SPURS-GYM : NBA,スパーズ&筋トレ情報届けます.

NBA、SPURS(スパーズ)応援ブログです.NBA&筋トレ情報をお届けします。ファン歴18年。

【スポンサーリンク】

スパーズはシューティングガードのローテーションをどうするか?

広告

スポンサーリンク


f:id:nba-iwantsomenasty:20190824225251j:image

 

 

次のシーズンに向けてスパーズは、才能あるSGの層が厚いローテーションのバランスを取る必要があります。

 

2019年から2020年のシーズンに向けて、スパーズは間違いなくNBAで最も層が厚いバックコートローテーションを所有しています。

 

スパーズのスターターのガードデュオは、ステフカレーとクレイトンプソンやダミアンリラードとCJマッコラムのようには匹敵しませんが、潜在能力、層の厚さと才能は強豪ひしめくウェスタンカンファレンスで勝ち上がるのに十分であると信じています。

 

Dejounte Murray

 

22歳のDマレーは、今シーズンの怪我から戻って、確実にスターターのPGの座に就くでしょう。

これにより、複数のプレイヤーがSGの役割に昇格できるようになり、スターターのSGは誰なのか、何が期待できてどの分野を改善する必要があるのか​​、Air Alamoの記事を参考にして調べてみました。

 

 

 DeMar DeRozan

 

 

DeRozanは28%のボール占有率で、スパーズオフェンスで最も注目されるプレーヤーです。

 

スパーズのローテーションガードのうち、デローザンはポイント、リバウンド、アシストをリードしました。

 

しかし、デローザンは昨シーズンのポジションの約75%をSFで記録しました。

今シーズンもSFでプレーするでしょう。

 

2018-19中のデローザンの成功の大部分は、ペイント内でプレーするという新たな意欲から来ました。

 

スパーズでの最初のシーズンで、  デローザンは他のどのシーズンよりもリムに向かってペネトレイトしました。

 

キャリアの中で2番目に高いFG成功率を持っていました。

 

デロザンはリム周りで効率的でしたが、このシーズンにアウトサイドシュートに精彩を欠いた能力を示しました。

 

 

▼ プロテイン・BCAAならマイプロテイン

 

日本のメーカーと比べて圧倒的に安い!! 管理人愛用中.

割引コード:PBY4-R1

 

ポポビッチHCがスリーに依存することを嫌います。

昨シーズン、デローザンは3P成功率15%を記録したので得意ではないことは明らかです。

 

3Pを改善することも必要ですが、バスケットにペネトレイトしてファウルを稼ぐことに集中する必要があります。

 

今シーズン、デローザンはより積極的にペネトレイトして、ハーデンのようなアプローチを取ることを期待しています。

 

最後に、Dマレーが負傷から復帰したことで、オフェンス側に依存度が高いプレッシャーから解放されます。

 

 

スパーズACのウィル・ハーディは次のように述べています。

 

「スパーズのシステムに参加してから2年目は、プレイヤーにとって常に素晴らしい結果が生まれます」

 

 

 

 

 Derrick White

 

 

デリック・ホワイトはスパーズのシュートガードとしてステップアップする可能性が高いです。

 

ホワイトは忙しいオフシーズンを迎えており、チームUSAのFIBAカップのロスターをめぐって競い合いながら、ポポビッチのコーチを受けています。

 

ホワイトのレギュラーシーズンは堅調だったが、彼の全国的な人気はこのポストシーズンで急上昇しました。

 

NBAツイッターは、第2シードのデンバーナゲッツとのプレーオフマッチアップのゲーム1でPミルサップをポスタライズした後に話題になりました。

 

シリーズのゲーム3で36ポイントを記録した。

 

このブレイクアウトは、スパーズの最初のローテーションに対する彼の必要性を強化するのに役立ちました。

 

 

 

ホワイトは昨シーズンPGでほぼすべての時間をプレイしていましたが、複数のポジションをガードすることができます。

 

3年目のガードがマレーのような従来のポイントガードと一緒にプレイすることは調整になりますが、ホワイトがゲームをPGとして作り続ければ、彼はその役割に適合します。

 

スパーズは3P成功率で39.2%でベストを獲得しましたが、スパーズは他のどのチームよりも1ゲームあたりの3ポインターを少なくしました。

 

ホワイトは、オフェンスの効率を損なわないために、シューターとして開花する必要があります。

 

ホワイトは現在、スターティングラインナップに合うよう準備されていますが、彼が役割を競っている唯一のガードではありません。

 

 Bryn Forbes

 

4年目のガードBryn Forbesは昨年、驚異的なシュート効率でシーズンを終えました。

 

フォーブスは、クレイトンプソン、JJレディック、カイルコーバーなどの3Pスペシャリストに先んじて、3ポイントの割合でNBAで9位に終わりました。

 

フォーブスはFG成功率45.6%、3P成功率42.6%、FT成功率88.5%を記録しました。

 

昨シーズン、300本以上3Pを試投した選手のうちで、唯一の4はフォーブスより優れていたのはSカリー、ヒールド、ガリナリ、ブログドンのみでした。

 

明らかにフォーブスは魅力的なシューターですが、デリック・ホワイトに対するスターターの役割を争うことを望むなら、彼はディフェンスを改善する必要があります。

 

時々、フォーブスの6-3のフレームは、より大きな選手を守るときには苦労します。

 

特にマレーとパティミルズと同時に出場するとき、彼は直面しなければならない挑戦です。

 

デローザン、ホワイト、フォーブスは、スパーズのロスターで最高の3人のSGですが、それは他の人が重要な役割を果たさないという意味ではありません。

 

 Marco Belinelli

 

ベリネッリはすでにスパーズでリングを獲得しており、それでもコートに有意義な影響を与えています。

 

昨シーズンのスパーズのローテーション選手のうち、ベリネリのプレータイムは4番目に高かった。

 

 

 

ベリネッリは並外れたシューターです。彼は昨シーズン、彼の12年間のキャリアで最も3Pを打ちました。

 

しかし今シーズン、ベリネッリは34歳になり、数人の若いガードがプレー時間を競い合っているため、数分短縮される可能性があります。

 

Lonnie Walker Ⅳ

 

これらのロスターで戦っている選手の一人は、2018年の第1ラウンドのドラフトピック、ロニー・ウォーカーIVです。

 

ウォーカーは、彼の新人のシーズンでは右半月板のケガで苦しみました。

ウォーカーはGリーグのオースティンスパーズのコートに立つことができ、スパーズで17試合に出場しました。

 

これで、ウォーカーはスパーズと競い合い、無限の可能性を披露する準備ができました。

  

 

7月のサマーリーグでの4試合で、ウォーカーは平均30ポイントを獲得し、同世代の選手のなかで明らかに際立っていました。

スパーズは、若い才能の多くがサマーリーグの成績をレギュラーシーズンに持ち込んだ実績がありますので、

ウォーカーは自信を保つ必要があります。

 

今年のブレイクアウトシーズンになるかは分かりませんが、ウォーカーがディフェンス力を向上させることができれば、選手としての彼の伸びしろはロスターの誰よりも高いかもしれません。

 

 

 

▼ プロテイン・BCAAならマイプロテイン

 

日本のメーカーと比べて圧倒的に安い!! 管理人愛用中.

割引コード:PBY4-R1

 

全体的に、スパーズのSGの層の厚さは魅力的であり、プレーヤー開発の実績はずば抜けています。

 

スパーズの若いバックコートは、ウェスタンカンファレンスのエリートの間でプレーオフ争いを繰り返すことができます。

 

来シーズンも切磋琢磨して望んでほしいですね!

 

皆さんならどうしますか?

 

私はディフェンスを重視して欲しいので、マレー、ホワイト、デローザンの並びがみたいですね。

 

また、控えにキャロルがいるとセカンドユニットのディフェンスも改善できるのでは?と妄想しています…

 

 

 

 引用記事:

San Antonio Spurs need to manage relentless depth at shooting guard


twitter.com

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

【スポンサーリンク】