トレード期限が終了。スパーズに動きはあったか?

f:id:nba-iwantsomenasty:20200207130052j:image

スポンサーリンク

トレードデッドラインが終了

日本時間2月7日 午前5時に NBA のトレードデッドライン が締め切られました。

 

今年のデッドラインではスター選手がにもトレードがありました。

 

ウォリアーズの

ディアンジェロラッセル

ティンバーウルブズの

アンドリュー・ウィギンス

グリズリーズの

アンドレイグダーラ

ロケッツの

クリント・カペラ

ピストンズの

アンドレ・ドラモンド

など 多くのトレードがありました。

 

詳しくはBFIJさんに載っていますので ご参照ください。

 

トレード期限の動きまとめ 2020 | Bulls Fan in Japan

 

スパーズの移籍は?

 

2014年からシーズン中のトレードは行なっていないスパーズですが、今シーズンは成績不振により、積極的なトレードの動きがあるのではないか?と噂されていました。

 

 

今シーズンはトレードはありませんでした。

 

 

トレードをする気があったが、魅力的なアセットがなくてためらったのか、そもそもトレードをする気がなかったのかはわかりませんが、 今シーズンは今のメンバーのまま行くことを決断しました。

 

キャロルの起用法をどうするか分かりませんが、せっかくオフに獲得した戦力なので、是非利用していただきたいところです。

 

また現在の契約の状況ですが、 2年後には デローザン、オルドリッジ、ルディ、パティなどメインの選手の契約が終了します。

 

 

特にデローザンの来年度の契約はプレイヤーオプションとなっていますので、

 

POを破棄してFA になるか

 

 POを行使して来年まで残留するか

 

サイン&トレードで移籍するか

 

新たに長期契約を結ぶか

 

様々な選択肢があります。

 

どれを選択するかによってチーム作りが大きく変わりそうです。

 

今はとにかくプレーオフを目指してチーム一丸となって頑張って欲しいですね。

 

とりあえずロードトリップを無事に乗り切りましょう。

 

 

 

   


 

 

 

引用記事・画像:

Twitter Spurs

twitter.com

 

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました