GAME 13 ロケッツ 2戦目 | 【NBA】SPURS-GYM

GAME 13 ロケッツ 2戦目

スポンサーリンク
SPURS

今日はホームでロケッツと対戦です。

ホームで同じ相手と連戦です。

試合結果

SPURS WIN !!!

試合内容

序盤はアウトサイドシュートが決まらず ディフェンスも不安定なスタートになります。

ウッドに攻められリードを奪われます。

しかしロケッツもミスが多く、流れに乗れずお互い重い展開が続きます。

前半は 3点ビハインドで終了します。

後半はデローザンのミドルを中心に組み立てますがロケッツのフィジカルでタフ ディフェンスに苦しみ、拮抗した我慢の展開が続きます。

4Qに変化が見られます。

ヤコブを中心に引き離しにかかりますがロケッツも粘ります。

その後4Q残り5分にディフェンスから流れを掴み、足が動き始めるとマレーが7連続得点を上げリードを10点に広げます。

そのまま流れを掴み、リードを守って勝利しました。

終盤のランで突き放す

フィジカルでタフなロケッツ相手に4Qまで苦しみましたが最後は突き放しました。

疲れが見え始めたロケッツ相手にディフェンスの強度を上げスパートをかけました。

またスパーズはターンオーバーから31ポイントをあげました。

またそのうちの43%がスティールからの得点であり、積極的にパスコースを 遮っています。

クラッチタイムにマレー

4Qに試合を決めたのはマレーでした。

残り5分で7連続得点を獲得しました。

この連続得点で今まで粘っていたロケッツを突き放しました。

ここ数試合マレーはクラッチタイムでも積極的にシュートを放ち、ゲームもコントロールしています。

今まではデローザンに頼っていましたが成長しています。

今日は絶対勝つと意気込んでいました。

終盤ミスもなく乗り切りました。

昨年とは比べられないくらい頼りになってきています。

蘇ったヤコブ

開幕から精彩を欠いていたヤコブが自信を取り戻しました。

インサイドでリバウンドとディフェンスで 体を張り存在感を見せました。

4Qに突き放したのはヤコブのディフェンスのおかげでした。

チームは前半からウッドが止めることができませんでしたが、4Qにはケルドンとヤコブで抑えることができました。

今日のMVPです。

デローザンもミドルレンジから 高確率のショットを沈め チームハイの24得点を挙げました。

3Qの苦しい時間帯をけん引しました。

終盤はマレーにボールを任せました。

前の試合はクラッチタイムをベテランに依存する場面がありましたが、今日の試合はマレー・ロニー・デローザン・ケルドン・ヤコブと積極的に若手を起用しました。

ディフェンスも引き締まりボールムーブメントも良かったのでこれからも積極的に活用して欲しいですね。

どんどん経験を積んで欲しいです。

ロケッツとの対戦は一勝一敗で終了しました。

ロケッツはトレード台所事情が厳しい中 とてもタフに戦ってきました。

見習いたいところです。

次回はあさってにアウェイでブレイザーズとの対戦です。

【4月20日発売!デリック・ローズ自伝】


カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました