スポンサーリンク

マヌジノビリがNBA史上最高の2巡目指名選手に選出!

スポンサーリンク
SASコラム

Bleacher ReportのAndy Bailey 、NBA史上最高の2巡目指名選手ランキングのリストをリリースしました。サンアントニオスパーズのレジェンド、マヌ・ジノビリはトップの座を獲得しました。

アルゼンチンのスウィングマンは2度のオールスター、2度のオールNBAのパフォーマーであり、6thマンオブザイヤー賞を受賞しただけでなく、16年間のキャリアでシルバーとブラックを支え続けました。

1位 マヌ・ジノビリ

このプロジェクトの基準でなくても、マヌジノビリが1位になったことは避けられない。

1999年の2巡目57位指名の彼は3年後にサンアントニオ・スパーズに来たときには、ジノビリはすぐにインパクトプレーヤーになりました。

2002-03年のルーキーとして、彼はタイトルを獲得したポストシーズン中、平均27.5分の出場で平均9.4ポイントと2.9アシストを記録しました。サンアントニオは、24のプレーオフゲームで100のポゼッションあたりのプラスマイナス評価でプラス15.9ポイント、フロアにいない場合ではマイナス-7.0でした。

そして、彼の役割はそこから始まりました。

ジノビリはさらに2回のオールスターチームと2回のオールNBAチームに選ばれました。彼はさらに3度のチャンピオンシップで優勝し、2007-08年の6thマンオブザイヤーでした。彼はリーグ史上キャリアプレーオフ勝利で17位です。

彼の経歴の中で、スパーズはプレーオフでフロアにマヌがいる場合、100ポゼッションあたり7.7ポイント、マヌがオフの場合はマイナス2.5でした。

Bleacher Reportより
Manu Ginobili's Best 20 Plays of His Career

最近 NBAを見始めた方はご存知ない方もいると思いますが、マヌ・ジノビリは史上最高の6thマンです。

変幻自在のユーロステップを武器に得点を重ねて、高いパスセンスとバスケットボール IQで 長年チームを支えました。

元のスパーズのダニーグリーン、デニス・ロッドマン、ジェロームカーシーは、トップ10に選ばれませんされましたが、リストアップされていました。

キャリアの最後の2年間でサンアントニオでプレーしたDoc Rivers(現クリッパーズHC)は10位にランクインしました。

ちなみにその他の順位は

2位マルク・ガソル

3位ジェフ・ホーナセック

4位ニコラ・ヨキッチ

5位ドレイモンドグリーン

となっています。

バスケ再開したときにねんざ予防のために足指を鍛えましょう↓


Twitterやってます↓

タイトルとURLをコピーしました