SPURS-GYM : NBA,スパーズ&筋トレ情報届けます.

NBA、SPURS(スパーズ)応援ブログです.NBA&筋トレ情報をお届けします。ファン歴18年。

【スポンサーリンク】

Merci TP9!

広告

スポンサーリンク

f:id:nba-iwantsomenasty:20190612100740j:plain
NBA.comより

スパーズ王朝を支えたBIG3の一人、トニーパーカーが現役引退を決断しました。

昨シーズンのNBAチームは元SpursアシスタントコーチのJames Borregoの下でシャーロットホーネッツでプレーしました.

37歳のパーカーはもう2シーズンをプレイするのに十分な体調が良いと感じているが、彼の心の中では引退すべきだと感じた。

多くの成果を残してキャリアを終えました。将来のバスケットボールの殿堂入り確実の選手として名を刻むでしょう.

2001年のNBAドラフトでサンアントニオ・スパーズに28位指名され入団したパーカーは、以前は20シーズンをプレーすることを目標としていたと語った。


ParkerはTim DuncanとManu Ginobiliと共にスポーツ史上最高のBIG3を形成しました。

グレッグ・ポポビッチ監督の下で、彼らはサンアントニオで一緒に4つのチャンピオンシップを勝ち取りました、

そして、パーカーは2007年にNBAFinal MVPを手にした最初のヨーロッパのプレーヤーになりました。

パーカーは6回のオールスター選出、1,254ゲームでプレーし、
キャリア平均15.5ポイント、5.6アシストと2.7リバウンドを記録しました。



Tony Parker's Greatest Moments with the San Antonio Spurs



パーカーは、次のように述べています。
「しかし、結局のところ、トニーパーカーになれなくなって、チャンピオンシップを狙えないなら、もうバスケットボールをしたくない。」



 


時々歴代最強のガードは誰かという論争があるときは、及ばなかったが、別にモチベーションにもならなかった.
けどポール、キッド、デロン、ナッシュよりも多く優勝リングを持っているポイントカードだ。


パーカーは、退職後のサンアントニオでの生活を計画していますが、フランスのプロバスケットボールクラブ、ASVELのオーナー兼社長としてフランスで過ごす予定です。

彼はまた、今年後半に出身地のフランスのリヨンにあるインターナショナルスクールのTony Parker Adequat Academyも開校します。




以下はパーカーの引退後のインタビューの記録をまとめました。

パーカーらしい、勝利にどん欲な姿勢がみられますね!

いつあなたがもうトニーパーカーになれないことに気づいた?

昨シーズンは私にとって非常に異なっていました。私はシャーロットで素晴らしい時間を過ごしました。これはSpursとの17年後の私にとっては非常に異なります。
それで、私は時間が変わったことを知っていました、そして私は非常にノスタルジックです。

そして、サンアントニオに戻って家族から離れていることも、(引退に)少しの役割を果たしていたので、私は先に進むべき時だと結論を出しました。私は私の人生に素晴らしいものがたくさんあります。美しい家族、子供たちです。だから私は彼らともっと時間を過ごしたいと思った。


あなたがそれを考え始めた瞬間はいつ?

今シーズンのラストゲームです。


SpursとHornetsでプレーすることの違いは何ですか?

Spursでプレーし始めた17年間、毎年優勝するチャンスがあると本当に思っていました。それで、チームが到達できたのはとても奇妙でした。

ホーネッツでは今まで優勝争いを毎年行っていたので,「我々はチャンピオンシップを勝ち取るつもりはない」という奇妙な境遇に感じました。

シャーロットの選手たちは、素晴らしい人たちでしたが、たとえ私が素晴らしい時間を過ごしていたとしても、私がチャンピオンシップのためにプレーしないならば、私はどうして私達はプレーしているのでしょうか?

だからこそ、自分が大好きなゲームに集中してやる気を起こさせることが精神的には非常に異なっていたのです。


NBAとそのファンは、今シーズン、Dirk NowitzkiとDwyane Wadeに輝かしいキャリアを送って別れを告げました。あなたはどういった別れを告げたいですか?

全然ない。私の兄が「あなたはDwyaneやDirkのようにやりたくないのか?」と聞いてきたので私は言った、「いいや、スパーズのジャージを着てないから違うよ」と。
Dwyaneはマイアミジャージでそれをやった、Dirkはダラスジャージだったので、それは彼らのキャリアを終わらせるための素晴らしい方法でした。
しかし、私にとっては、Charlotteと一緒にいたのでちょっと違っていたので、別れをする必要があるとは思わなかった。

私にとってはジャージが(サンアントニオで)引退するか、または私が殿堂入りするときです。


あなたは今までの選手人生についてどう思いますか?

私は素晴らしいチームメイトと素晴らしいコーチと共に素晴らしいチームのためにプレーしたことを非常に祝福しています。我々が持っていたものは非常に特別でした。そして、その一年中シャーロットで、私たちが(サンアントニオで)持っていたものがとても特別なものであることに気づいたので、それは面白いです。私たちはチームメイトとしてとても親密でした。

そして今日でも、2日前のように、私はティミーとマヌとテニスをしていました。私たちは昔のことを話していました、そしてあなたはただそれがどれほど特別であったかを理解します。
それは一緒に17年とすべての勝利であり、そしてプレーオフの歴史の勝利とベストトリオ、すべての記録の点で最高であることです。今、私は私たちが成し遂げたことすべてを少し実現し始めています。


Tim DuncanとManu Ginobiliは、近年引退しましたが影響した?

それは少し影響を与えました、しかし同時に、私は20シーズンをSpursでプレーするつもりだったと思いました。しかしティミー、マヌと話すことは、ちょっと助けになりましたし準備ができていました。
けどティミーとマヌはプレーしていませんし、それは同じ条件ではありません。

そしてテニスで打ち負かして、そして一緒にもっと時間を過ごすのを待つことができない!



どのようにあなたは3人が記憶されると思いますか?

私たちはいつも一緒に覚えられているのです。しかし、その瞬間を彼らと共有することは素晴らしいことでした。
それはクレイジーです。私たちは3つの異なる背景から来て一緒に来ました。そして、Timmyのが引退し、
それからManuが引退するのを見るのは…Manuのジャージの引退に行くのは非常に感情的でした。その瞬間を彼らと共有できてうれしかったです。


あなたの引退の日はどのようなものになると思いますか?あなたはそれについて考えましたか?

いいえ。知りません。想像するのは難しいでしょう。
しかし、その時代にビッグスリーを祝うことができるのはこれが最後になるでしょう。
ですから、皆さんにとって特別な夜になることを願っています。


ポポビッチ監督に言った?

そう、ポップコーチに言った。会いに行った。


それで、ポップはあなたを連れ戻そうとした?

いや、いや、いや。


あなたの体はどのように感じる?

すばらしいです。あと2年は簡単にプレーできます。物理的には、特にバックアップであるという役割で、私は元気です、そしてJBは今シーズン私を管理しました。あと2年は簡単にできます。

しかし、私にとっては、ただプレーするだけではプレーしたくないし、そのようなバスケットボールをすることもありません。私はお金でバスケットボールをしたことがないし、ただ楽しむためにバスケットボールをしたこともない。私は勝ちたい。


引退後はどのような生活を?

私は忙しくなるでしょう。フランスのASVELに所属する女性チームが優勝したばかりなので、初優勝を迎えます。
私の男子チーム、うまくいけば我々は決勝に出ます。ASVELはリヨンにあります。それはフランスで二番目に大きい都市です。私は2014年からチームを所有していたので、それは大きなプロジェクトであり、そして私たちは来年ASVELでEuroLeagueに入るつもりです。

それから私のアカデミーは9月に開校するので、それは私のインターナショナルスクールになるでしょう。
だから私の国に恩返しをし、若い世代に恩返しをする私の方法です。それで、私は新しいプロジェクトにとても興奮しています。


故郷フランスに帰りますか?

いいえ、サンアントニオに住むつもりです。私たちはサンアントニオに住んでいます。これからも間違いなくサンアントニオに滞在するつもりです。
私は19歳でここに到着し、彼らは私を受け入れました。彼らは私を彼らの息子のように扱いました。家族です。
けどしばらくは旅行に行く予定です。





サンアントニオのファンはどうですか?

私はいつも素晴らしい思い出があるでしょう、皆さんは知っています。ホーネッツと一緒に戻ってきた1月14日の日を覚えています。彼らがそのゲームを通して示した愛は信じられないほどでした。私はジャージが引退しているような気がしました。信じられないほどでした。
いつも彼らがNBAの最高のファンだと言っています、そして我々は一緒に4つのチャンピオンシップを獲得しました、そして、私はいつも覚えているでしょう。



Tony Parker's Emotional Return To San Antonio | January 14, 2019


振り返ってみると、あなたはシャーロットに行ったことが嬉しいですか、それともスパーズと再契約を望みますか?

いいえ、私はシャーロットに行ったことがうれしいです。それはすごい経験だった。私は何人かのすばらしい人々に会いました、そして、私に機会を与えてくれたマイケル、そしてGMのミッチ・クチャックとJBに本当に感謝します。それは素晴らしい時間でした。みんな素晴らしかった。いいえ、私は何も後悔していません。なぜなら、私は本当にプレーしたかったし、まだプレーできることを本当に示したかったからです。私は良いシーズンを過ごしました。私は健康でした。



プロバスケットボールチームのオーナーになるのはどうですか?

大好きです。ビジネス面、マーケティング、人々をどのようにアリーナに参加させるか、デジタルチームと協力し、ファンのためのアリーナでの経験をどのように改善できるかについても取り組んでいます。

そして私はバスケットボールのフロントも大好きです。特にスカウト、若い男を見つけること。

私のチームのポイントガードであるTheo Maledonは来年トップ10のドラフトピックになるでしょう。彼は花を咲かせている、私はグローバルなビジョンが好きです。


振り返ってみると、28位指名からチャンピオンシップチームのスターターまで、これを夢見たことさえありますか?あなたが初めてリーグに入ったとき、あなたの期待は何でしたか?

私のキャリアは私が子供の頃に持っていたどんな夢よりも優れていました。
私が初めてNBAに到着したとき、私は「私が良いプレーヤーになれば、良いバックアップガードになれば満足する」と思った。NBAに参加できて嬉しかったです。
私はNBAのスターターで一番若いポイントガードになる、またはNBAファイナルMVPになる最初のヨーロッパ人になるとは思っていませんでした。
私はそれについて夢を見たことがない。


フランスやヨーロッパにどのような影響がありましたか?

DirkとPau [Gasol]に良い影響を与えたと思います。デビュー後、ブレイクしました。現在、NBAには80人以上の国際選手、12人のフランス人がいます。だから私はいつもそれを真剣に考えていました。
フランスのバスケットボールの大使であることの私の役割だと思います。

あなたのキャリアで最大の思い出は何ですか?また最大の失望は?

私の最大の思い出はフランスのバスケットボール史上初めて2013EURO選手権で金メダルを獲得したこと,4つのチャンピオンシップ、そしてフランス代表チームとの金メダル。

最大の失望?私は2013年にマイアミとのファイナル第6戦です。
それからフランス代表チームで2005年にギリシャと対戦した時です。40秒で7点差を逆転され、試合に負けました。最初の金メダルを手にいれたかもしれない。それが2つの最も困難な失望です。


ヒートに負けたことについてもっと話すことができますか?

ええ、それは辛かったです。私たちは敗北を糧にして、2014年に優勝を勝ち取った。連続してヒートにチャレンジする絶好の機会でした。そして我々はビューティフルゲームをみせて2014年に彼らを破った。


人々はSpurs王朝について何を学ぶことができますか?

私たちには自我がなく、お金に影響を与えませんでした、ご存知のとおり、私たちの王朝。


何が一番恋しいですか?

勝利。勝ちたい気持ちは年をとることは決してないので、優勝したチャンピオンシップが誰かにあなたの気持ちを説明するのは難しいので、私の女性チームと一緒に勝ったのはうれしい理由です。

プレーヤーとしては、チャンピオンシップを勝ち取ることは素晴らしいことでした、
そして今チームのオーナーとして、すべてをゼロから構築するとき、私は幸せです。私の経験、チャンピオンシップは決して古くなることはありません。


引退した今、今後何をするつもりですか?

たくさんありますが。まずはスキー。私はスキーをしたいです。



お疲れ様でした。


小さな体で果敢にドライブインしペイント内へ進入して放つティアドロップは、ビッグマンたちを弄びました。

間違いなくスパーズ最強のポイントガードです。永久欠番の式典が楽しみです。

ポポヴィッチ監督から特に厳しい指導を 受けていました。その意志を継いで勝気な性格なので指導者として特に力は発揮すると思います。
将来またスパーズに指導者として 戻ってきてほしいです。

ビッグスリーが全員いなくなってしまい寂しいですが、その意思は脈々と若手選手達に受け継がれていくでしょう。


パーカー最高!!


Twitterやっています↓
twitter.com



引用元:
theundefeated.com


#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#トニー・パーカー

【スポンサーリンク】