ドレイモンド「ウェンバンヤマはDPOYにふさわしい」

  • URLをコピーしました!

ビクター・ウェンバンヤマはNBAで異例の選手として毎試合で才能が発揮されています。

ウェンバンヤマがNBA入りして以降多くの選手が賞賛しています。

最近賞賛したのはGSWのパワーフォワード、ドレイモンド・グリーンです。

以前からウェンバンヤマを称賛するコメントがありました。

あわせて読みたい
ドレイモンド「ウェンバンヤマはNBAでTOP20に入る」 ゴールデンステート・ウォリアーズのフォワード、ドレイモンド・グリーンは、物議を醸す発言や論争には慣れていますが、今回は当たっているかもしれません。 グリーンの...

グリーンは、ウェンバンヤマのオールラウンダーさと彼と対戦する難しさを強調し、同時にディフェンス・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞すべきだと述べました。

デンバー・ナゲッツ戦での9ブロックのパフォーマンスなど、彼が常に破格のディフェンススタッツを記録していることを考えると、納得の内容です。

また、ウェンバンヤマは6つ以上のブロックと6つ以上のアシストを記録した4試合をプレーしており、NBAの他の選手が合わせて3試合しか達成していません。

さらにウェンバンヤマは7つ以上のブロックと7つ以上のアシストを記録した2試合をプレーした唯一の選手です。

これは攻守ともに優れた能力を示す証拠です。

ウェンバンヤマのディフェンス能力を測るには、今シーズンのスタッツを見るだけでわかります。

ウェンバンヤマの平均10.5リバウンド、1.3スティール、そして1試合あたり3.5ブロックという印象的なスタッツは、DPOY賞の強力な候補にしています。

ウェンバンヤマは2度のMVPニコラ・ヨキッチに対しても優れたパフォーマンスを披露し、9ブロックを記録し、クアドラプル・ダブルをほぼ達成しました。

これらの顕著な業績は、彼が名誉ある賞にノミネートされるのを正当化しています。

初年度にこの栄誉を獲得するのは難しいかもしれませんが、ROYに値するかどうかについての議論は今では解決しました。

時間の経過とともに、ウェンバンヤマはチェット・ホルムグレンの間に隔たりを作り出し、ウェンバンヤマの規格外の能力と競争するのがどれほど難しいかを示しています。

以下は「The Draymond Green Show」のフルエピソードをご覧ください。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

人工甘味料不使用でおいしい!

【MAD PROTEIN(マッドプロテイン)リッチチョコレート味!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次