GAME 15 @ウォリアーズ | 【NBA】SPURS-GYM

GAME 15 @ウォリアーズ

スポンサーリンク
SPURS

今日はアウェーでウォリアーズと対戦です。

試合結果

ブローアウト負け。

試合内容

序盤からシューティングの不調とファールトラブルでウォリアーズに主導権を握られます。

ウォリアーズの多彩なモーションオフェンスに対応できず、12点ビハインドで1Qを終了します。

2Qにはセカンドユニットが追い上げ4点差まで詰め寄りますが、スターターに戻るとまた突き放され18点ビハインドで終了します。

後半開始直後カリーにボックス1でディフェンスすると徐々に差を詰めますが、シューティングタッチが最後まで戻らず。

点差も詰めることができず、 一度もリードを奪うことができず試合が終わりました

完敗のゲーム

攻守に全く良いところがなく、完敗の試合内容でした。

オフェンスでは収縮が早く対人ディフェンスが強いウォリアーズ相手にオフェンスの形を作れませんでした。

FG成功率37%、3P成功率12%とシューティングに苦しみました。

ディフェンスではカリーとグリーンを起点としたモーションオフェンスやカットにカバーディフェンスが対応できず、簡単に得点を許す場面が多く見られました。

リバウンドでも劣勢でした。

前の試合とは一転、ベテランがチームを引っ張ってしまいました。

セカンドユニットが健闘

スターターは完全にウォリアーズが優勢でしたが、2Qはセカンドユニットが試合を作りました。

ヤコブとヴァセルはディフェンスで存在感を示しました。

この二人の固いディフェンスは今後大きな武器になりそうです。

最後までマレーが引っ張る

点差が離れて苦しい展開になりましたが、最後までマレーがチームを鼓舞して率いました。

チームハイの22ポイントを挙げました。

選手たちに積極的に声掛けしてチームリーダーとして心強い存在でした。

内容は完敗でしたが、ヤングコアにはかなり貴重な経験になったのではないでしょうか。

特にケルドンとロニーはウォリアーズの対人ディフェンスにかなり苦しみました。

今後の糧にしてほしいです。

切り替えていきましょう。

次はホームに戻ってマブスと対戦です。

前回ジャズ戦でブローアウトされた試合後は、しっかり修正していいプレーがてきていたので期待します。

 

自宅トレにおすすめ!かなり身体が引き締まりました。


カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました