スポンサーリンク

2019-2020オースティンスパーズを振り返って

スポンサーリンク
SASコラム

2019-2020年は例年以上にオースティンスパーズに目が注がれたシーズンでした。

ビッグ3が引退した後の時代はアイデンティティーの不確実性と波乱の時代でした。

カウィレナードがトレードを去ってからの1年後、ファンは将来のスパーズ王朝のコアの選手たちの「成長の場」として熱視線を送っていました。


スパーズがドラフトした人が誰でもオースティンに送られるのは、NBAドラフト後のほぼ毎年のことです。

しかし、2019年のドラフトは、ティムダンカンが全体で1位指名をしてから、過去22年間で3番目に高い指名順位をもたらしました。


また2011年にレナード(トレード経由)とコーリー・ジョセフをドラフトした時に以来、2人の1ラウンドプレーヤーを追加したのも初めてでした。

ルカ・サマニッチとケルドン・ジョンソンがそれぞれ19位と29位で選ばれたました。

彼らのポジションと才能はサンアントニオでの必要なスペースに適合しますが、スパーズファンなら、彼らがオースティンに向かったことはすでに知っていました。

Project SpursのMichael De Leon記者は二人のドラフトプロフィールで次のように述べています。


「NBAのコンボフォワードとして、彼は体力とコンディショニングでやるべきことがいくつかありますが、彼にはたくさんの可能性があります。 」

との見通しではありました。

しかしジョンソンも即戦力というレベルではなかったため、リーグのベテランであっても、時間がかかると言われているスパーズのシステムを学ぶにはまだ時間が必要でした。


オースティンはこの2人と並んで、スパーズと2-way契約であるQuinndary Weatherspoon(2019 2nd-round)とユーバンクス(2018 UFA)、および2018 2ndのラウンドピックのメトゥの主要な拠点でした。


もちろん、オースティンのベテラン、ジェフ・レッドベターとジョーダン・グリーンもプレーしました。


他にも注目すべきロスターがあります。

大学のスター候補だったデドリックローソン、2019 NABC D-IIのプレーヤーオブザイヤーに選ばれたドールトン・ホームズ、そしてスコッティ・ピッペンの甥であるカビオン・ピッペン。


サンアントニオが現在の27-36の記録として残っているものに続き、ウエスタンカンファレンスの12位に沈んでいますが、オースティンでの進歩は、はるかに重要になりました。

Austin Spurs vs. Santa Cruz Warriors – Condensed Game


Gリーグは3月15日にその年の終了時にオースティンのシーズン結果を見てみましょう。

スポンサーリンク

シーズン記録


シーズンにはオースティンスパーズが24-18でフィニッシュし、ホームで12-9になりました。

WesternConferenceで3位の成績でしたが4.5位のクリッパーズ、レイカーズの下部チームほぼ同率の成績だったので変動した可能性があります。

トレード


ロスターは今年、いくつかの変更がありました。

2月の終わりに、オースティンはジョシュ・ヒュースティスのプレーヤー権利とエンジェルロドリゲスのためにリオグランデバレー・バイパーズ(ヒューストンロケッツの下部チーム)とトレードしました。


ポイントガードのロドリゲスは、オースティンでプレーした15試合のうち13試合をスターターとしてプレーしました。平均9点、4.9アシストを記録しました。

Angel Rodriguez (24 points) Highlights vs. Austin Spurs


1月にロドリゲスが戦力になったので、スパーズはもう1手を引きました。マットファレルをサンズの下部チームに送りました。

ここで注目に値するのは、現状の短縮されたNBAシーズンで、サンアントニオに呼び出される資格のあった5人の選手オがすべてNBAの試合に参加し、すべての新人がデビューしたことです。

チームスタッツ


1つの単位として、オースティンスパーズは、ディフェンス以外の分野で優れていました。

オースティンはGリーグ1位の平均27アシストを記録しました。FG成功率は2位の48.1%、フリースロー成功率は4位の76.5%でした。


チームはディフェンスに苦戦し、ディフェンス的格付けで18 位にランクされました。

不思議なことにチームのゲーム平均5.8ブロックはGリーグの4番目に適しています。


期待できるリーダーの一部と、あなたを驚かせる人もいます。


デドリック・ローソンは、オースティンの42試合すべてに出場した唯一の選手で、平均出場時間は約27分でした。フランチャイズでの彼の将来に希望を与えてくれました。


ケルドンは平均出場時間は30分でリーダーとなり、平均20得点でチームをリードして、ミッドシーズンの全Gリーグチームの選抜を獲得しました。


Galen Robinson Jr.は、ゲームあたり5.4アシストでトップのプレーメーカーであり、

メトゥは、ゲームあたり9.1リバウンドインサイドを支配しました。年間のダブルダブル平均をわずかに下回りました。

アウトサイドシュートは強力な武器ではありませんでしたが、レッドベターが3P成功率36.3%でトップでした。

NBAシーズンがまだ保留されているため、リーグプレーヤーが再開を押し進めているとしても、サンアントニオが前進するためのパズルのピースはオースティンだと確信できた、楽しいシーズンでした。


ケルドンはロニーのように飛躍し、 NBA で結果を残しつつあります。

ウェイトトレーニングを 熱心に行っているルカは、次のシーズンに 向かって突き進んでいます。

ユーバンクス(FA)、メトゥ(非保証型2020-2021)、ウェザースプーン(FA)で契約の決定を行う必要がある場合戻ってきますか?

リーグが再開と 来シーズンの展望が楽しみですね。


タイトルとURLをコピーしました