ジャイレン vs カイ〜どちらを指名すべき?〜 | 【NBA】SPURS-GYM

ジャイレン vs カイ〜どちらを指名すべき?〜

スポンサーリンク
SASコラム

2021年のNBAドラフトが間近に迫る中、多くのサンアントニオスパーズのファンは、12位指名権でチームが誰を選ぶかを推測しています。

スパーズの過去6回の1巡目指名権のうち4回は、6-5以下のガードでした。

サンアントニオがフロントコートの層の厚さを利用して、若いガードたちを導くことができることは周知の事実です。

それを念頭に置いて、ブライアンライトとチームのニーズを満たした上位2つのターゲットを見てみましょう。

テキサス大2年のフォワード、カイジョーンズとデューク大1年のフォワード、ジェイレンジョンソンは、サンアントニオがこのドラフトで探しているものにぴったり合う2つのプロスペクトです。

2人のプレーヤーは似たような特徴を持っていますが、スキルセットを使ってゲームに異なるものをもたらします。

オフェンスのオプションを増やすジョーンズ

カイジョーンズはエリートリムランナーであり、FG成功率58%を記録して運動能力と堅実なアウトサイドショットを披露しました。

ジョーンズのサイズとフィジカルなプレースタイルは、サンアントニオで魅力的な選択肢にしています。

2016-17年のドウェインデドモン以来、スパーズはジョーンズのような一貫したロブパスの脅威を持っていませんでした。

ケルドン・ジョンソンを彼のような別の高エネルギープレーヤーとペアにすることができることは、興味をそそるオプションかもしれません。

プレイメイクが魅力的なジョンソン

ジェイレン・ジョンソンは、ジョーンズよりもポイントフォワードとしてゲームにアプローチします。

デュークでの13試合で平均2.2アシストを達成し、チームメイトに良いショットを一貫して見つけました。

ジョンソンはまた、トランジションでボールをプッシュできる有能なリバウンダーであることを示しました。

ディフェンスではガードにもマッチアップできていました。

ジョンソンは2020-21年にジョーンズの半分のゲームしかプレーしませんでしたが、13アシストを記録し、ジョーンズより多くのポイント、リバウンド、ブロック、スティールを記録するペースでした。

18回の3ポイント試投数のうち8回(44%)をノックダウンしています。

デュークから早期離脱した彼のコミットメントは疑問視されるでしょう、
しかし彼の才能は否定できません。

ゾロ目の日セールは買い時!紹介コードPBY4-R1でさらにお買い得!

どちらがニーズを満たすか?

ロスターの適合性に関しては、スパーズはジョンソンのような多才なビッグウイングを追加するのにうまくいくでしょう。

ジョンソンはアスレチック能力も高くフィジカルも強いです。

さまざまな方法でゲームに影響を与える可能性のあるプレーヤーを連れてくることで、ジョンソンはヤングコアの他のプレーヤーとすばやくかみ合うことができます。

どちらのプレーヤーも、ローポストでクリエイトする能力についていくつか疑問符があり、どちらも洗練されたハーフコートゲームはまだできません。

しかし、デマー・デローザンがフリーエージェントを去ることを選ぶかもしれないという噂が渦巻く中、スパーズはプレイメーカーを必要とし、ジェイレン・ジョンソンはそのニーズに完全に適合します。

サンアントニオが12位を選んだときに彼が対応可能であれば、チャンスを与えることを検討するのが賢明です。

引用元:Air Alamo

【翻訳本告知】
10月28日発売!

『ケビン・ガーネット自伝 KG A to Z』

 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました