スパーズはチャールズ・バッシーを解雇。〜その他契約情報〜

  • URLをコピーしました!

スパーズがFAでクリス・ポールを獲得し、トレードで選手を手放さずにハリソン・バーンズを獲得した後、予想通りの動きを見せました。

それはサラリーキャップを空けるために選手の権利を放棄することです。

これまでのところ、ドミニク・バーロウ、デビッド・デュークJr、サンドロ・マムケラシュヴィリ、チェディ・オスマンの権利を放棄しました。

またチャールズ・バッシーを解雇しました。

バーロウとオスマンは現在無制限のFAですが、スパーズは彼らのバード権を保有していました。一方マムは制限付きFAで、デビッド・デュークJrは2way契約を結んでいました。

バッシーは来季非保証契約でした。

良いニュースは、ジュリアン・シャンパニーも非保証契約ですが、バーンズのトレードに必要なサラリー調整が完了したため、キープできるようです。

もちろんこれらの選手が再契約できないわけではありません。

スパーズはバッシーとの再契約を望んでいると報じられており、ルーム・エクセプション(約8M相当)、セカンド・ルーム・エクセプション、(ベテランミニマム契約)を利用してこれらの選手の誰かと契約することができます。

今回の動きは、サラリーキャップの調整が主な目的ですが、様々な憶測を読んでいます。

FAはまだ終わっていないので、引き続き注目してください。

引用元:Pounding The Rock

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

美味しくて手軽にタンパク質が取れます!

【inバー プロテイン ベイクドビター味】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次