2023-24RS GAME 33 @グリズリーズ

  • URLをコピーしました!

今日はアウェーでグリズリーズとの対戦です。

レギュラーシーズンの試合日程はこちらを参考にしてください。

目次

試合結果

まだまだ。

試合内容

序盤は、ロースコアの展開が続きます。ウェンビーの連続ブロックで相手の攻撃の目を摘みますが、グリズリーズのタフなペリメーターディフェンスに苦戦します。それでもウェンビーのリムランからのアリウープで連続得点を決めます。

終盤にマクダーモットとマムの連続得点で3点リードで終了します。

2Qはローズの連続得点で逆転されますが、ウェンビーがミドルレンジとアウトサイドで得点を重ね、接戦の展開が続きます。

ウェスリーが攻守にインパクトを残しますが、終盤にファールとミスが重なり、7点ビハインドで終了します。

後半はブラナムがケガでベンチに下がり、代わりにトレがスターターになります。

シャンペニーの連続スリー、トレのスティールからの得点とウェンビーのワンレッグスリーが決まり逆転します。

しかしディフェンスのローテミスから再び逆転されると、モラントを止められず15点ビハインドとなります。それでもケルドンとウェスリーが反撃し、10点ビハインドで終了します。

4Qは何度か点差を縮める場面もありましたが、大切な場面でFTやアウトサイドの決定力を欠くとディフェンスのローテミス、オフェンスリバウンドから失点を防ぐjことができず敗れました。

試合の印象

スパーズは最善を尽くしましたが、選手の能力の違いが浮き彫りになりました。

スパーズはまだスペーシングの悪さと判断の遅れに苦しんでいました。

今日は終盤には良いカムバックもありましたが、ビハインドを作った原因はシューティングの不安定さとオフボールDFの悪さでした。

逆転に導くランを何度か作りましたが、オフボールで相手を見失いオープン3やイージーショットを決められる場面が目立ちました。

お互いのコミュニケーションや攻守のポジショニングの判断がまだまだな印象です。

ポップは16のターンオーバーを指摘しましたが、良い努力とディフェンスはあったと振り返っています。

ただウェンビーは驚異的でした。

ポップによると、現在の制限より2分多い26分で20ポイント、7リバウンド、4ブロックを記録しました。

1Qは相手のタフなディフェンスにハンドラーが苦しみ明らかにチームは後手になっていましたが、【戦術ウェンビー】でリードを作り出しました。

また2年目のブレイク・ウェスリーは積極的なボールプッシュやスピードで相手を置き去りにする場面もあり良いアピールができていました。

まだまだ実力不足ですが、乗り越えていきましょう。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

コストと味のベストバランス!REYSのホエイプロテイン

【カフェオレ味がオススメ!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次