スポンサーリンク

ホワイトの成長がスパーズを救う

スポンサーリンク
SASコラム

f:id:nba-iwantsomenasty:20191212175601j:image

 

スポンサーリンク

ホワイトのアウトサイドシュートがチームを救っている

 
 
デリック・ホワイトがアウトサイドシューターとしての地位を確立したことで、スパーズはフロアバランスが保つことが出来ています。
 
オフシーズンには、コンボガードで​​あるホワイトがジムで3Pシュートのトレーニングに力を注ぎ、改善したことが報告されました。FIBAワールドカップでポポビッチHCのチームUSAチームで経験したことを築き上げました。
 
3年目のホワイトは、2.4の試投で3P成功率は39.2%を記録しています。試投数は少ないものの、昨年と比べて5.4%改善しています。
 
ホワイトは過去7ゲームでスターターとしてプレーしてそのうち4ゲームで勝利して状況を変え始めています。
 
デローザンとオルドリッジの2人のミッドレンジスペシャリストをオフェンスの焦点とするスターターです。
フロアスペーサーを配置することは、スペーシングに苦労するラインナップにとって極めて重要です。
 
マレーが最終的にスターティングファイブに復帰することを期待していますが、ホワイトはそのスターティングラインナップにとどまる可能性があります。
 

プレイメイキングも向上

 
ホワイトがラインナップにいるときのスパーズのアシスト率は22.9で、マレーに次いでフロアで2位です。
 
彼のプレイメイキングは進歩を遂げており、
彼のケミストリーは昨年のプレーオフでの経験により、スターティングラインナップ全体で機能しています。
 

マレーとの併用はあるのか?

 
ポップは今年、White / Murrayのラインナップをプレーすることを渋っていました。
 
これは、シューターであるフォーブスとパティ( 2人のアンダーサイズのガード)の出場時間を増やすことを意味する可能性が高いためです。
 
 
 
しかしディフェンスが不十分であるという心配は、スパーズが浮上するためにネックになっています。
 
前進するための最良の選択肢はフロアに最高の選手を置くことです。
 
フォーブスはインスタントトリガーを備えた素晴らしいシューターですが、今年のホワイトのシューティングはフォーブスに匹敵しています。
 
これにより、セカンドユニットがハーフコートとフルコートの両方で流動的な動きに基づいたオフェンスを展開することが保証されます。
 
ホワイトが2本以上3Pを決めた試合は4ゲームあります。いずれもオフェンシブレーティングがチーム平均を超えました。
 
これは今シーズンあまり頻繁に起きたことではありません。
 
ホワイトはより強力なアウトサイドシューターとしての地位を確立し、他に誰がいるかに関係なく、自分がスターターにふさわしいことを証明しています。
 

まだまだ先は長い

 
スパーズはプレーオフからわずか1.5ゲームであり、ホームコートアドバンテージから6.5ゲームです。
ウエストは勝ち星の取り合いが起きておりスパーズのパフォーマンスの低さにかかわらず、射程圏内です。まだシーズンには多くの時間が残っています。

 

 

 

 

引用記事・画像:

Twitter Spurs

Derrick White's shooting is saving the San Antonio Spurs from themselves

twitter.com

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました