サマーリーグ2022初戦 キャブス | 【NBA】SPURS-GYM

サマーリーグ2022初戦 キャブス

スポンサーリンク
SPURS

今日はスパーズのサマーリーグ2022が開幕しました。

計4試合が開催され、 勝率を元に決勝トーナメントが行われます。

初戦はキャブスとの対戦です

試合結果

黒星スタート

試合総評

スターターはウッダード以外19歳と非常に若い 選手たちが揃いました。

試合全体の印象としてはウェスリーやプリモを中心に試合を組み立て、前半はリードを奪う場面もありましたが、後半はインサイドを中心に攻められリードを広げられると、最後まで追いつくことができず敗れました。

メンバーが非常に若いこともあり連携が噛み合わない場面もありましたが、印象的な活躍をした選手がいました。

今年のドラフト25位指名のブレイク・ウェスリーは 積極的なリムアタックからオフェンスを組み立てました。

チームハイの20ポイントはあげました。

ファーストステップが非常に早く、ドライブで相手のディフェンスをうまく崩していました。

アウトサイドシュートも高確率でチームのオフェンスの中心となりました。

フィニッシュではブロックされることが多かったですが、 その積極性をルーキーの時点で身につけているのは非常に頼もしいです。

また2年目のプリモは落ち着いたゲームメイクと、精度の高いアウトサイドショットでウェスリーと共にチームを牽引しました。

20ポイントを記録しました。

3Qまではチームメイトを生かす方を優先しキックアウトを多く使用していましたが、クラッチタイムに入ると自分でオフェンスクリエイトして、次々とアウトサイドショットを決めて点差を大きく縮めました。

一年の経験は大きかったようで、余力を残してプレイが出来ていました。

後はペリメーターからのややタフなミドルレンジショットが多かったので、ペイントエリアまでドライブでスムーズに侵入することができれば、かなり面白いシーズンとなりそうです。

ドラフト20位指名のルーキーのブラーナムは、ややシューティングに苦戦して周囲に遠慮をするようなプレーが目立ちましたが、後半になるにつれて徐々に持ち味を発揮し、アウトサイドを中心に積極的に得点を重ねていました。

15ポイントを記録しました。

まだ初戦なので、選手たちのパフォーマンスはまだ未知数なところが多いですが、失敗してもいいのでどんどん積極的にプレイして学んでいってほしいですね。

久しぶりのスパーズの試合楽しかったです。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました