするか?

 

様々な意見があると思います。

 

昨シーズンはフォーブス、ホワイト、デローザンをスターターで起用していました。

 

Dマレーとデローザンはスターターでの起用が濃厚です。

 

残り1つのスポットをロスター内で争う予定です。

 

相手に合わせてラインナップを変更することも考えられますが、スパーズの情報サイトAir Alamoの記事でホワイトの起用法について言及していました。

 

 

 

 

 

マレー・ホワイトをスターターに並べる場合

 

強力なバックコートに対抗するために、マレー、ホワイトがスターティングラインナップに並べるべきという意見が多いと思います。

 

ホワイトは昨シーズン、NBAのオールディフェンスチームの選考にかかったはずです。

 

スパーズ最高のディフェンシブプレイヤーであり、おそらくリーグで最高のディフェンダーの一人でした。

 

アグレッシブなディフェンダーでロックダウンディフェンダーとして名が知れ渡りました。

 

ホワイトはシュートチェック(contested 9.4 shots per game)、ピックアンドロールからの失点(gave up .81 points per possession in pick and roll)に関して、過去2シーズンのオールディフェンシブチームのメンバーであるJホリデーとほぼ同じ数値を記録しています。

 

マレーは言うまでもなく一昨年のオールディフェンシブ2ndチームに選ばれています。

 

 

しかし心配な要素もあります。

 

それは、

2人ともアウトサイドシュートが得意ではないところです。

 

マレーとホワイトのどちらも、キャリアの中でこれまでアウトサイドシューターではありませんでした。

それぞれ3P成功率は31.6%と36.1%です。

 

 

どちらのプレイヤーもオフェンスの強みを持っていますが、アウトサイドシュートが強みではありません。

そのため、フロアスペースを制限するリスクがあります。

 

すでにミッドレンジの得点にかなり依存しているチームにとっては、事態が複雑になる可能性があります。

 

オルドリッジとデローザンはスパーズのオフェンスエンジンになり、どちらもミッドレンジでのプレーを好みます。

 

スパーズは、2人の周りにできるだけ多くのシューターを配置するのが賢明でしょう。

 

また2人がシグネチャームーブを行う際に、オープンシューターにキックすることができる位置に配置します。

 

  

それは改善できる可能性があります。

マレーがこの夏のピックアップゲームでは3ポイントを決めているビデオを見ました。

 

しかし、ピックアップでそのようなショットを打つことは一つのことであり、実際のゲームでそれを行うことは別です。

 

そこで効果的な案が挙がっています。

 

フォーブス・マレーを並べて、ホワイトを6thマンで起用

 

ホワイトがセカンドユニットを引き継ぐことで、スターティングラインナップでより効果的な3ポイントのオプションを活用できます。

 

その中でもフォーブスは実行可能なオプションです。

 

このリーグでは、チャンピオンシップを狙うチームの場合、40%近い確率で3ポイントを決めることができる選手がスターティングラインナップに少なくとも1人は必要です。

 

フォーブスは昨シーズン、3P成功率42.6%でつながり、そのマークを満たしました。

 

ちなみにウォーカーもサマーリーグで3ポイント成功率が42.9%を記録しました。

 

ホワイトをベンチに移動し、フォーブスをスターターにすることは、それを達成するためのルートです。

 

ホワイトとマレーがスターターの場合、フォーブスとパティミルズはおそらくセカンドユニットガードになります。

 

それは機能したときは爆発的なオフェンスを展開できますが、ディフェンス面では非常にリスクが高いです。

 

フォーブスもミルズも、平均的なディフェンスレーティングを上回ったことはありません。

 

そのうちの1人をセカンドユニットのガードとしてホワイトとペアにすると、ベンチのディフェンス力にバランスをもたらすのに役立ちます。

 

 

 

 

 

 

▼ プロテイン・BCAAならマイプロテイン

 

日本のメーカーと比べて圧倒的に安い!! 管理人愛用中.

割引コード:PBY4-R1

 

セカンドユニットの主導権をホワイトに渡すと、攻守のバランスが取れ、新加入のキャロルと共にベンチユニットのディフェンス能力が高まると思います。

 

過去にも大きな実績が…

 

スパーズがホワイトを6thマンとして起用する場合、チームを助けるために必要な犠牲を払うように、スパーズの最高のプレーヤーの一人に頼んだのは初めてではないでしょう。

 

それはマヌ・ジノビリです。

 

 

 

2000年代を通じてスパーズが継続的に成功した最大の理由の1つは、ジノビリを6thマンで起用したことです。

 

NBAの6thマンオブザイヤー、複数のNBAチャンピオンシップを獲得し、史上最も愛されているスパーの一人です。

 

 

しかし、ベンチを離れることはジノビリにとって最も簡単な移行でもありませんでした。

彼はスパーズゾーンの記者ジェフ・ガルシアとのインタビューで当時のことを語りました。

 

最初は大変でした。ポップ(ポポビッチ)と私、試合の中でのエゴを切り離し、チームがより良くなるために何をすべきか考え直しました。

 

 

 

この動きは最終的に正しい決断であることが判明しました。

 

相手チームがセカンドユニットを配置する必要がある場合、彼は仕事を遂行します。

 

多くのベンチユニットは、リードを保持するか、リードが大きくならないようにすることに焦点を当てています。

 

スパーズのベンチユニットは、ジノビリのリーダーシップのおかげで、点差を埋めたり、リードを広げたりすることに集中することができました。

 

 

 

ホワイトは、起用法にオープンなプレイヤーのように思えます。

 

組織内の誰もが彼の仕事の倫理と控えめな性格について絶賛しています。


 

さらに、ベンチからホワイトを持ち出しても、彼がクラッチの瞬間にコートにいるのを妨げることはありません。

 

ジノビリは彼のキャリアの大半でスパーズの6thマンでしたが、最後のブザーが鳴ったとき、彼はほとんど常にコートにいました。

 

 さいごに

 

この現在のスパーズチームには、レイカーズ、クリッパーズ、またはウォリアーズに匹敵するスターパワーがありません。

 

しかし、彼らが利点を見つけることができるのは、トップクラスのセカンドユニットを活用することが可能なことです。

 

ロニーの成長も目が離せません。

 

欲を言えば、マレーとホワイトが安定したアウトサイドシュートを身に付けることが出来れば、優勝候補に挙がってきてもおかしくないと思います。

 

皆さんはどう思われますか?

 

 

 

 引用記事・画像:

Derrick White could be the next great San Antonio Spurs sixth man

 

 

 

 


twitter.com

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

【スポンサーリンク】