GAME 17 ウィザーズ | 【NBA】SPURS-GYM

GAME 17 ウィザーズ

スポンサーリンク
SPURS

今日はホームでウィザーズと対戦です。

ウィザーズはコロナウイルス感染拡大のためロスターの人数が揃わず数試合を延期していました。

そのためメンバーの半数近くが欠場となっています。

試合結果

SPURS WIN !!!

試合内容

前の試合左足首を捻挫したマレーでしたが今日の試合に早くも復帰しました。

序盤は立ち上がりが不安定なスパーズに ウィザーズが連続で3ポイントを決めリードを奪われます。

セカンドユニットの時間帯になるとスパーズがすぐに追いつきます。

ただペイント内のショットミスが目立ち 突き放せず、1点リードで前半を折り返します。

後半の立ち上がりはオルドリッジのミドルショットで突き放しにかかりますがディフェンスが踏ん張れず、 互角の展開が続きます。

3Q中盤にヴァセル が投入されると連続3ポイントとディフェンスで流れを引き寄せます。

終了間際のパティがブザービーターを決め8点リードを奪います。

4Qは デローザンがファールトラブルに陥りますが、マレーを中心にディフェンスからリズムを作ります。

ターンオーバーを誘発し速攻からのパティの連続得点で15-2のランで19点差に広げ、試合を決めました。

セカンドユニットが流れを作る

今日の試合は7人が二桁得点とバランスの良いオフェンスを展開しました。

デローザンは該当せず、9得点8アシストというのも驚きです。

その中でもセカンドユニットが素晴らしい働きをしました。

ルディ、ヤコブ、ヴァセルを中心としたディフェンスにウィザーズはなかなか攻め切ることができませんでした。

毎回スターターがビハインドを背負ってもすぐに追いついてくれているのでチームは非常に頼りにしています。

その中でも今日はヴァセルが 素晴らしい活躍をしました。

デローザンのファールトラブルで3Q中盤からコートに入ると、連続3ポイントと厳しいディフェンスでチームを流れに乗せる大きな役割を果たしました。

マッチアップ相手のウエストブルックは明らかに嫌がっていました。

しかも11試合連続ターンオーバー0を記録しています。

ルーキーらしからぬ活躍です。

マレーがトリプルダブル

前の試合に捻挫して途中退場したマレーが早くも復帰して活躍しました。

今シーズン2度目のトリプルダブルです。

高確率でミドルレンジショットを沈め、 リバウンドをとり、 プレイメーカーと してチームを指揮しました。

マレーがいるのといないのでは大きく差がありました。

ディフェンダーとしての評価も高く、 ディフレクションの数はトップのホリデーと並びました。

勝利はしたが課題も…

選手それぞれが役割を果たした素晴らしい勝利でしたが、 課題もありました。

先日のブログでも触れましたが、1Qと3Qの立ち上がりが非常に悪いです。

先日のマブス戦、ウォリアーズ戦は前半のビハインドが最後まで響いて敗れました。

今日の試合も序盤から大きくリードされましたが、ウィザーズの層の薄さやセカンドユニットの活躍により勝利できました。

特にディフェンスがかなり苦しい場面が多いため何かしらの対策が必要です。

ファンの中ではロニーを控えにして自由にさせた方が良いのでは?という意見が多く上がっています。

ポップやルディも立ち上がりの悪さを指摘していたので、早めに修正したいところですね。

次はバックトゥーバックでペリカンズとの対戦です。

くれぐれも怪我をしないようにしてほしいですね。

【4月20日発売!デリック・ローズ自伝】


カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました