SPURS-GYM : NBA,スパーズ&筋トレ情報届けます.

NBA、SPURS(スパーズ)応援ブログです.NBA&筋トレ情報をお届けします。ファン歴18年。

【スポンサーリンク】

歴代最高選手ランキングが発表。スパーズの選手は?

広告

スポンサーリンク

NBA TOP 50

 

 歴代NBAに合計4374人のプレイヤーが登場しています。bleacherreport.comでは歴代最高選手TOP50のランキングを作成しました。

 

この記事の著者であるアンディ・ベイリーは、「史上最高の10位のランキング」からレジェンドリストをまとめました。

 

ランキングを決める指標は

・過去の受賞歴

・スタッツ

・box plus/minus (1973-74以降)

・win shares per 48 minutes

・75 Possessions辺りのスタッツ

・Relative True Shooting Percentage

・Net Rating Swing

を元に作成しているようです。

 

スパーズの選手

スパーズからは

George Gervin

David Robinson

Tim Duncan

Manu Ginobili

Kawhi Leonard

の5名がランクインされました。

 

最終選考でTony ParkerとLaMarcus Aldridgeが惜しくも選考漏れとなりました。

 

bleacherreport.com

 

チームの中で

最多はレイカーズの9名

続いてセルティックスが7名

スパーズが5名と続いています。

 

 

  

サンアントニオのスーパースターがランクインした順位と、そのプレイヤーに関する作家のコメントの一部です。

 

 

45.ジョージ・ガービン

 

「彼のABAの4シーズンにわたる数字は素晴らしいものでしたが、これはNBAリストです。最初の4つのプロキャンペーンを省略しても、アイスマンはトップ50に入るのに十分でした。そして、彼のABA時代の人々と一緒に、NBA移行はリーグの活性化を助けました。得点面で優れていました。NBAシーズンは10シーズンしかプレイしていませんが、彼は平均40ポイントを獲得したシーズンかあります。平均ポイントで行くと、彼は9位まで上昇します。」


42.カウィ・レナード

「Kawhi Leonardの名前はNBAで8シーズンしかプレーしていません。しかし、KawhiはすでにNBAの歴史で最も優れたポストシーズンパフォーマーの1人です。 3つのオールスターセレクション。」


37.マヌ・ジノビリ

「ジノビリを疑うことは、21世紀の最もインパクトのあるバスケットボール選手の1人を無視することです。

4つのNBAタイトル、2回のオールスター出場、2回のトップ10 MVPフィニッシュ、2回オールNBAセレクション、2008シックスマンオブザイヤー賞に加えて、マヌはゲームで最も印象的な国際的な履歴書の1つを持っています。Team USAの2019 FIBA​​バスケットボールワールドカップでの最近の失敗のずっと前に、アルゼンチンは2004年のオリンピックで金メダルを獲得しました。 Manuは、NBAの称号が唯一の基準であるにもかかわらず、このリストのスポットに値します。しかし、彼が世界の舞台で何をしたかについて言及せずに彼の伝説的な経歴を議論することはありえない。」

 

12.デビッド・ロビンソン

 

キャリアボックスプラス/マイナスで4番目であり、それより上はレブロンジェームズ、マイケルジョーダン、チャールズバークリーのみに続きます。

ロビンソンの基本的な数字もかなり印象的な絵を描きます。リーグでの最初の7年間で、彼は平均25.6ポイント、11.8リバウンド、3.6ブロック、3.1アシスト、1.7スティールを記録し、FG成功率は59.2%を記録した。2つのチャンピオンシップを獲得することができました。確かに、ティムダンカンの方が順位は上ですが、ロビンソンはそれらのタイトルで得られるよりもはるかに多くの功績に値します。

 


7.ティム・ダンカン

「彼がどのように分類されたかに関係なく、The Big Fundamentalは間違いなく史上最高のバスケットボール選手の一人です。キャリアが長いことは、ダンカンの歴史における彼の位置をめぐる議論における最強のポイントの1つです。彼は19シーズンプレーしています。ジェイソンキッドの18は2番目に多く、ボックスのプラス/マイナスを最大3.0に上げ、ダンカンのこれまでのリードを増やしました。18シーズンは、カール・マローン、チャールズ・バークリー、レブロン・ジェームスの15をはるかに上回っています。 2つのリーグMVPがあり、ダンカンが尊敬されている理由がわかります。」

 

 

レジェンドが美化されるのは仕方がないと思いますが、この手のランキングに納得するのは難しいですね。以前と比較するとデータが活用される分,少しマシになった気がします。

 

それでも突っ込みどころ満載ですが…

1-4位までは納得ですが,

バードが5位?カリーが10位?は高すぎる?

 

コービー14位、オラジュワン13位、カール・マローンが20位は低すぎる!

 

あとはポールがストックトン、キッド,ナッシュよりランクが上とは、あり得ません。

 

海外のサイトでも酷評されています。。。


スパーズファンの皆さんは、これまでのランキングについてどう思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

参考・引用記事

Where five Spurs placed in Bleacher Report’s All-Time NBA Rankings - Pounding The Rock

Bleacher Report's All-Time Player Rankings: NBA's Top 50 Revealed | Bleacher Report | Latest News, Videos and Highlights


twitter.com

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

【スポンサーリンク】