2022-23RS GAME 22 @サンダー | 【NBA】SPURS-GYM

2022-23RS GAME 22 @サンダー

スポンサーリンク
SPURS

今日はアウェーでサンダーとの対戦です。

全試合日程はこちらを参考にしてください。

試合結果

まさかの逆転負け。

試合内容

序盤は両チームともアウトサイドシュートが好調で、 ペースが速い展開となります。


スパーズは加えてペイントアタックとオフボールカットからの得点を重ねます。


しかしサンダーもオフェンスリバウンドから繋ぎ接戦となります。


3点リードで1Qで終了します。

2Qはディフェンスから流れを掴みます。


トレとKBDのリムアタックで点差を広げます。


その後もヴァセルを中心にアウトサイドシュートが好調で、ディフェンスでもパスカットからトランジションから得点を重ねます。


フリースローを確実に沈めて17点リードで前半を終了します。

【ゾロ目の日は超お得!!マイプロテイン 】

後半はサンダーのアウトサイドシュートが決まりはじめ、点差を9点差まで詰め寄られます。

それでもトレを中心にペイントアタックを継続しなんとかリードを保ちます。

4Qに入ると、ジャレンウイリアムスとトレマンのペイントアタックとミドルを止めることができず、点差は縮まります。

スパーズはアウトサイドからシュートがことごとく外れて、ついに逆転されます。

終盤に突入しても一度許したリードを縮めることができず敗れました。

試合の印象

精神的につらい敗戦

前半はシューティングが好調で試合を優位に進めることができましたが、 サンダーが後半シューティングが好調になってきた時に全く対応ができず、まさかの大逆転負けを喫しました。

サンダーのアウトサイドが入り始めるとペイントエリアのディフェンスが疎かになり、ペイントエリアとミドルから次々と得点を沈められました。

ヤコブとソーハンの不在が大きく響いていました。

SGA不在にもかかわらず、ペリメーターを上手く守れていませんでした。

そんな中でも安定して20ポイントを記録しているケルドンとヴァセルは頼りになってきましたが、まだまだチーム全体に課題が多いです。

しかもケルドンは足首のケガ明けの6試合で不調が続いています。

試合中にポップが唖然とする場面も多く見られていました。

また選手達もフラストレーションが溜まっているようです。

まだまだ苦しい時は続きますが、耐えるしかありません。

将来のためには必要な過程だったと思えるといいですね。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

テレビでも話題!完全栄養の主食「ベースフード」




カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

  1. パパさん より:

    今年から再建を始めたので、今は再建の先輩方のように苦しい時間の上手い過ごし方を覚えてる最中なので仰る通り今は日々勉強ですよね。
    正直全く注目されないNBAで空気のようなチームになってますが、ここからトップまで成り上がっていく過程を楽しみたいですね、長い旅路になりそうですが。
    もうそうとしか言わんとヤッテられへんわ、クソ弱くて・・・

タイトルとURLをコピーしました