SPURS-GYM : NBA,スパーズ&筋トレ情報届けます.

NBA、SPURS(スパーズ)応援ブログです.NBA&筋トレ情報をお届けします。ファン歴18年。

【スポンサーリンク】

GAME16・17 VS @シクサーズ・ニックス

広告

スポンサーリンク

 

今日は時間の関係でアウェイの連戦2試合をまとめてし紹介します。


f:id:nba-iwantsomenasty:20191124205534j:image

 

積極的な補強を行ったシクサーズ

 

1試合目はアウェイでシクサーズとの対戦です

 

ホーフォード・リチャードソンを補強して、サイズがありディフェンスができる選手をそろえてきました。 

分厚いスターターで優勝候補に名を連ねるチームです。

厳しい戦いになると思いますが連敗をストップしたいです。

 

 

試合結果

ドアマットシーズン以来の8連敗…


f:id:nba-iwantsomenasty:20191124205434j:image


BOX SCORE

 

 

  

 

試合経過&印象

ホワイトが前の試合に引き続き足のケガで欠場です。スターターを変更しました。

 

マレー・フォーブス・デローザン・オルドリッジ・パートルのラインナップで試合に望みます。

 

序盤からホーフォード・エンビード・ハリスのフロントコートがミスマッチをシュートをほとんど落とさずリードを許します。

 

スパーズはリードを追いかける苦しい展開でしたがデローザンが好調で、要所要所でルディが3Pで流れを渡さず繋ぎます。

 

3点差まで縮めましたが、大事なところでのTOVやシュートミスが重なり引き離されます。

 

 終盤もデローザンが奮闘しましたが敗れました。

 

 

 

単純にシクサーズが強かった

各ポジションにサイズがありスキルが高い選手がいてマッチアップではミスマッチを狙われて的確にオフェンスを組み立てていました。

 

それを決めきる強さもありました。

 

スパーズは前の試合と比べるとトラップをしかけたりカバーを意識したディフェンスが意識できていました。

 

しかしダブルチームにいくとアウトサイドにパスを回してコルクマズにしっかり決められました。

 

 

 

ディフェンスもよく頑張っていましたが、完敗でした。

 

特にルディとデローザンは頼りになりました。

 

 

 

オフェンスはリーグでも上位に入っていますし、今日の試合も良かったです。

 

しかしボールハンドラーのアウトサイドの意識が低いため、スクリーンを簡単にアンダーされて中を固められていました。

 

やっぱりサイズのある相手にはスリーの意識も必要ですね。

 

 

我慢の時間が続きます…

 

 

 

 

連戦2試合目

 


f:id:nba-iwantsomenasty:20191124205529j:image

バレットが将来楽しみなニックス

 

2試合目はアウェイでニックスとの対戦です

今季2戦目です。開幕戦はスパーズが勝利しました。

ニックスはスパーズ以上に勝てずに苦しんでいます。

しかしモリスへの憎しみはベルタンスの活躍を見るたびに大きくなっています。

 

 

www.spurs-gym.work

 

 

ここで連敗をストップを!!

  

試合結果

快勝!ついに連敗脱出!


f:id:nba-iwantsomenasty:20191124205646j:image


BOX SCORE

 

 

  

 

試合経過&印象

マレーはアウェー連戦のためお休みで、ホワイトが復帰しました。

 

スターターはツインタワーを起用します。

序盤からツインタワーのハイ・ロー、デローザンの1on1で得点を重ね、ニックスのシュートが入らずリードを奪います。

またセカンドユニットがルディを起点に早いペースとボールムーブが冴えて躍動して、リードを広げていきます。

 

3Q序盤にはオルドリッジの3Pなどで最大28点のリードを奪います。

 

4Q残り3:30に連続3Pで7点差まで縮められてヒヤッとしましたが、デローザンのダンクとフリースローで突き放して勝利しました。

 

 

 

 

やっと連敗脱出!

念願の勝利を勝ち取りました。

連敗を8でストップしました。

 

 

ウィザーズ戦が終わってからディフェンスが少しずつ修正できています。

 

チーム全体でのカバーリングの意識が強くなってきています。またパートルやキャロルなどのディフェンスで存在感がある選手の出場時間が増えてきました。

 

今日の試合でも3Qにトランディションが早くなり流れがニックスに傾きかけたときにキャロルを投入したり、パートルの出場時間を伸ばしたりディフェンスへの重要性が増した感じがします。

 

まだまだ課題はありますが最悪だったウルブズ戦から比べるとだいぶ良くなっていると思います。

 

オフェンスではオルドリッジのポジショニングが少し変わりました。

 

ハイ・ローやスポットアップ3Pなど少し幅が広がりました。

 

ニックスのディフェンスがイマイチだったこともありますが効果的でした。

 

 

 

パティ&ルディがやっぱりすごい

セカンドユニットを引っ張ってくれました。

パティは3P5/5のパーフェクト。ルディはベースラインからほぼ決まるジャンパー。

頼りになります。

 

あとは久しぶりにロニーが出場しました。

いいプレーもあり積極的なドライブでアピールしました。

まだミスはありますが徐々に信頼を獲得してほしいです。

 

 

 

まだ終盤のラインナップやTO22だったことなど課題はありますが、とにかく勝てて良かったです。

 

選手達もバックトゥーバックでしたが、よく戦いました。

 

 

次の試合

  次は日本時間11月26日にレイカーズと対戦です.

最悪な状態は過ぎたと思います。

好調なチームですが連勝して波に乗りたいですね。

 

信じています。

順位表

 

引用記事・画像:

Twitter Spurs


twitter.com

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

【スポンサーリンク】