SPURS-GYM : NBA,スパーズ&筋トレ情報届けます.

NBA、SPURS(スパーズ)応援ブログです.NBA&筋トレ情報をお届けします。ファン歴18年。

【スポンサーリンク】

NBAドラフト2019 スパーズの指名は?

広告

スポンサーリンク

f:id:nba-iwantsomenasty:20190622060803j:plain



6月20日(木)にNBAドラフト2019が開催されました。

 

 

 

スパーズのことに触れる前に、

 

 

 

八村選手が9位でウィザーズに指名されました‼

 

 

日本人史上初のことで、どれだけすごいことか表現するのが難しいです。

 

 

例えるなら、大坂なおみ選手の全米オープン制覇くらいの衝撃ですかね。

 

 

名前を呼ばれたときは、鳥肌が立ちました。

 

おめでとうございます!日本人の誇りです。

 

 

 

 

ちなみに

 

ワシントン・ウィザーズは、今シーズンは32勝50敗でEast11位、Wall&Bealのバックコートコンビは破壊力抜群です。

 

ネガティブな要素として、

 

Wallがアキレス腱の怪我で欠場中で、しかも超高額なサラリーをもらって財政事情を圧迫しています。3年ほどは大きい補強ができず我慢が必要なチームです。

 

インサイドは元スーパースターのハワードがいます。

 

詳しい内容は以下のブログで紹介されています。

いい記事ですね!思わず読み込んでしまいました。

nba-js.com

 

 

これから日本のバスケを背負っていく存在になります。

 

日本でバスケ人気が過熱することが間違いないですね!

 

 

 

本題に戻りまして、

 

スパーズは、

 

#19と#29(ラプターズ由来)#49の指名権を持っています。

 

 

 

スパーズがドラフトする選手のポイントは、

 

 

選手としての能力はもちろんですが、

 


コートビジョンや空間認知能力など、なかなか指導ができない能力が備わっているかどうか、

 

あとはこれまでの人生をどう歩んで困難を乗り越えてきたか

 

性格やユーモアのセンスがあるか、

 

これらの点が重要視されます。

 

私たちは試合やハイライトしか見れていませんが、スカウトは私生活やバスケへの姿勢、
人脈、家族まで調査します。

 

そこで問題があったらいくら能力が高くても、スパーズは絶対指名しません。

 

 

では、スパーズはどのような選手を指名したのでしょうか?

 

どうぞ!

 

 

 

 

19位 Luka Samanic

f:id:nba-iwantsomenasty:20190622060841j:plain



6-11 WS 6-10
クロアチア出身の19歳のPF。スパーズは15歳の時からリークしていた。

現在スロベニアリーグのPetrol Ljubljanaとユーロリーグでプレーしている。

 

www.nbadraft.net

Strength 

ボールハンドリングがよくプレイメーカー、アスレチック、そして複数のポジションをプレーするのにオールラウンドな能力が高い。

ペイントエリアでは多彩なスキルがある。

似合わないハンドリング力がありペネトレイトから得点を稼ぐ。

リバウンドも意識が高く、ハードワークを厭わない。

IQが高く適切な状況判断ができる。

 

Weakness

WSが208cmと少し短い。
線が細く今のままではNBAでは通用しない。

ディフェンスに対する意識が低い。

シュート力が安定していないため、安定したフォームに改善する必要あり。

 

トレーニング次第で改善できる項目が多く、フィジカルを鍛えてアウトサイドショットを身につけたら第2のKukoc、KPになる可能性あり。

 

ドラフトコンバインのハイライトです。

フィジカルはまだまだですが、ハンドリングがよく、判断が早くIQが高い印象を受けました。 よくリバウンドにも絡んでいるのが好印象です。

 

 

 

 

 

29位 Keldon Johnson

 

f:id:nba-iwantsomenasty:20190622060837j:plain

6-6 WS 6-9

高校時代から注目され名門ケンタッキー大の1年生ながらスタメンで活躍していた選手。笑顔が素敵。

 

www.nbadraft.net



Strength


身体能力が高く、自分より大きな相手にも良いディフェンスが出来る。

チームのために献身的に働けて、運動量が多い。

自らORをもぎ取るような粘り強さがある。ルーズボール、ディフェンスの貢献が非常に高い。

チームメイト談だがリーダーシップも素晴らしく、若手中心のチームで中核になれる素質がある

 

フィジカルもNBAレベルに近くSFでの起用も可能。スキルに多様性もある。

 

 Weekness

 

ペイント周りでのフィニッシュのバリエーションが乏しく、フローターに頼る場面が多い。

SFではサイズ不足な場面が想定される。

オフェンスのオプションが乏しく爆発力は今のところない。

フリースローは要改善(70%)

 

 

ケンタッキー大では3rdオプションだったため、潜在能力が高い。

 比較対象として、Justice Winslowが挙げられている。

 

 

ディフェンス力は素晴らしい。サイドステップが早くスクリーンのかわし方もうまい。

 

 

身体能力が高い!

 

Keldon Johnson Top 10 Plays from 2018-2019 NCAA Season ">youtube.com

 

 

 

49位 Quinndary Weatherspoon

f:id:nba-iwantsomenasty:20190622060818j:plain

6-4 WS 6-9

ミシシッピ州立大4年のSG。

 

Quinndary Weatherspoon – ¿Cómo Juega?

 

ウイングスパンが長く得点力があるSG。

シュート力があり、どこからでも点が取れる。

平均18.5ポイント、4.7リバウンド、および2.8アシスト3 ポイントは39.6%を記録している。

リバウンドが強い。

 

サイズ不足が懸念される。

 

正直に言うと情報があまりなく、これくらいしかわかりません。

 

コンバインではパスでも非凡なプレーが見られます。

 

 

ペネトレイトも鋭い。得点力が高い。
Quinndary Weatherspoon 2019 NBA Combine Highlights


Quinndary Weatherspoon Mississippi State Bulldogs 31 PTS vs Georgia | Next Ones |

 

総評

いや~いつ見てもドラフトは面白いですね。

LittleとBol Bolがここまで残るとは思いませんでした。

 

あと全体的にビッグマンの指名が下位になり、以前と比べて優先順位が下がったなぁと、少し寂しくなりました。

ウイングの時代ですね。

 

 

八村選手が指名されたときは鳥肌が立って涙が出てきましたね。

 

よかったよかった。

 

 

 19位でSamanicを指名したときは、まだ指名されていなかったロッタリー候補選手(Nassir Little、Brandon Clarke、Bol Bolなど)が残っていたので、

 

29位で指名できただろ!と少し怒ってしまいました...

 

周りのスパーズファンも当時はほぼそうでした。

 

 

 

ですが29位で上位の予想だったKeldon Johnsonを指名できたので、安堵しました。

49位は...さすがスパーズらしく誰!?ていう指名でした。

 

現地のドラフト評価サイトでは、スパーズの指名についてA判定が出てました。

 

将来を見据えた才能ある選手を指名できて、29位でKeldonを指名できたのはスティールになるだろうと高評価。

 

ちなみに一番ひどい評価だったのはサンズですね。F評価とか初めて見ました(笑)

 

PGが絶対必要なのに、6位指名権をウルブスに渡してPGを指名され、焦りながら1巡目下位の評価のSF、Cameron Johnsonを11位で指名したのには驚きました。

 

オーナーの無能さが有名なチームなので、再建にはまだまだ先が長そうですね。


f:id:nba-iwantsomenasty:20190622214950j:image

 

Samanicはコンバインでのプレーで完成度が思ったより高かったので、29位までSamanicが残る可能性が低く、ほかにもロッタリークラスの選手が29位まで落ちてきそうなので、早く指名したほうがいいと思ったのでしょう。

 

 

 

共通している点はハードワークができ、チームファーストのプレー選択ができる選手なのでスパーズらしい選択だと思いました。

また2人ともシュートが課題なのでインゲランドACが魔改造してくれるでしょう!

 

Derozan,LMAの後継者になりうる人材なので、5年後を見据えたいいピックだったと思います。

 

性格もよさそうですしフロントを信じます!

 

また今回ウイングの選手を指名すると思っていましたが、少しアンダーサイズのKeldon Johnsonだけで指名しませんでした。

 

今のロスターを整理すると、


PG:マレー、ミルズ
SG:ホワイト、フォーブス、ウォーカー
SF:デロザン、ベリネリ、Kジョンソン
PF:バータン、サマニッチ、メトゥ
  C:LMA、パートル

 

再契約が未定のGayは含んでいません。

 

こう見ると、若返りましたね。

昨シーズンと同じくSGが本職の選手がSFを務めないといけない状況です。

SGがかなり多いです。

ガードが多いことに越したことはないのですが、

このままではかなりバランスが悪いので、今後何かトレードの動きがあると思います。

 

特にベリネリ、バータン辺りがターゲットでしょう。

 

追記:Paui Garcia氏の表が分かりやすいです.

 

 

 

NBAはオフシーズンもネタが豊富です。

 

サマーリーグが楽しみです。

7/5開幕です。

 

 

 


Twitterやっています↓
twitter.com

 


#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

【スポンサーリンク】