GAME30 VS @マブス

スポンサーリンク

f:id:nba-iwantsomenasty:20191227222730j:image

 

スポンサーリンク

相変わらず好調のマブス

 

 今日はアウェイでマブスとの対戦です。

 

今季2度目の対戦です。前回の試合はドンチッチのキャリアハイの活躍で悔しい逆転負けをしています。

 

 

 

 

試合結果

 連勝ならず…

f:id:nba-iwantsomenasty:20191227203053j:image

 

BOX SCORE

 

 

 

 

 

試合経過&印象

 スターターはいつものメンバーです。

序盤からドンチッチを起点としたPnRを止められずリードを許しますが、オルドリッジのポストプレーが好調で接戦に。

3Qにさらにリードを広げられますが、ルディの連続3Pでくらいつきます。しかし4Q序盤にマブスの怒涛の連続3Pを決められ17点リードを許します。

残り3:30以降に13-0のランで追い上げをみせて4点差まで詰めますが敗れました。

 

勢いづいたマブスを止められず

 

スパーズは徐々にディフェンスが改善しています。

 

 

しかしどの試合でもそうですが、オルドリッジのスピード、フォーブス、パティのサイズミスマッチを狙われています。

 

今日はドンチッチとバーダウェイJrにひたすら狙われていました。

 

 

シュートが入らなかった

フリーは作り出していましたが、アウトサイドシュートが27.6%ととにかく決まりませんでした。

 

シューター陣の不調がそのまま影響しました。

 

スパーズのシューター陣はディフェンスに難があるので、不調の場合には他に貢献できる術が少ないです。

 

シーズン通してパティとホワイト以外安定していません。

これでは厳しい。

 

ロニーの起用が無いのが気になります…

 

 

オフェンスリバウンドの差

オフェンスリバウンドでは5-13と圧倒されました。

単純にアグレッシブさが足りません。

フィニースミスやパウエル、ドンチッチは球際に強く、ボールへの執着心が強い印象です。

それが4Qのラッシュに繋がりました。

 

 

今のスパーズでそれができているのは、ヤコブとマレー、パティだけです。

出場時間が確保できればロニーとキャロルが貢献できると思います。

 

特にベテラン勢が足りません。

 

マレーとホワイトは同時起用の期待に答えて4Q終盤の13-0のランを作り出す原動力になりました。アグレッシブにディフェンスでチームに勇気を与えました。

 

何度もいいますが、

今のスパーズには若い力が必要です。

 

 

次の試合

 次は日本時間12月29日にピストンズとの対戦です.

 

前回ブローアウト負けを喫しています。

しっかり切り替えていきましょう!

 

順位表


 

引用記事・画像:

Twitter Spurs

twitter.com

 

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました