スパーズの歴代優勝チームランキングトップ5 | 【NBA】SPURS-GYM

スパーズの歴代優勝チームランキングトップ5

スポンサーリンク
SPURS

サンアントニオスパーズは、過去20年間で最優秀のNBAフランチャイズであり、1997-98シーズン以来22回連続でポストシーズンを達成しています。

この 連続出場で、サンアントニオは9年間で4つのチャンピオンシップを獲得し、2014年には、有名な伝説のビッグスリーであるティムダンカン、マヌジノビリ、トニーパーカーを最後の優勝を勝ち取りました。

サンアントニオにはその名前に刻まれた合計5つのチャンピオンシップがあることを考えると、このリストは比較的簡単です。

San Antonio Spurs all championships – (1999,2003,2005,2007,2014)

フランチャイズ史上最高のスパーズチームは次のとおりです。

5. 1999

スパーズは、ロックアウトが短縮された1999年のNBAシーズンを、NBAの最高記録と結び付けて終了しました。

ティム・ダンカンは2年目でになり、元MVPのデビッドロビンソンからのフランチャイズスターとし正当な位置を占めました。

スパーズは、ウェストセミファイナルら、カンファレンスファイナルでそれぞれロサンゼルスレイカーズとポートランドトレイルブレイザーズのスイープしました。

支配的なポストシーズンでわずか2回しか負けませんでした。


フランチャイズ史上初のファイナル出場に進んだ後、サンアントニオは8シードのニューヨークニックスに勝利して初のNBAチャンピオンシップを獲得しました。

ティムダンカンは、ニックスの5ゲームで平均27.4ポイント、14.0リバウンド、2.2ブロックで3つのファイナルMVPの最初の勝利を収めました。

NBA Finals 1999. Spurs vs Knicks – Full Game Highlights. Game 5. Spurs FIRST NBA Championship

4. 2006-07

2006-07年のスパーズチャンピオンシップチームは、2007年のポストシーズンを通して比較的簡単に勝ち進みました。

NBAファイナルで若いレブロンジェームズが率いるクリーブランドキャバリアーズを圧倒して、プレーオフを通じてわずか4回しか負けませんでした。

トニー・パーカーがキャバリアーズとの素晴らしいシリーズでビル・ラッセルファイナルMVPのトロフィーを持ち帰ったため、ティム・ダンカンという名前ではないスパーズの選手がファイナルMVPを獲得したのはこれが初めてでした。

2007 NBA Champions | San Antonio Spurs – NBA Championship

そのシーズンに対するサンアントニオの最大の脅威は、2度のMVPであるスティーブナッシュとアマーレスタウダマイヤーが率いるフェニックスサンズでした。

スパーズとサンズは カンファレンスセミファイナルで対戦しました。

事実上のNBAファイナルと言われていました。

Spurs Highlight vs Suns 2007 Playoff 2R G6

残念ながら、その対決は、物議を醸しているロバート・オリーの事件によって影が薄くなり、アマーレ・スタウダマイヤーが非常に重要なゲーム5で出場停止となり、両チームは行き詰まりました。

3. 2002-03

2002-03スパーズは、伝説的なセンターであるデビッドロビンソンの最終年を特集しました。

提督がシーズン開始前に引退を発表したことで、サンアントニオは彼に最後の良い思い出を与え、チャンピオンシップで殿堂入りのキャリアを終えるという使命を持っていました。

サンアントニオは、リーグ全体で最高の60-22の記録でレギュラーシーズンを終えました。

彼らは6試合で各シリーズに勝利し、ウエスタンカンファレンスファイナルでロサンゼルスレイカーズをノックオフしました。

3度のディフェンディングチャンピオンをトップから追い出した後、レギュラーシーズンとファイナルMVPのティムダンカンが率いるスパーズは、ジェイソンキッドとニュージャージーネッツを破り、フランチャイズ史上2度目のタイトルを獲得しました。

NBA Finals 2003. Spurs vs Nets – Full Game Highlights. Game 6. Duncan TD 21pts, 20reb, 10ast HD

デビッドロビンソンは最後のNBAゲームで13ポイント、17リバウンドのパフォーマンスで時計の針を戻しました。

2. 2004-05

2005年のスパーズチャンピオンシップチームは、間違いなくすべてのファイナルシリーズの中で最も厳しいNBAファイナルを行いました。

多くの人がこのシリーズを血まみれとして覚えているでしょうが、最初の4つのゲームは両方のチームがそれぞれのホームコートでブローアウトを介して勝ったため、接戦になりませんでした。

しかし最後の3つのゲームはそうではありませんでした。

サンアントニオはディフェンディングチャンピオンのデトロイトピストンズと第7戦までもつれる熱戦となりました。

2つのチームはデトロイトでの極めて重要なゲーム5で事態を一変させました。

(NBAは当時2-3-2NBAファイナルの形式を展開しました)

サンアントニオは、延長戦で96-95の大勝利を収め、デトロイトにプレッシャーされました。

これは、最終的にスパーズにシリーズの優位性をもたらしたロバートオーリーのクラッチシュートによって強調されています。

ピストンズはゲーム6でロードでスパーズを倒すことでチャンピオンシップの構えを示しました。

しかし、最終的にはゲーム7でスパーズが勝利してティムダンカンが3回目のNBAファイナルMVPを獲得しました。

2005 NBA Champions | San Antonio Spurs – One team, One goal, Third Championship

1. 2013-14

サンアントニオの2014年のタイトルは、間違いなく5つのチャンピオンシップの中で最も特別なものです。

スパーズが最後にトロフィーを獲得したのは7年前のことです。

同様にこれらの2014年のスパーズは、前シーズンのNBAファイナルでのマイアミヒートへの敗北からの痛みを消すために動機付けられました。

思い出してください。

サンアントニオは、2013年のNBAファイナルのゲーム6でディフェンディングチャンピオンのマイアミヒートを残り数秒まで勝利を勝ち取り、5度目のタイトルを獲得することに非常に近づきました。

しかしマイアミは最後の数秒で奇跡的な復帰を果たしました。

レイ・アレンのクラッチスリーポイントで延長戦に持ち込まれました。

Final Minute (without timeout) of the Game 6 NBA FINALS 2013

マイアミはタイトな第7戦でスパーズを破り、サンアントニオはフランチャイズ史上5度目のチャンピオンシップをあと一歩のところで逃しました。

2014年、カムバックをする動機が加わったことで、ダンカン、パーカー、ジノビリのベテランビッグスリーとカワイレナードの新しいスターに率いられたスパーズは、 再び NBA のファイナルの舞台に登場しました。

マイアミ・ヒートとの再戦で説得力のある方法でマイアミを支配しました。

5ゲームでチャンピオンシップを獲得しました。

2014 NBA Finals Full Mini-Movie | Spurs Defeat The Heat In 5 Games

カワイレナードはこのシリーズで 平均18ポイントを獲得し自身を証明してリーグ史上3番目に若いファイナルMVPになりました。

Throwback: Kawhi Leonard Full Series Highlights vs Miami Heat (2014 NBA Finals) – Finals MVP! HD

現在のスパーズは優勝からは遠ざかっていますが、またコツコツと積み重ねていき数年後にはまたNBAファイナルの舞台に登場することを期待しています。

引用元:clutchpoints.com


 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました