スポンサーリンク

ルディ・オルドリッジ:「今は3Pでチームに貢献する」

f:id:nba-iwantsomenasty:20191231073110j:image

スポンサーリンク

頼れるベテランコンボフォワード

 

ルディ・ゲイは復調の兆しを見せています。

昨シーズンと比較してディフェンス評価・FG%が軒並み低下して、苦しいシーズンを送っていました。

アスレチック能力の低下が指摘されていました。

 

また3P成功率が昨年の40.2%から30.2%に落ち込んでいましたが、ここ2試合は非常に安定してアウトサイドシュートを決めています。

 

マブス戦では26分の出場で18P,3P成功率4/7を記録しました。8リバウンドを獲得してディフェンスでも貢献しました

 

昨日のピストンズ戦では20分の出場で16P,3P成功率4/7と、ベンチから素晴らしい活躍をしています。

 

 

ルディはピストンズ戦の後、インタビューに答えました。

 

私たちはチームをどのように助けることができるかを考えているところです。今はアウトサイドシュートです。それがリーグのあり方であり、私やLAのようなプレイヤーは、フロアスペースを空けてチームを助ける方法を学ばなければなりません。あと我々がやろうとしていることとして、ディフェンスを立て直さないといけない。

  

 

と語っています。

 

オルドリッジは

NBAのゲームは間違いなく変わったよ。20(ポイント)と10(リバウンド)を獲得し、リムにパワーダウンする昔のゲームではない。今では多くのスリーを決めて、パスができるビッグマンが増えているよね。近年のビッグマンの成長の一部であるし、それをやろうとしているよ。間違いなくもっとできることを探して、プレー内容を少しプログラムし直そうとしている。1試合にスリーを3~4本決めることが出来れば最高だね。

と語っています。 

 

昨シーズン3P成功率は23.8%(10/42)でしたが、今シーズンは40.4%(23/57)を記録しています。

 

ルディとオルドリッジは3Pを打ち続けることを約束しました。

 

ホワイト、デローザン、マレーとドライブを多用する選手が多いので、フロアスペースを広くすることでよりドライブが効果的になり、パスアウトでスリーが打てます。

 

 

 

ルディはすぐに以前のようにアイソレーションでの決定力、安定したシュートタッチ、サイズを生かしたディフェンスを取り戻すことで、スパーズはより一貫性を持ちオフェンスでミスマッチを作り、ディフェンスで優位に立つことが出来ます。

 

期待しています。

 

 

 

   


 

 

 

引用記事・画像:

Twitter Spurs

Spurs’ Gay ready to keep firing away from long range – San Antonio Express-News

Inside Rudy Gay’s Struggles and Possible Breakout Performance

twitter.com

 

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

コメント

  1. しょー より:

    やっといい変化がおきてきましたね。ここ最近は3のアテンプトが30くらいになってきたので、この数字を維持できれば得点効率はかなりあがると思うので、期待できそうです。8位に食い込んだので、ここから調子を上げていきたいですね!

  2. nba-iwantsomenasty より:

    コメントありがとうございます。
    やっとオフェンスを修正していきましたね。いい傾向ですね。ディフェンスの効率も上がってきたのでこれからにも期待です。

タイトルとURLをコピーしました