GAME 26 @ホークス | 【NBA】SPURS-GYM

GAME 26 @ホークス

スポンサーリンク
SPURS

今日はアウェイでホークスとの対戦です。

今日からイーストのチームと7試合も連続でアウェイゲームがあります。

試合結果

SPURS WIN !!!

試合内容

序盤からデローザン のミドルレンジショットやケルドンのドライブからオフェンスを組み立て試合を優位に進めます。

ホークスはヤングのアウトサイドショットで対抗し1Qを5点リードで終わります。

2Qになるとスパーズはさらにシュートタッチが良くなります。

ディフェンスではホワイト、ヤコブを中心にカバーリングとシュートチェックを厳しくすると相手はリズムを崩し、完全にスパーズのペースになります。

ミドルレンジショットもほとんど落ちず みるみるリードが広がり29点の大量リードで前半を終了します。

ゾロ目の日セールは買い時!紹介コードPBY4-R1でさらにお買い得!

後半に入っても勢いは止まらずマレー、デローザンのミドルレンジショットがほとんど決まり、ディフェンスも緩めずさらにリードを広げ一時39点リードになります。

3Q終盤には試合を早々にホークスは諦め.ガベージタイムとなり勝利しました。

シューティングが絶好調!

ホークスのディフェンスが良くなかったこともありますが、試合を通じてミドルレンジ、アウトサイドシュートが絶好調でほとんど落ちませんでした。

前半を終了した時点で3P成功率9/14、FG成功率は61%と、とてつもない数字を残しました。

特にデローザンとマレーのミドルレンジショットはほとんど落ちず、ホークスも なす術がない状態でした。

チーム全体でバランスよく得点しました。

7人が二桁得点を記録しました。

ディフェンスではヤコブが4ブロック3スティールを記録しました。

まさにチームの守護神でした。

チーム全体でもディフェンスのポジショニングかよく、積極的にアウトサイドシュートとパスコースに手を出してターンオーバーを誘発しました。

攻守に言うことなしの内容でした。

ただ…ガベージタイムはなかなかひどい内容でした。

4Qは15-42とまさかの追い上げで10点差まで詰められました。

それでも主力を温存できてよかったです。

ロードトリップを幸先いいスタートが切ることができました。

この調子で乗り切りましょう。


 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました