GAME 45 キングス | 【NBA】SPURS-GYM

GAME 45 キングス

スポンサーリンク
SPURS

今日はホームでキングスとの対戦です。

おとといに引き続き同じ対戦相手です です。

試合結果

SPURS WIN !!!

試合内容

今日の試合からジェンがプレーします。

ロニーは直前まで判断していましたが 手首の状態が悪く3ポイントを打てる状況ではなかったため欠場になりました。

序盤はミドルレンジ、ペイント内のタッチが悪くキングスにリードを奪われますが積極的に3Pを打ち、ディフェンスからリズムを作ります。 ホワイトの3とトランジションからの得点で流れを掴むと相手のターンオーバーを引き出します。

途中出場のルディが連続で得点を鎮め で試合が進みます。

6点リードで1Qを終了します。

2Qは ライトの連続3で点差を詰められますがルディとパティの連続3で突き放します。キングスのペイント内のアタックで対抗しますが、ペリメーターディフェンスでプレッシャーを強めて突き放します。

前半を15点リードで終了します。

後半は序盤から点の取り合いになります。

フォックスとデローザンが点を取り合いお互い譲らない展開となりますが、スパーズはシューティング好調を維持して21点までリードを広げます。

しかしヒールドの連続スリーで一気に10点差まで詰められます。

ルディのドローファールで流れを切り13点リードで終了します。

4Qお互いシュートが落ち始めますが、オフェンスリバウンドで優位に立ちキープする時間が長くなり、試合をコントロールします。

途中ヤコブにハックを仕掛けられる場面もありましたが、 最後までリードを保ち勝利しました。

しっかり修正できた勝利

今日の試合は序盤でリードを奪いそのリードを保ちながら試合を優位に進めることができました。

前の試合キングスの好調なシューティングと早いペースに対応できなかったスパーズですが、今日の試合はしっかり修正しました。

オフェンスでは24秒を使ってしっかりパスを回してペースをコントロールしました。

ディフェンスではシューターにハードにプレッシャーをかけ、ピックに対しても積極的にハンドラーとの距離を縮めました。

フォックスとヒールドに簡単に仕事をさせませんでした。

途中相手のシュートが立て続けに決まった場面でも慌てず反撃できていました。

また4Qにシュートタッチが苦しんだ時間帯もインサイドでリバウンドに激しく絡んで体を張ったユーバンクスの貢献は非常に大きかったです。

疲労が溜まる時間帯にはこういったエネルギッシュなプレイが味方に勇気を与えて相手にダメージを与えます。

7人が二桁得点

オフェンスではデローザンが高確率のミドルレンジショットで試合を支配しました。

3Qのフォックスとデローザンの全く落ちないシュート合戦は見応えがありました。

また広い視野で効果的にキックアウトしてフリーの3ポイントをお膳立てしました

またベンチ出場のパティとルディはフリーでは確実にアウトサイドシュートを沈めました。

息の合ったコンビネーションで次々と得点を重ねていきました。

この二人が好調の時のチームは強いです。

ただこの二人の調子にチームが左右される場合が多いので若手の奮起に期待です。

またヤコブはオフェンスで存在感が増しています 。

序盤と比較するとオフェンスで積極的に 勝負を仕掛けることが増えました。

リム周りのシュートタッチも良くドライブから確実に沈めています。

チームの武器となってきています。

後はフリースローのみですね。

マレーとホワイトのコンビはディフェンスで大きく貢献しました。

マレーはディフレクションでホワイトは対人ディフェンスで相手を苦しめました。

チーム全体でハードにプレイしてつかみとった勝利です。

連敗は避けることができました。

一つ一つ勝利を積み重ねていきましょう。

また今日はゴーギー・ジェンのスパーズデビュー戦となりましたが、肩の負傷で途中退場しました。

診断名は肩の捻挫とのことでした 。

大事に至らないことを願います

次はホームでホークスとの対戦です。

ウエストの強豪とアウェイで対戦する前に勝利を重ねたいところです。


 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました