ジャズは近年スパーズを支配中 〜逆襲できるか?〜 | 【NBA】SPURS-GYM

ジャズは近年スパーズを支配中 〜逆襲できるか?〜

スポンサーリンク
SASコラム

2000年からユタ・ジャズは4年以上連続でサンアントニオ・スパーズに勝つことができなかった。

その後スパーズは2010年代半ばにシリーズ6連勝を達成しました。

ジャズはそのリベンジを果たしています。

土曜日に対決するジャズはスパーズに対して1993年から7連勝して以来、初の5連勝を目指します。

サンアントニオは2020年8月7日以来、ジャズに対して試合中にリードをしたことがありません。

全体として、ジャズはスパーズ戦で過去14回中9回勝利しています。

常勝チームのときとは異なり、プレーオフでの成功という期待よりも、若いコアの育成が優先されるシーズンにおいて、小さな勝利は自信につながります。

過去3回の対決で平均21点差で負けているチームにリベンジすることは、まさにそれを実現することができます。

最大の敵はミッチェルではない?

昨シーズン何が起こったかを見てみると、スパーズキラーはボジャン・ボグダノビッチとジョーダン・クラークソンでした。

スターターとしてボグダノヴィッチはFG成功率70%(30/43)、昨シーズンのゲームでは28、25、24ポイントを獲得しました。

しかも3回ともきっちり10本のフィールドゴールを決めています。

昨シーズンのサンアントニオ戦でこれ以上のプレーをした選手を見つけるのは難しい。

一方クラークソンも昨季は27/49(FG成功率55%)で18点、16点、30点とスパーズを苦しめた。

前回の対戦ではFG成功率12/16の大活躍で、126-94でサンアントニオを打ちのめすことにつながった。

ドノバン・ミッチェルは今季1試合24.8得点でユタをリードしているが、サンアントニオとの過去2回の対戦では欠場していた。

明らかに、それは重要ではありませんでした。

また、ルディ・ゲイが古巣に対してどのようなプレーを見せるかも興味深いです。

ルディは19分間の出場で平均9.8ポイントを獲得し、3P成功率41.7%を記録しています。

スパーズは今回、ジャズのホームVivint Smart Home Arenaを訪れた際に「意地を見せる」必要があります。

ジャズは最高のディフェンスができるウイングを持っており、3Pも高確率で決めます。

スパーズの将来像として経験を積むゲームとなるでしょう。

引用元:Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

100万部突破!

この本のおかげで出費が大きく減りました。



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました