2022-23RS GAME 27 キャブス | 【NBA】SPURS-GYM

2022-23RS GAME 27 キャブス

スポンサーリンク
SPURS

今日はホームでキャブスとの対戦です。

全試合日程はこちらを参考にしてください。

試合結果

SPURS WIN !!!
3連勝!!!

試合内容

序盤はミッチェルに連続得点を許しますが、スパーズはセカンドチャンスからのペイントアタックで得点を重ねリードします。

しかしリム周りでアレンを止められずリードを詰められます。

終盤にはヴァセルとバッシーの連続得点で再び点差を広げますが、終了間際にガーランドに得点を許し2点リードで終了します。

2Q序盤も接戦の展開が続きますが、スパーズはペイントアタックからリズムをつかみます。

コリンズとケルドン、マクダーモットのペイントからの得点でリードを広げます。

またペイントエリアのディフェンスの強度で優位に立ちTOを誘発すると、リチャードソンの3本の3ポイントとケルドンの&1もあり16点リードへ広げ、 前半を終了します。

【ゾロ目の日は超お得!!マイプロテイン 】

後半は徐々にキャブスのサイズに苦しみ始めます。

スパーズのショットが落ち始めるとガーランドとミッチェルの得点で10点リードと差を詰められます。

それでもスパーズはディフェンスの強度を保ちオフェンスをスローダウンさせると、アウトサイドシュートのタッチがよくなります。

リチャードソンとヴァセルを中心に連続で3を沈め19点リードへとふたたび広げます。

終盤にガーランドに3を許し14点リードで終了します。

4Qはレバートを止められず開始2分で7点差まで詰め寄られます。

それでもコリンズがペイントエリアで強さを発揮してマクダーモットが繋ぎ、再びリードを広げます。

クラッチタイムに入るとヴァセルのミドルで10点差まで引き離しますが、その後ミスショットや続くと、ガーランドとミッチェルの連続得点で1点差まで詰められます。

残り10秒、1点リードでキャブスのラストポゼッションになり、ミッチェルがドライブからレイアップを放つとケルドンがチェイスダウンブロックで防ぎます。

その後相手のこぼれ玉のシュートは外れ、なんとか逃げ切り勝利しました。

試合の印象

なんとか逃げ切り3連勝!

試合終盤は判断ミスや不可解な判定、ミスショットもあり猛追を許してしまいましたが、なんとか逃げ切りました。

高さがあるキャブス相手でもリムアタックして、ミドルレンジからも着実に得点を重ねることができました。

ミドルレンジからのFG成功率は69%でした。

連敗中と比較すると、少しずつ個人で打開ができている印象です。

ペイントエリアやルーズボールでもタフに競り合い、球際に強くなっています。


リバウンドの数では46-44で勝利した上に、オフェンスリバウンドは19個と上回りました。

またディフェンス面においても集中力が増し、 相手にスクリーンを受けた場面でも距離を離さずにハンドチェックできています。

やはり先週のポップのディフェンス指導がきいているのではないでしょうか。

ケルドンは怪我人の復帰がとても大きいと話していました。

各選手が役割を果たす

試合前は劣勢が予想されていましたが、予想に反してチーム全体でハードワークを積み重ねて試合を優位に進めました。

ケルドンは21ポイントを記録しました。

ここ勝利した3試合ともケルドンはペイントへ貪欲にアタックして、フィニッシュの精度も増しています。

今日の試合もリーグ有数のリムプロテクターであるジャレットアレンに対しても、全く臆することなくペイントアタックしていました。

FG 成功率は8/25とやや低かったですが、チームに勇気を与える素晴らしい積極性でした。

確実に自信をつけています。

リチャードソンはベンチから23ポイントを記録しました。

非常にシュートタッチが良くミドルレンジ、アウトサイドから効率よく得点を重ねました。

少しでもスペースがあったら積極的にシュートする姿勢は若手にも見習ってほしいですね。

ヴァセルはクラッチタイムでの存在感が日に日に増しています。

今日の試合でもクラッチタイムに重要なミドルレンジショットを2本沈めました。

クラッチタイムのファーストオプションになりつつあり、自信に満ち溢れて来ています。

これらの選手だけではなくチーム全体がハードワークをして掴み取った勝利です。

特にフロントコートの選手たちはヤコブが不在でサイズがあるキャブスに対しても、引けを取らずセカンドチャンスからチームの勢いをもたらしました。

泥臭く体を張った素晴らしいハードワークでした。

連敗中と比較すると相手に簡単にプレイをさせない気迫を感じます。

敗戦を無駄にすることなくチームとして着実に一歩ずつ進んでいて嬉しいです。

まだまだフリースローや終盤の試合運びなど課題はありますが、一試合一試合しっかり学んでいきましょう。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

テレビでも話題!完全栄養の主食「ベースフード」




カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました