SPURS-GYM : NBA,スパーズ&筋トレ情報届けます.

NBA、SPURS(スパーズ)応援ブログです.NBA&筋トレ情報をお届けします。ファン歴18年。

【スポンサーリンク】

モリス騒動 契約破棄してニックスと契約濃厚

広告

スポンサーリンク


f:id:nba-iwantsomenasty:20190707163413j:image
 

 

 

スパーズはBOSをFAになっていたMarcus Morrisと2年20Mで契約を口頭で合意していましたが、正式契約ではありませんでした。

 

まさかのNYKと1年15Mの契約を結ぶ予定です。

 

 

Bullockのメディカルチェックで異常が見つかったので、契約破棄してMorrisと契約する予定になったそうです。

 

 

 モリス騒動

 
口頭での契約には応じていましたが、書類での正式契約はしてなかったのでルール上はOK です。
以前ブーザーやDJが行ったことがあります。
 
周りを巻き込むので、非常に悪い印象を受けます。人としても信頼が落ちますね。
 
ましてや今回それに伴ったトレードが発生しているので、後味が悪いです。
 
 
 

その経緯になったのは本人の性格なのか、代理人のKlutch Sportsの影響なのかは知りません。

 

幸いチームに悪い影響が出る前に、判断できたのはいいと思います。
 
しかしこの契約がなければ Bertansのトレードはおそらくなかったので、いい気持ちはしません。
 
せめてトレードがある前に公表してほしかった。
 
この行動は完全にスパーズファンを敵に回す行動です。
at&t センターに来た時は大きなブーイングを受けるでしょう。
 
 
またこの騒動はモリスがチームのメディカルチェックに来なかったことから判明したそうです。
性格の問題もあったかもしれませんね。
 
 
NBA選手ならもっと責任感を持って行動してほしいです。
 
正直なところ、スパーズと契約した時は驚きました 。
 
先日のブログにも書きましたが、実力はチームのニーズに合って申し分ない選手でしたが、感情を表に出す選手で試合中の口論が多く、トラブルも多いところが懸念された選手でした。
 
以前は暴行事件の疑いがあったため、素行にも少し不安がありました。
 
 
 
SASクラスタの皆さんの心中をお察しします…
 

 

 

 

 

 

すごく気持ちが分かります・・・

 

 

 

ということで、MLE(約10M)の契約が再びリセットされました。

 

切り替えていくしかないです。

 

引き続きウイング、リムプロテクターの補強が必須なので、現在FAで残っている選手をリストアップしてみました。

 

 

 

 

 

スパーズ好みの選手

Trey Lyles (23)

www.basketball-reference.com

これといった武器は無いがシュートレンジが広く、すべてを平均以上に行えるPF。

去年DENでローテーションの一角を担っていた。

 


Trey Lyles Full Highlights Nuggets vs Clippers - 2018.10.09 - 15 Pts, 5 Ast, 10 Reb!

 

Lance Thomas(32)

www.basketball-reference.com

オフェンス力は乏しく派手さはないがDFとハードワークでチームに貢献できるベテランSF/PF。バックアップには最適。

 


Knicks Film Study: Lance Thomas Defense on Giannis

 

Andre Iguodala(35)

www.basketball-reference.com

最強GSWを支えた優勝請負人のSF。怪我の影響は気になるが優秀なディフェンダーであることは間違えない。エゴも少なくIQが高く終盤に頼りになる選手。スパーズならば酷使されることがないのでFitしてくれそう。

 


Andre Iguodala Defensive Highlights | 2018-19 | Golden State Warriors

 

 Kosta Koufos (30)

www.basketball-reference.com

フィジカルが強くインサイドでDF、リバウンドをしっかりこなすベテランC。

長年バックアップセンターとして重宝されている。

 


2018-19 Kosta Koufos Top 10 Plays

 

ポテンシャルに期待するなら

Christian Wood(23)

www.basketball-reference.com

 昨シーズンプチブレイクしたPF/C。まだ粗削りで線が細いが機動力がかなり高い。3Pも打てるため指導が上手くいけばブレイクできるかも。

 

 


Christian Wood Full Highlights 2019.03.26 Pelicans vs Hawks - 23 Pts, 9 Rebs, 6 Blks! | FreeDawkins

 

 

Ivan Rabb (23)

 

www.basketball-reference.com

 身体能力が高く、ミドルレンジジャンパーが得意なPF。どちらの手でもフィニッシュができる。フィジカルとシュートレンジの狭さが課題だがGリーグでは活躍して成長している。

 

 

 


Ivan Rabb posts a Double-Double with 19 points & 11 rebounds vs. Minnesota Timberwolves - 2/5/19

 

 

 Cheick Diallo (23)


www.basketball-reference.com

マリ出身のWSが7-4もあるアスレチックなPF。オフェンス力はまだまだだがディフェンスのフットワークがよく、いいリムプロテクターになる資質がある。伸びしろが十分にある。

 


Cheick Diallo's Best Plays From The 2018-19 NBA Season

 

 Kenneth Faried (29)


www.basketball-reference.com

サイズは無いがリバウンド力、アスレチック能力が高いハードワークが売りのPF。
昨年BKNで干されていたが、途中でHOUに移籍するとカペラ離脱中にスターターで起用され、復帰後はバックアップPFとして機能した。
ピック&ダイブが得意だがバスケIQは微妙。
ディフェンス力もそこそこ高いため、起用法によっては機能するかもしれない。



 


Kenneth Faried Full Highlights 2019.01.25 Rockets vs Raptors - 21-14-2 Blks! | FreeDawkins

 

 

他の手段としては、ロスタースポットを開けたままシーズンを開始してバイアウトマーケットで補強したり、トレードする可能性もあります。

 

 

最後に...もう一度

Thank you! Davis!

f:id:nba-iwantsomenasty:20190707135847j:plain

Bertansに感謝しろ!! 

Rich Paul & Morris !!

 

 

画像引用元:https://twitter.com/BR_NBA/status/1147619256135106560?s=19

 参考記事:

Remaining 2019 Free Agents - Analyzing the League

 

【スポンサーリンク】