スポンサーリンク

CJ マッカラム「 ジノビリのユーロステップは止められない」

サンアントニオスパーズの歴史の中で ビッグ3は欠かせない存在です。

その中でもマヌ・ジノビリは現代の NBAに多大な影響を残しています。

先日ブレイザーズのシューティングガード、CJ マッカラムは彼の Podcast で ジノビリのユーロステップについて言及しました。

マッカラムの歴代アンストッパブルムーブベスト5

マッカラムはNBAの歴史の中で最も止められないムーブを五つリストアップしました。

マッカラムはジノビリのユーロステップ、アイバーソンのクロスオーバー、マイケルジョーダンのフェイダウェイ、アキームオラジュワンのドリームシェイク、ジャバーのスカイフックをあげました 。

マヌのユーロステップは間違いなくNBAで革命を起こした。彼がヨーロッパからNBA に行気それを持ち込んだという事実がある。マヌが来る前は誰もそれをしていなかった

マッカラムのPodcast より

これは NBA 7年目のスターガードからの高い評価です。まだオールスターには出場していませんが過去5シーズン平均20ポイントを記録しており今年はリバウンドとアシストでキャリア最高を記録しています。

ジノビリについて現役の選手が称賛の声をあげるのは素晴らしいことです。 ジノビリは 完全にオールスターレベルの選手でしたが、キャリアの大半をスパーズの6thマンとして過ごしました。自分の名誉よりもチームの勝利を優先したスター選手でした。

ジノビリは常にスポーツでプレーをする最も象徴的なプレイヤーの一人であり非常に大きな国際的影響力を持っています。

ユーロステップは変幻自在な動きであり 現代のNBAで非常に有効なムーブになっています。ただ怪我がつきものであり、ドリブルと連動が難しく習得するのが最も難しい ムーブとなっています。

このユーロステップを完全にモノにした選手としてジェームズハーデンが挙げられます 。

ハーデンはユーロステップを駆使して2018年 NBA の MVP に輝きました 。

このようなシグネチャームーブを成功するためにキャリア全体を費やすプレイヤーはたくさんいますが、大半のプレイヤーは挫折します。ジノビリの クリエイティブな動きとハートは NBA を現代の時代に移行させる革命的な選手でした。

過去の名勝負がプレイバック中

現在NBA が中断して過去の名試合がプレイバックされています。3月26日は2005年のNBAファイナルピストンズ対スパーズが放送されています。

最強のディフェンス が武器の2チームなのでロースコアで非常に見ごたえがあるシリーズです 。

キレキレのダンカン、ジノビリが見られますので興味がある方はスパーズ公式の Facebook または Twitter で ご参照ください。

今でも鮮明に覚えています。 スパーズファンの方は視聴するのをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました