SPURS-GYM : NBA,スパーズ&筋トレ情報届けます.

NBA、SPURS(スパーズ)応援ブログです.NBA&筋トレ情報をお届けします。ファン歴18年。

【スポンサーリンク】

ドラフトでスパーズが指名してほしい選手【随時更新】

広告

スポンサーリンク

f:id:nba-iwantsomenasty:20190516203535j:plain


6月20日(木)にNBAドラフト2019が開催されます。

スパーズは#19と#29(ラプターズ由来)の指名権を持っています。 




上位ロッタリーの指名権が決まりましたね。ペリカンズが1位指名権をゲット。



f:id:nba-iwantsomenasty:20190517164719j:plain




7年前のADを指名したときもPaulをLACに移籍と引き替えに1巡目指名権を取ったので、何かの運命でしょうね。



普段NCAAは見ていないので書くのも大学バスケファンに申し訳ないですが・・・
様々なスパーズのドラフト指名予想のサイトを見て判断しました。
個人的な見解でスパーズにハマりそうな選手をリストアップしてみました。



指名の優先順位として、

・SFのウイングディフェンダー

昨シーズンはディフェンスレーティングで20位に沈みました。
チームディフェンスで何とかカバーをしようとしていましたが、開幕前にGreen、Anderson、Leonardという優秀なウイングディフェンダーを失っていたので懸念されていたことでした。

・スコアリング能力のあるPF/Cの補強

GayやLAの得点力に依存するフロントコート陣の構成となっていました。二人ともベテランであるため、将来的にもう1人育てておきたいですね。
欲を言えばパスをさばける器用な選手が欲しいですね。JokicやBoris Diawのような・・・


この2つの点を念頭に置いて指名してほしいところです。
リムプロテクターも欲しいですが、来シーズンMetuの覚醒を期待して楽観的に考えています。
またスパーズは戦術理解度が高く、性格を重視する指名が多いので、それも考慮する必要がありますね。

ちなみに様々なドラフト指名のサイトを見てみると、
top10前後の指名までの顔ぶれはほぼ一緒ですが、それ以下はサイトによって全く違います。

そう考えると下位指名でも実力差は無いのかもしれないですね。

【目次】






・残っていたらラッキー!ロッタリー級選手


Rui Hachimura (Gonzaga大3年)

Rui Hachimura | NBADraft.netRui Hachimura | NBADraft.net

 6-8 WS 7-2
史上初日本人の1巡目氏名が濃厚。として残っていたら是非指名してほしいところ。
ミドルレンジ〜インサイドで多彩なスキルを備えたアスレチックなフォワード。ムーブも豊富で得点力が高い。スマートでスムーズなプレースタイルで非常にチーム指向のプレーヤーなのでスパーズにぴったり。
3Pシュート力と積極的なディフェンス姿勢(ブロックとスティールが少ない)が課題。
比較対象:Antawn Jamison Paul Millsap

あわせて読みたい↓
www.spurs-gym.work


Sekou Doumbouya(France)

Sekou Doumbouya | NBADraft.netSekou Doumbouya | NBADraft.net

6-9 WS 6-11
SF/PFのコンボフォワードで、しっかりしたサイズとNBAレベルのアスレチック能力あり。
良いスラッシャーでオフボールの動きがいい。フィジカルも強く万能のディフェンダーになれる素晴らしい素質がある。ボールハンドラーもそこそこできる。
素材型で荒削りところが多くIQが低めだが、化けると大物になる可能性がある。Metuと少しかぶる?
比較選手: Tim Thomas Thon Maker


Sekou Doumbouya - 2019 NBA Draft Scouting Video

Nassir Little(North Carolina大1年)

Nassir Little | NBADraft.netNassir Little | NBADraft.net

6-6 WS 7-1
19歳と若くアスレチックなフォワード。ファーストステップの推進力がすばらしく、爆発的なフィニッシャーである。
新入生のためまだまだ未熟で教育が必要だが、適切な指導ができれば将来的に化ける可能性大。
比較対象:Gerald Wallace


Nassir Little North Carolina Basketball Highlights - 2018-19 Season | Stadium



・現実路線で行くなら

KZ Okpala(Stanford大2年)

KZ Okpala | NBADraft.netKZ Okpala | NBADraft.net

6-9 WS 7-2
サイズがあり非常に運動量が多い。 2年生で3P44%と高確率。ドライブも積極的でキックアウトしてシューティングゲームに持ち込める。チームプレイヤーでありよりイージーバスケットを望んでいる。
線が細いためフィジカルが弱い場面があるが、ディフェンス力が向上する可能性は十分にある。優れたシューターだが、NBAラインまで広げることができる必要がある。 フリースロー率を改善する必要がある(69%)
比較対象:Rodney Hood



KZ Okpala Stanford Highlights 2019


Keldon Johnson (Kentucky1年)


Keldon Johnson | NBADraft.netKeldon Johnson | NBADraft.net

6-6 WS 6-9
がっちり体格のSF。リーダーシップに優れている。リバウンドが強く汚れ仕事もこなし、ディフェンスも良く見えない部分での貢献が高い。
シュート力が課題。

比較対象:Justice Winslow Corey Maggette



Keldon Johnson Top 10 Plays from 2018-2019 NCAA Season

Matthise Thybulle (Washington大4年)

Matisse Thybulle | NBADraft.netMatisse Thybulle | NBADraft.net

6-6 WS7-0
超ディフェンシブなSF。オフェンスの引き出しは多くないが3&Dの素質を持っている。最終学年であり完成度が高いが伸びしろが疑問視。
比較対象: James Posey  Tony Allen



Matisse Thybulle Washington Highlights ||| “Best Defender In The Draft”

Admiral Schofield(Tennessee大4年)

Admiral Schofield | NBADraft.net

6-5 WS 6-10


サイズは小さいがフィジカルの強さと運動神経を兼ね備えたSF。兄弟は NFL の選手。ディフェンス力は高いがシュート力が課題。名前がAdmiral=提督なのも気になる。
比較対象:Joe Crowder


youtu.be

Chuma Okeke (Auburn大2年)

Chuma Okeke | NBADraft.net

6-8 WS7-0
NBAレベルのシュート力,サイズ,ディフェンス力を持った選手。1.2 BPG、1.8 SPGを記録している.アスレチック能力がやや物足りないが、献身性とIQで補うことが出来る.
ACLの怪我の回復具合が気になるところ.

比較対象:Robert Horry


Chuma Okeke - Auburn - Full Offensive 2018-19 Highlights


2巡目で指名するなら


Luka Samanic(クロアチア)

6-11
19歳のPF。現在スロベニアリーグのPetrol LjubljanaとABAリーグでプレーしている。
ボールを上手に扱っていることができシューティングゲームやプレイメーカー、アスレチック、そして複数のポジションをプレーするのにオールラウンドな能力あり。
弱点にはまだまだ未熟でディフェンスに対する意識が低いところ。 1巡目指名まで順位が上がっている.
比較対象:Davis Bertans


Luka Samanic Highlights Mix - NBA Draft Prospect 2019

Kris Wilkes (UCLA 4年)

Kris Wilkes | NBADraft.netKris Wilkes | NBADraft.net
6-8 WS 6-11
チームプレー第1のSF。爆発力はないがディフェンス力、戦術理解度が高い。
前年までもう少し評価が高かった。アスレチック能力は平均的。
比較対象:Joe Ingles


Kris Wilkes UCLA Bruins 27 PTS 10 REBS vs California | Next Ones |
]

Jaylen Hoard(Wake Forest大1年)

Jaylen Hoard | NBADraft.net

6-7 WS 7-1
アンダーサイズだがドライブインポストプレーで非凡な能力を発揮するSF/PF。France出身。Duncanの後輩。
まだまだ発展途上ではあるが、アスレチック能力が高く将来性あり。シュート力はまだまだ足りない。
比較対象:Darius Miller


Jaylen Hoard Wake Forest Basketball Highlights - 2018-19 Season | Stadium

Eric Paschall (Villanova大4年)

Eric Paschall | NBADraft.net
6-7 WS 7-0
一生懸命にプレーし、複数のポジションを守ることができ、周囲を守る機動力を持つSF/PF。フィジカルも強くペイント内の守備もいい。
ネガティブな要素として最終学年であることとPFとしてはサイズがない、オフェンスの引き出しが少ないことがあげられる。


Eric Paschall Highlights (2018-19 Season) - Full Season


比較対象:PJ Tucker

Tacko Fall(Central Frorida大4年)

7-6 WS 8-2

完全なロマン枠。とにかくでかい。スローでファールが多く現代NBAでは完全にスピードがネックになるが、フィジカルも強くサイズの暴力がある.
短時間なら貢献できそう.あとフリースローが壊滅的.


Tacko Fall DOMINANT Offense & Defense Highlights Montage from 2019 NCAA March Madness!

比較対象:Boban Marjanovic




正直2巡目までは誰?な選手の指名が多いのでよく分かりません。

わたしの希望としては19位指名で八村を指名して、29位でMatthise Thybulleを指名できればいいですね!

Eric Paschall、Admiral Schofieldのようにディフェンスができてフィジカルが強そうな選手も非常に気になります.

フロントはここ数年素晴らしい指名をしてくれていますので、温かく見守りたいですね!




以上です。気になる選手がいたら随時更新していきます。

 Twitterやっています↓

twitter.com



選手情報を参考にした引用元↓
ありがとうございました。
www.nbadraft.net

projectspurs.com

【スポンサーリンク】