2023-24RS GAME 10 ヒート

  • URLをコピーしました!

すみません。

家庭の事が忙しくて投稿が遅れました。

今日はホームでヒートとの対戦です。

レギュラーシーズンの試合日程はこちらを参考にしてください。

目次

試合結果

最後の最後で…

試合内容

序盤はコリンズのスリー、ヴァセルのミドルで得点を重ねます。セカンドチャンスからの得点で優位に立ち7点リードします。またディフェンスのローテーションもスムーズに決まり、ヴァセルのスリーで13点リードします。

セカンドユニットも積極的なボールプッシュで好調を維持します。終了間際にウェンビーの連続得点が決まり14点リードで終了します。

2Qはウェンビーとブラーナムの連続得点で18点リードします。ブラーナムとケルドンの連続3で突き放しますが、アデバヨの連続得点で10点リードに縮まります。

その後オフェンスが停滞し始めると一気に同点まで詰められます。それでもコリンズがペイントエリアで奮闘し得点を重ね4点リードで終了します。

3Qはコリンズのポストアタック、ソーハンの連続スリー、ケルドンの得点で試合を優位に進めます。

途中ロビンソン、ラブの連続得点で逆転されますが、ウェンビーとオスマンのスリー、ブラナムとケルドンのアンドワンで再び逆転し2点リードで終了します。

4Qはウェンビーとコリンズ、ケルドンのペイントアタックで8点リードします。その後もセカンドチャンスからのスリーポイントが連続で決まりリードを保ちます。

しかし、ポストへのパスミスが立て続けに起きると、クラッチタイムにアデバヨの連続得点で一気に逆転されます。

ヴァセルのスリーで再び逆転しますが、DF強度が上がったヒートディフェンスに苦戦します。終盤にはJリッチとジミーの連続得点で突き放され敗れました。

試合の印象

4Qの序盤まではリードを奪う展開が多く、試合を優位に進めていましたが、クラッチタイムにヒートのタフなディフェンスとしたたかなゲーム運びに飲まれてしまいました。

試合を通して、アウトサイドショットとリバウンドは優位に立っていただけに、悔しい敗戦です。

またミスが勝敗に直結しました。

スパーズはチームのターンオーバーが17で、それからの失点が33点でした。

逆にヒートはターンオーバー7、それからの失点が15と一目瞭然です。

ただ、ブローアウト負けが続いていた時期と比較すると、リバウンドやディフェンスで改善しようとする姿勢が見えますし、ウェンビーとの連携もちょっとずつうまく行き始めています。

ポップも手ごたえを感じているようです。

また2年目のブラーナムがトレイジョーンズの代役としてバックアップポイントカードを務めました。

13ポイント7アシストと素晴らしい活躍でした。

オフボールムーブもスムーズでアウトサイドショットも高確率で沈めていたため、今後のために良いオプションになりそうです。

競争力は高く持ちたいですね。

まだ厳しい時間が続いていますが、選手たちは前を向いています。

ウェンビー、ヴァセルによると、ロッカールームでは全員沈んでいる人間はいないと話しています。

将来のために一歩ずつ進んでいきましょう。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

2024年2月28日発売! 【事前予約受付中】

映画『THE FIRST SLAM DUNK』STANDARD EDITION [Blu-ray]

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次