【1巡目指名予想】スパーズと面談&ワークアウトを実施した選手 | 【NBA】SPURS-GYM

【1巡目指名予想】スパーズと面談&ワークアウトを実施した選手

スポンサーリンク
SASコラム

6月20日にNBAドラフトコンバインが開幕しました。

最近メディアとのインタビューの許可が降りたため、各チームがドラフト指名候補の選手達とコミュニケーションをとっています。

スパーズもそのチームのひとつです。

スパーズは12位、41位で指名候補の選手たちとインタビュー、ワークアウトを実施しています。

情報が入り次第、随時更新していましたが、かなりの人数になったので1巡目、2巡目予想選手に分けました。

ここでは1巡目指名選手に着目していきます。

1巡目指名予想

カイ・ジョーンズ

ジョーンズはテキサス大学2年生で20歳のC/PFです 。

面談と個別ワークアウトを実施しています。

1試合あたり22.8分で平均8.8ポイントと4.8リバウンドを記録しました。

今週のコンバインで7’1.75の ウイングスパン、 身長は6’11.5(靴あり)と測定しました。

優れた機動力を持ちサイズがある2wayプレイヤーになる可能性を持っています。

スパーズとのインタビューではスパーズのような素晴らしい組織の一員としてプレーしたい、と好印象を残しています。

またジョーンズは他にも13チームとも面談を行いました。

指名順位予想は11位から20位です。

キオン・ジョンソン

キオンジョンソンはテネシー大学1年生で19歳のSGです。

面談と個別ワークアウトを実施しています。

ジョンソンはテネシー大学の1年生として1試合あたり平均11.3ポイント、3.5リバウンド、2.5アシストを記録しました。

爆発的なアスレチック能力があり、 スコアラータイプのシューティングガードです。

先日のドラフトコンバインでの跳躍力測定で歴代記録を塗り替えました。

スパーズの他にも5チームと面談しています。

指名予想順位は6位から14位です。

コーリー・キスパート

キスパートはゴンザガ大学4年で
22歳のSF/SGのシューターです。

歴代最強クラスのゴンザガ大学の2ndスコアラー(18.6 PPG)でした。

キスパートは昨シーズンのNCAAでナンバーワンのシューターです。
1試合平均6.5本のスリーポイントシュートを放ち成功率は44%でした。

キャッチ&シュートプルアップからのシュートと多彩なシューティングのオプションを持っています。

指名予想順位は10位から18位です。

トレイ・マーフィーⅢ

トレイマーフィーⅢはバージニア大学3年生(21歳)で6’9″のウイングフォワードです。

トレイは1試合あたり平均11.3ポイントと3.4リバウンドを記録しました。

NCAAで最も正確なシューターの1人であり、2020-21のシーズン中に1試合あたり4.8回のスリーポイントシュートを放ち、3P成功率43.3%を記録しました。

先日スパーズとワークアウトを実施しました。

スパーズの他にもセルティックスとも実施しています。

指名順位予想は1巡目後半から2巡目前半です。

クリス・ドゥアルテ

オレゴン大学4年生24歳で6-6のシューティングガードです。

クリス・ドゥアルテは平均17.1ポイント、4.6リバウンド、2.7アシストを記録しました。

シュート力が高い3&Dで1試合平均5.5回のスリーを放ち、3P成功率42.4%を記録しました。

24歳という年齢もあり、完成度が高く即戦力に近いです。

オレゴンのトップスコアラーであっただけでなく、2021年にオールディフェンシブチーム、サードチームオールアメリカン、ジェリーウェスト賞を受賞しました。

指名予想順位は15位〜1巡目後半です。

トレ・マン

フロリダ大学2年の20歳で6-5のSG/PGです。

昨シーズン平均16.0ポイント、5.6リバウンド、3.5アシスト、FG成功率45%、3P成功率40%を記録しました。

爆発的な身体能力はありませんが得点能力が高く、コンボガードとして起用できる選手です。

指名予想順位は1巡目後半から2巡目前半です。

ジャーデン・スプリンガー

テネシー大学1年の18歳で6-4のコンボガードです。

2021年のドラフトクラスで3番目に若い選手です。

平均12.5ポイント、3.5リバウンド、2.9アシスト、1.2スティール、3P成功率43.5%を記録しました。

年齢も若く3&Dとして可能性を秘めた選手です。

指名予想順位は 1巡目後半から2巡目前半です。

アルぺラン・シェングン

トルコのスーパーリーグでJKベシクタシュに所属する19歳の6-9のPFです。

トルコリーグでは平均19.2ポイント、9.4リバウンド、2.5アシスト、1.7ブロック、1.3スティールを記録しました。

チームを19-11の記録に導き、リーグMVP賞を受賞しました。

ペースとスペースの時代と逆行して、ポストからの得点力に優れた選手です。

スリーポイントシュートはほとんど打ちませんがとハイエンドのポストパスがうまく、ドマンタスサボニスとニコラブーチェビッチと比較されます。

予想指名順位は10位から20位です。

アイザイア・ジャクソン

ケンタッキー大学1年で19歳、6-10のアスレチックなセンターです。

平均8.4ポイント、6.8リバウンド、2.6ブロックを獲得しました。

ウイングスパンが7-4あり、それを活かしたディフェンスとフィニッシャーとして優秀です。

ジャクソンは2021年にSECオールディフェンシブファーストチームとSECオールフレッシュマンファーストチームの栄誉を獲得しました。

オフェンス全般のスキルが乏しいです。

予想指名順位は10位から1巡目後半です。

JT・ソー

オーバーン大学1年の18歳で、6‐10のアスレチック能力が高いPFです。

平均9.4ポイント、5.0リバウンド、1.4ブロックを記録しました。

ドラフトコンバインで評価を上げた選手です。

7‐4のWSを持ち、機動力を生かしたディフェンス力とポテンシャルを秘めた選手です。

オフェンススキル全般がまだ粗削りです。

予想指名順位は1巡目後半です。

モーゼス・ムーディー

アーカンソー大1年の19歳の6-6のウイングです。

平均16.8ポイント、5.8リバウンド、1.6アシストを記録しました。

3&Dウィングとして優れたポテンシャルを持っています。、爆発性とハンドルが課題であり育成に少し時間がかかりそうです。。

アーカンソー大を1995年以来初めてエリートエイトに出場しました。

予想指名順位は10位~18位です。

デイビオン・ミッチェル

ベイラー大学3年の22歳で6‐2のPGです。

平均14.0ポイント、2.7リバウンド、5.5アシストを獲得しました。

ベイラー大学を史上初のNCAAチャンピオンシップへ導きました。

アンダーサイズですが好守に高いスキルを持ち、特にディフェンス力が高く即戦力と評判のPGです。

FTが少し苦手で年齢とアンダーサイズが懸念点です。

予想指名順位は7位~14位です。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

9月16日発売!ヤニス 無一文からNBAの頂点へ



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました