プリモの問題行動の詳細が発表。~各当事者の主張は?~ | 【NBA】SPURS-GYM

プリモの問題行動の詳細が発表。~各当事者の主張は?~

スポンサーリンク
SPURS

スパーズとジョシュ・プリモは、元チームの臨床心理士であるヒラリー・コーゼン博士がプリモに局部を露出されたと告発されました。

コーゼン博士が解雇されるまで行為が続いていたため、チームが彼女を守れなかったと訴えたことで訴訟に直面しています。

今回は被害者の主張、プリモ側の主張、チームの主張と分けて、できるだけわかりやすく解説します。

コーゼン博士の主張

トニー・バズビー弁護士はプリモがコーゼン博士のカウンセリング中に何度も局部をさらしたとして告発しました。

時系列に分けて紹介します。

  • 個人セッション中に合計9回も露出していた。徐々にエスカレートしていた
  • 2021年12月のセッションで最初の露出があった。
  • 2022年1月にブライアン・ライトGMに面談を依頼するも、3月まで延期された。
  • 3月に面談をして問題行動を指摘して対処を求めた。
  • しかしその後もプリモとの個人セッションで問題行動は変わらなかった。
  • ライトGMは「どんな結果を望んでいるんだ?」と尋ねられた。求心力はなく信用できなかった。
  • 2022年5月にスパーズ組織の法務チームと連絡を取り、弁護士を通じて調査を依頼した。
  • 彼女は調査が行われることを保証され、プリモとセッションを続けるように言われた。
  • 仕事を失いたくなかったので、何かが行われることを望んだが行為は続いた。
  • その1週間後に調査結果を尋ねたが、プリモのチーム活動は継続すると返答。
  • 加えてコーゼン博士の対応を疑問視され、在宅勤務へと配置転換された。
  • 2022年6月にコーゼン博士はプリモと建設的なミーティングをしたいと要望を出す。
  • スパーズ組織はコーゼン博士の今までのプロセスに疑問を持ち信用を失った。
  • スパーズ組織からプリモと連絡を取らないように通達された。
  • 2022年7月にコーゼン博士は法務チームへ再度不満を伝え、変化と調査結果を求めた。
  • 2022年7月に行われたサマーリーグに同行できない状況となった
  • 2022年8月にチームはコーゼン博士と契約更新せず解雇となった。
  • ラスベガスとミネソタでもほかの女性に暴露していた

私は率直に話し、助けを求め、選択肢を与えました。しかし私の声は届かなかった。ジョシュ・プリモの行動は、明らかに通常の範囲をはるかに超えており、許容できる範囲を超えています。彼の行動は良心に衝撃を与えた。またスパーズの行動、彼らがこの問題を処理した方法はひどく、まったく合理的ではありませんでした。スパーズが正しいことをするのに10か月かかったが、それは長すぎます。プリモ氏に対するわいせつな暴露の複数のケースに対して刑事告訴が提出される予定であり、当局が起訴することを期待しています。

ヒラリー・コーゼン博士

弁護士とコーゼン博士は、これらの組織の他の従業員よりも選手を優先することに関して、スパーズ、NBA、およびその他のスポーツ組織内で変化を望んでいると強く主張していました。

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

プリモの主張

プリモの弁護士であるウィリアム・J・ブリッグス氏はコーゼン博士の主張はひどいでたらめだ、と強く非難しました。

  • コーゼンの主張は「完全な捏造、大げさな装飾、または完全な幻想」
  • ショーツからはみ出ていただけで意図的に露出していない
  • コーゼン本人からプリモへ陰部が見えていることを1度も指摘していない
  • 子供の時に受けたトラウマを今回の指摘でさらに助長させた。
  • プリモのNBAキャリアの道を鈍らせたのはコーゼン博士本人

ジョシュ・プリモはまだ19歳のNBAプレイヤーで一生のトラウマと課題に苦しんできました。彼は自分の金銭的利益のために醜い固定観念と人種差別的な恐怖に訴えていて、コーゼン博士の犠牲になっているわけではない。40歳のコーゼン博士は、ジョシュ・プリモが彼女の数多くの治療セッションの過程で彼女に自分自身をさらしたと誤って主張している。若いクライアントに対する裏切り行為だ。

ウィリアム・J・ブリッグス氏

コーゼン博士のでたらめな主張により将来有望な青年のメンタルヘルスをさらに傷つけた、その罪は重いと主張しました。

スパーズ組織の主張

サンアントニオ・スパーズはRC・ビュフォードCEOが声明を出しました。

時系列と詳細が異なるため、法的手続きを取る予定です。

法的の下に判断を委ねるようです。

個人的な感想

想定していた以上に組織を巻き込んだ大きな問題へと発展してしまいました。

どこまで真実なのかはわかりませんが、組織の対応に問題があったのはほぼ間違いないでしょう。

特にGMに関しては何かしらの責任が問われることとなるでしょう。

優れたカルチャーを持っているフランチャイズと信じていたので、残念な気持ちです。

スパーズが何を知っていたのか、いつ知ったのか、そしてどう対応したのかを証明して、しっかり膿を出し切ってほしいです。

一番願いたいのは、RCビュフォードCEOとポップが直前まで知らなかったことです。

かなり厳しい状況ですがコーチ、選手たちは試合に集中して取り組んでほしいですね。

双方ともに何とか解決してほしいです。

引用元:KENS5

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました