Web
Analytics

SPURS-GYM : NBA,スパーズ&筋トレ情報届けます.

NBA、SPURS(スパーズ)応援ブログです.NBA&筋トレ情報をお届けします。ファン歴18年。

【スポンサーリンク】

GAME 52 VS @キングス

スポンサーリンク


f:id:nba-iwantsomenasty:20200210093521j:image

 

プレーオフ争い中のキングス

 ロードトリップ4戦目はキングスとの対戦です。

前回の対戦ではOTの末勝利しています。 

 

 

 

www.spurs-gym.work

 

 

 

試合結果

4連敗。

長いトンネルは続きます。

f:id:nba-iwantsomenasty:20200209155420j:image





 

BOX SCORE

 

 

  

 

試合経過&印象

 前半はミドルレンジを中心に得点を重ねてリードしますがセカンドユニットが踏ん張れずリードを広げられます。マレーが連続得点してリードを縮めて3点ビハインドで前半を終了します。

 

後半はフォーブスの3Pで6点リードを奪いますが、ヒールドとベイズモアの3Pを止めることが出来ず15-2のランを許します。 4Q中盤 までに15点のリードを許します。 その後もキングスの流れを止めることができず、 ガベージタイムに入り 敗れました。

 

 

ディフェンスの崩壊が止まらない

 

 前の試合と比較しディフェンスを オールスイッチにする対応を増やしていましたが、 裏目に出ました。

 

ヒールドやボグダノヴィッチ、ビエリツァなど躊躇なく外から打ってくるプレイヤーが多いキングスは、 わずかなディフェンスのズレを見逃しませんでした。

 

シールドには3P9/10いう驚異的なアウトサイドからの得点を許しました。

 

タフショットも多い中この確率で決めてくるのはさすがでした。

 

マンツーマンで守れないのが痛いです。

 

 

マレーとホワイト以外にヒールドのクイックリリースの3を止める選手はいませんでした。

 

ルディの不調

ここ数試合ルディの不調が目立ちます。 アウトサイドシュートが全くと言っていいほど入らず、 クイックネスがある相手に対しては、抜かれる場面が多く見られます。

 

昨年までは好調を維持していただけに非常に心配です。

 

 

 

マレーとライルズは好調

 

マレーは ミドルレンジアウトサイドから積極的にショットを放ちチームハイの18点を記録しました また、来月も積極的にドライブインやアウトサイドシュートを話す機会が増えて、 チームの戦術にフィットしてきているようです。

 

この連敗中はデローザンとオルドリッジがボールを持つとボールムーブが止まる傾向が多いため、もう少しパスを増やしてもいいかもしれませんね。

 

後はパートルが出場した試合ではチームで1番攻守で良いデータが出ています。

 

出場時間が短いのが本当に謎です。

 

 

 

 

次の試合

2月11日にアウェイでナゲッツとの対戦です。

ウエストの強豪チームとの対戦が続きます。

 早く連敗を止めたいところです。

 

順位表

 

引用記事・画像:

Twitter Spurs


twitter.com

 

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO