スポンサーリンク

デリックホワイトはオールディフェンシブチームに値するか?意外な数字が判明。

スポンサーリンク

スパーズは、18シーズンでトップ5のディフェンスランキングに7回ランクインしました。
次点ではランキングは8位、10位、11位、19位、25位、29位(タンクシーズン)です。

スパーズには歴代選手の中でも多くの 優れたディフェンダーを輩出しています。ジョージ・ジョンソンから始まり、アルビン・ロバートソン、デビッド・ロビンソン、デニス・ロッドマン、ティム・ダンカン、ブルース・ボーエン、カワイ・レナード、ダニー・グリーン、デジュンテ・マレーなど、オールディフェンシブ・チームとディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーのプレイヤーで満たされた組織です。


シーズンは躍進を期待されたホワイトでしたが思っていた以上に出場時間が伸びず、 オールディフェンシブチームの選考からはおそらくも漏れるでしょう。

ディフェンスでは際立つ存在感

それでもホワイトは ディフェンスに関する数字はしっかり残しています。

ガード部門で平均ブロックではリーグで1位、テイクチャージでは2位の記録です。またマッチアップ相手に4番目に多いコンテストショット(497)を打たせています。

さらに印象的なのは、彼がこれらの3つのカテゴリで彼をリードする誰よりも少なくとも271分の短い時間をプレーしたという事実です。

高度な分析でさえ、デリックは他の分野から際立っていると言います。ESPNによると、ホワイトはすべてのポイントガードのうち、Real Defensive Plus-Minus(0.26)のリーグで14位になっています。そして、彼のディフェンスレーティングは1年前から4ポイント悪化していますが(114)、サンアントニオがディフェンスレーティングで19位から今シーズン25位に急落したことと関係があります。

不思議な数字

彼の驚くほど低いディフレクション(88)を記録しています。
(ディフレクションとはディフェンスがボールに触って、ドリブルやパスをそらせる行為のこと)。
指摘したい人については、それは彼の保守的なプレースタイルと平均的な運動能力と6-7.5という標準的なウィングスパン によるものだと分析されています。比較のために、同じ位の身長(6-4)のマレーやクリス・ダン、とマティス・サイブルは、すべての長さは7フィート近くのウイングスパンがあります。

完全に公平を期すために、クリスポール(2位)、フレッドヴァンヴェリート(3位)、カイルローリー(13位)のような小さい人がガードデフレクションリーダーボードを支配しています。
ホワイトはなぜディフレクションが少ないのでしょうか が少ないのでししょうか?

ホワイトはエースストッパー

前述のプレイヤーが主にポイントガードを守るのに役立ちますが、ホワイトはほとんどの時間を他のチームの最高のスコアラーにマッチアップしています。

3年目のホワイトは、毎試合スーパースターにマッチアップしています。
ホワイトはブラッドリー・ビール、カウィ・レナード、ダミアン・リラード、ルーカ・ドンチッチ、トレー・ヤング、デヴィン・ブッカー、ドノヴァン・ミッチェルなどをディフェンスするために長期間を費やしていました。彼らはときどきシーズンベストを獲得しましたが、ホワイトそれらを封じ込めるために立ち上がる仕事をしました。

6-4のウィングマンにとって注目に値するショットブロッキングシーズンをまとめたにもかかわらず、 オールディフェンシブチーム選考には おそらくかからないでしょう.


25歳のホワイトの強力な仕事倫理、優れたフットワーク、不気味な本能、そして高いバスケットボールIQの背後にあるディビジョンIIの始まりから成功したNBAのキャリアを切り開いてきました。

近い将来今までの努力が報われることを願います 。

 引用記事:https://www.poundingtherock.com/2020/3/22/21189574/determining-if-derrick-white-deserve-to-make-an-all-defensive-team

タイトルとURLをコピーしました