オースティンが開幕3連勝! | 【NBA】SPURS-GYM

オースティンが開幕3連勝!

スポンサーリンク
SPURS

日本時間2月11日に開幕したGリーグですが、スパーズの下部組織オースティン・スパーズは3試合消化したところで3連勝と快調な滑り出しを見せています。

開幕前にサンアントニオに所属していたトレ・ジョーンズ、ルカ・サマニッチは素晴らしい活躍を見せています。

試合は放送局の関係で日本で観戦するにはハードルが高いので、ハイライト中心で観戦しています。

フルゲームは1試合しか見ることができていませんが、現地局のnews4sanantonioの記事を引用しながら紹介します。

ちなみに選手たちの印象です。

GAME 2 レイクランド・マジック

試合結果

逆転勝利!

試合内容

オースティンは、ゲーム全体を通してアウトサイドショットに苦しんだ後、4Qのサマニッチの強力なパフォーマンスで逆転勝利をものにしました。

ディフェンスはオースティンの勝利のゲームのキーでした。



ロバート・ウッドダードIIのゲームウィナースティールを含め、チームで12スティールを獲得しました。

ニールセンHCは試合を振り返りました。

前半は1、2歩遅れていた。後半は最初からゲームに入ることができた。

残念ながら、レイクランドはその段階で少しリズムがあり、それらをすり減らすのに多くの時間がかかった。

しかしチームはそれを凌ぐの回復力を示し、最終的に逆転できた。

レイクランドは30ポイント(3P5-9)だったアンドリュー・ロウジーの強いパフォーマンスに苦戦しました。


ただしオースティンでは最も必要なときに強力なパフォーマーが登場しました。

前半は静かだったが、後半はサンアントニオ・スパーズのルーキーガード、トレ・ジョーンズが存在感を示しました。

ジョーンズは絶えずリムまでドライブし、ロックダウンディフェンスとともにオープンショットのチームメイトを見つけました。

1ターンオーバーで、16ポイント、7リバウンド、4スティールでゲームを終了しました。

4Qのスターはサマニッチでした。


サマニッチはFG成功率50%で23ポイントを獲得し、10リバウンドを獲得しました。

攻守に存在感を示して、ガードとビッグの両方を効果的に守り、印象的なドライブでリムでフィニッシュしました。

GAME 3 エリー・ベイホークス

試合結果

3連勝!!

試合内容

オースティンは前半に力強くスタートし、後半に21ポイントのリードを奪いました。

ベイホークスのオフェンスを封じ込め、ハーフタイムでFG成功率37%と12ターンオーバーに制限しました。

トレ・ジョーンズは、ハイライトダンクを含む30ポイントと11アシストのダブルダブルでゲームを終了しました。

ディフェンスを起点にしてゲームを支配しました。

ジョーンズは試合後、

私のディフェンスに苦労していることを知っている。それは間違いなく彼らにとっても同じだったよ。

ベイホークスは最後まで諦めず、オースティンの2桁のリードに切り込み、クラッチタイムには1桁になりました。


後半にオースティンのターンオーバーが12回発生しました。

スパーズはカムバックの成功を許しませんでした。

ジョーンズは4Qだけで12ポイントを挙げ、サマニッチのクラッチ3が、ベイホークスによる13-0のランを止めました。

サマニッチは、7-15シュートで、16ポイントと11リバウンドの3試合連続のダブルダブルでゲームを終了しました。

ニールセンHCは、次のように述べています。

ベイホークスはエリートで非常に才能のあるチーム。

よくタイトなゲームにもちこんだ本当に良い仕事をした。

それでも最後はトレ・ジョーンズがチームを管理するのに良い仕事をした。

着々と成長しています。

Gリーグシーズンは残り12試合ですが、一貫したプレイができるかがカギになっています。

二人とも来シーズンが楽しみです。


 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました