SPURS-GYM : NBA,スパーズ&筋トレ情報届けます.

NBA、SPURS(スパーズ)応援ブログです.NBA&筋トレ情報をお届けします。ファン歴18年。

【スポンサーリンク】

パートルは飛躍の年となるか?似ている選手とは?

広告

スポンサーリンク


f:id:nba-iwantsomenasty:20190925143840j:image

 

スパーズ唯一の純正センター

スパーズはギアをシフトしています。このチームは、多才なガード陣を要しており、ゲームペースを上げる準備ができています。

 

スパーズ2年目のセンター、ヤコブ・パートルはまさにそれを行うのを助けることができます。

 

 

スパーズがトランジションオフェンスを改善するために、今シーズンパートルが注力できる2つの分野があります。

 

それは、相手に厳しいショットを撃たせること、ボックスアウトです。

 

幸いなことに、パートルはすでに両方のリーグで最高の選手の1人です。

 

 

パートルは多彩なガード陣を輝かせるトランジションゲームを改善するのを助ける重要な役割を担います。

 

お手本になるインサイドプレイヤー

 

それを体現している選手がいます。

 

それは、サンダーに所属するスティーブン・アダムスです。

 ãsteven adamsãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

RingerのDJ Fosterは、サンダーのスティーブン・アダムスがスーパースターのチームメイトを解放するために、ダーティワークを受け入れたことを称賛する記事を書きました。

 

アダムズはサンダーが高いレベルでプレーするために、ささいなことをしなければならないと理解していました。

 

チームが成功するために、数字に残らない地味な仕事(スクリーン・ボックスアウト・スペースの確保)を引き受けました。

 


Steven Adams Is an Underrated BEAST!

パートルとアダムスは、すでに比較的似たスタイルのプレイヤーです。

 

両方とも彼らの役割を知っており、リバウンド力があるビッグマンです。

 

またシュートレンジを伸ばす気がありません。

 

ピック以外はペイント範囲内に留まり、チームメイトを輝かせることを選択しました。

 

ショットを競い、ボックスアウトをしっかりこなし、ボールを相手に触れさせないように他のプレーヤーにディフェンスリバウンドを確保させています.

 

アダムズの自己犠牲により、サンダーはオフェンスをはるかにスピーディーに行うことができます。

 

このスタイルのプレーを受け入れることは、すでにパートルが行っていることですが、今シーズンさらに力を入れることで、他の選手がよりプレーしやすくなります.

 

心強いのデータが!

 

昨シーズン500分以上出場したプレーヤーの中で、パートルは36分換算でボックスアウトのリーダーの1人でした。

 

パートルは36分あたり平均10ボックスアウトで、アダムスは9.7ですぐ後ろを追います。

 

同じ選手グループの中で、パートルは再びコンテストショットで非常に高いランクにランクされました。

 

36分に19.3回ショットを争い、リーグで7位に入った。

36分あたり15.6ショットを争うアダムズに対してアドバンテージを持っています。

 

ゴール下でダーティワークをしっかりこなしていることが数値で表されています。

 

アダムスのチームへの貢献度

 

アダムズのダーティーワークの成果は明らかです。

 

サンダーはアダムスを2013年にドラフトして以来、常にゲームごとのブレークポイントでトップ5に入っています。

 

 

今、これらのランキングは、ラッセル・ウェストブルック、ポール・ジョージ、ケビン・デュラントのようなプレーヤーの存在なしには不可能だったでしょう。

 

しかし、アダムスに敬意を払い、彼の自己犠牲と献身的なプレイスタイルは、彼らの偉大さを輝かせる余地を与えました。

 

 

ラスのシーズントリプルダブルはアダムス無しでは不可能

 

興味深いデータがあります。

 

ウェストブルックは、アダムスがいないとディフェンシブリバウンド率が大きく低下します。

 

アダムス有:

ディフェンシブリバウンドの29.5%、トータルリバウンド16.6%を獲得。

 

アダムス無:

ディフェンシブリバウンドの24.3%、トータルリバウンドの13.9%を獲得。

 

NBA.comによると、アダムスはゲームごとのボックスアウトでNBAで3位であり、今シーズンのリバウンドチャンスで6位になっています。

 

ウェストブルックは、ゲームの平均4回以上のリバウンドを記録した選手の中で、2番目に低い競合リバウンド率(16.7%)を持っています。

 

これは、競り合いなしでリバウンドがとれることが多いことを意味します。

 

アダムスのボックスアウト、落下地点のスペース確保が功を奏していますね。

 

 ▼ ガードがリバウンドを取った方がトランジションが早くなります。


How Russell Westbrook Racks Up 10 Rebounds Per Game

 

 

 

パートルが、若いガード陣を輝かせるために110%の努力をしても、スパーズが速いブレークポイントとペースでトップ5に昇格することはないでしょう。

 

しかし、ダーティワークの仕事を続け続けることで、パートルは両方の分野でスパーズの改善を助けることができます。

 

今年、彼はグラインダーとしての役割をさらに取り入れることで、スパーズのアスレチックガード達がオフェンスでハイライトを連発することができます。

 

めったに気づかれませんが、非常に高く評価された役割です、スパーズはパートルを獲得出来て幸運です。

 

 

www.spurs-gym.work

 

非常に意欲が高くスパーズが気に入っているようです。

献身性、ダーティワーク期待しています!

 

 

 

 

 引用記事・画像:

How Jakob Poeltl can help kick-start the San Antonio Spurs offense


twitter.com

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

【スポンサーリンク】