スポンサーリンク

元スパーズのマリークローズがNBAオペレーション担当副社長に任命

スポンサーリンク

NBAは6月22日、スパーズで2度のNBA チャンピオンを獲得したマリーク・ローズと、NBAのフロントオフィスのベテラン、デヴィッド・ブースがそれぞれバスケットボール・オペレーション担当副社長に指名されたことを発表しました。

バスケットボールオペレーションの副社長としてローズは、リーグのプログラムやルール、新しいイニシアチブ、競争の要素に関してチームやプレイヤーと直接やり取りする役割をもちます。

ローズは2018年からアシスタントGMを務めていたデトロイトピストンズからリーグオフィスに加わりました。

それ以前は2015〜18年まで Gリーグのエリーベイ・ホークスのGMを務めていました。

ローズは全米バスケットボール選手委員会の実行委員会にも参加し、NBAで13年プレーしたベテランです。

Malik Rose mix – by objective

スパーズに所属した1999〜03年までに2回NBAChampionshipを勝ち取りました。

チャリティーにも熱心で引退後も様々なチャリティーイベントを開催していました。非常に人脈が広く素晴らしい人格者です。

またドレクセル大学でコンピューター情報システムの学位を取得しています。

またスポーツ管理の修士号も所属しています。

スパーズ関係者が役職につくのは嬉しいことです。

タイトルとURLをコピーしました