RS GAME 37 @セルティックス | 【NBA】SPURS-GYM

RS GAME 37 @セルティックス

スポンサーリンク
SPURS

今日はアウェイでセルティックスとの対戦です。

試合結果

SPURS WIN !!!

試合内容

今日の試合からマレーが復帰です。

1Qはマレーとヴァセルを中心にペイントアタックと3で得点を重ね7点リードを奪います。

セルティックスはブラウンの連続得点で対抗し接戦となります。

ヴァセルのハイライトダンクも決まりますが同点で1Qを終了します。

2Qはマレーのドライブとランデールの3で5点リードを奪いますが、マレーがいない時間帯でオフェンスが停滞して逆転を許します。

それでも再び終盤にマレーとヴァセルの得点で再び逆転して2点リードで前半を終了します。

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

3Qはスパーズはヴァセル、セルティックスはブラウン中心に得点を重ね、緊迫したシーソーゲームとなります。

終盤にはヤコブのオフェンスリバウンドからの連続得点でリードを奪い、3点リードで 終了します。

4Qはヤコブとマレーのコンビプレーを中心に得点を重ねます。

クラッチタイムは接戦となりますが、 ケルドン、ホワイト、マレーと着実に得点を重ねます。

終盤の相手のオフェンスではホワイトの好守が光り得点を許さず、残り数秒でスパーズボールで2点リードの状況となります。

スパーズのインバウンドパスをまさかのスティールされ、ブラウンにレイアップを打たれますが、リングに嫌われ何とか勝利しました。

試合の印象

安定したディフェンスで何とか逃げ切った

試合の最終盤に致命的なミスが何本かありましたが、 ディフェンスで優位に立つ強運も味方につけ逃げ切ることができました。

相手の強度が高いディフェンスに、終盤焦る場面もありましたが、マレーを中心に確実に得点を重ねることが出来ていました。

これを見たら、いかに心臓に悪い試合だったか分かります。

このプレイの前にも、マレーのラインクロスとホワイトのダブルチームからのファンブルしていまいました。

オフェンスではマレーがいない時間帯に得点を決めることができず、トランジションからの得点も少なかったため苦労しましたが、 なんとかディフェンスで補いました。

クラッチタイムのディフェンスはホワイトを中心に非常に素晴らしく、 残り1分間を無得点に抑えました。

ロースコアゲームの時はスパーズは強いです。

【 ゴールデンセール中!買うなら今!マイプロテイン 】



頼もしいマレーの存在

昨日までプロトコルで離脱していたマレーが今日の試合から復帰しました。

22ポイント9リバウンド12アシストと堂々としたパフォーマンスでチームを牽引しました。

攻守両面で存在感が非常に大きく、ホワイトやヤコブなど各選手の負担がかなり軽減しました。

苦しい時間帯やクラッチタイムでのミドルレンジからの得点は非常に頼りになります。

マレーがいるのといないのでは全くの別のチームです。

またマレーがいない期間で存在感を 着々と強めているのがヴァセルです。

17ポイント6リバウンドを記録しました。

ボールを持つと積極的に仕掛けシュートも躊躇なく打つことができています。

マレーが復帰してからも継続できているためチームにとって良い武器となっています。

これからも積極性を維持してほしいですね。

今日の試合は運にに助けられたところもありますが、アウェイゲームで接戦を勝利できたのは非常に大きいです。

まだアウェーゲームは続きますが、ひとつずつ前進していきましょう。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

9月16日発売!ヤニス 無一文からNBAの頂点へ



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました