スポンサーリンク

GAME 55 VS @ジャズ

スポンサーリンク

f:id:nba-iwantsomenasty:20200223071328j:image

オールスター休暇明けの初戦

 アウェーでジャズとの対戦です。

前回の対戦ではデローザンがシーズンハイの38得点を記録して勝利しました。

 

 

www.spurs-gym.work

 

 

 

 

 

 

試合結果

f:id:nba-iwantsomenasty:20200222212250j:image

 

BOX SCORE

 

 

  

 

試合経過&印象

腰の炎症で欠場していたデローザンが今日の試合から復帰となりました。

 

また前ACだったメッシーナが観戦に訪れてました。

 

 

 

序盤からマレーのミドルレンジが好調で、アウトサイドからはフォーブスが連続で3を決めてディフェンスではヤコブがゴール下で存在感を発揮しリードを広げます。

 

2Qでもパティの3を皮切りにミドルレンジで得点を重ねていきますが、ジャズもコーナー3が決まり始め点差を4点差に詰められます。

 

フォーブスとマレーがチームを引っ張り得点を重ね、ディフェンスを引き締めて17-0のランで突き放します。

19点リードで前半を折り返します。

 

後半も一時追い上げられる場面もありましたが スターター陣が踏ん張りリードを保ちます。

4Qには ムディエイのスパークがあり8点差までリードを縮められますが、ディフェンスが緩むことなく、クラッチタイムにはホワイトの3とオルドリッチのミドルで 突き放し試合を決めました。

 

 

 

  

 

 引き締まったディフェンス

シーズン中常にディフェンスが課題と言われ続けていましたが今日はひと味違いました。

 

味方がオーバーヘルプに行きオープン3を許すことが減りました。

 

カバーディフェンスでは絶妙な距離感を保ちボールチェックを行っていました。

 

スリー打たれてもいい選手と、打たせたくない選手を明確にしている印象でした。

 

マークマンはボールマンに対して粘り強くチェイスしました。 これが功を奏して何度もパスカットしてターンオーバーを誘発しました。

 

 

また4Q残り6分以降はホワイトとマレーを同時起用してプレイさせました。

 

この二人が同時にプレイすることで4ガードになってもリバウンド力はそこまで落ちず、相手にセカンドチャンスを簡単に与えませんでした。

 

特にミッチェルに対しては素晴らしいディフェンスでシャットアウトしました。

 

またライルズもインサイドでもアウトサイドでも献身的なディフェンスで大きく貢献しました。

 

出場時間も伸びているので楽しみです。

 

 

強力なミドルレンジとアウトサイド

 

今日の試合では終始ミドルレンジとアウトサイドが好調でした。

 

 

 

インサイドに強力なディフェンダーのゴベールが立ちはだかりましたが、トップの位置でのスクリーンを駆使してスペースをつくり、ミドルレンジからシュートを効果的に沈めました。

 

 

 

ミドルレンジではマレーとデローザン、アウトサイドではホワイトとフォーブスが積極的にショットを打ち効果的に沈めました。

 

特にマレーはここ最近目覚ましい活躍をしています。

 

 

ターンオーバーが少なくPGとしてチームを引っ張っています。

デローザンの負担が軽減できます。

 

 

あとジャズはスリーポイントラインとインサイドのディフェンスは強烈ですが、どうもミドルレンジの相性が悪いようですね。

 

4Qまで一貫性を保ち、相手のランにも耐えて主導権を握らせず、ジャズを食い止めることができました。

 

オールスター休暇初戦を勝利で飾ることができましたこの勝利は大きいです

 

 

 

次の試合

2月24日にアウェーでサンダーとの対戦です。 ロードトリップの最終戦です。

 

プレーオフを争うチームとの対戦が続きます。

取りこぼしがないように戦ってほしいです。

 

 

 

順位表

 

 

 

引用記事・画像:

Twitter Spurs

twitter.com

 

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました