今シーズンで避けたい3つのシナリオとは? | 【NBA】SPURS-GYM

今シーズンで避けたい3つのシナリオとは?

スポンサーリンク
SASコラム

サンアントニオスパーズの2022-23シーズンが間もなく始まりますが、今年は例年と違った方針で進むこととなるでしょう

ビクター・ウェンバンヤマのようなスター候補のプロスペクトがドラフトで控えています。

現在ロスターにフランチャイズレベルのプレーヤーがいないので、誰も本当にスパーズが完全な再建に向かいタンクを受け入れることを責めることはできません。

シーズンの理想的な結果はいくつかの選手が低い期待を上回り、ベテランのトレード価値が上がり、 将来の貴重なドラフト指名権とトレードできることでしょう。

とはいえ、ファンは新しい方向に進むフランチャイズに興奮するはずですが、すべてが順風満帆とはいかないかもしれません。

予期せぬ大惨事から単純な成績不振まで、来シーズンは完璧とは言い難いものになるかもしれなません。

ここでは来シーズン避けたい三つのシナリオについて振り返ります

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

1. ポイント・プリモが伸び悩む

スパーズは2021年にジョシュ・プリモをロッタリーで指名したとき、一発勝負に出ました。

アラバマ出身の若きガードは2022年に上位指名されると予想されていたが、その後1年早くエントリーして、 1巡目下位〜2巡目のポテンシャルピックになると予想されていました。

サンアントニオはサプライズで12位で指名し、ファンは頭を抱えました。

プリモは昨シーズンサンアントニオとオースティンで プレイしました。

プリモはファンに彼の成長を期待したい理由を見ることができましたが、彼はまだ未熟で、ほとんど証明されていません。

デジョンテ・マレーが移籍したため、プリモとトレ・ジョーンズがポイントガードの役割を分担することになりそうだ。

シーズン終盤になってもプリモをスターターレベルのプレーヤーに成長していない場合は、フランチャイズ歴史の中で最大のギャンブルとして無駄にされているでしょう。

スパーズはモーゼスムーディ、カイジョーンズ、またはコリー・キスパートのような 確実な役割を持った選手を指名できましたが代わりにプリモを選びました。

これまでのところ、その選択はまだ評価できませんが、 プリモが伸び悩んだ場合ロスターの再構築には更に長い年月をかけることとなるでしょう。

2. ロスターが渋滞したままになる

ジョシュリチャードソン、ダグマクダーモット、ヤコブパートルは開幕前からトレードの噂が多く上がっています。

債権へと舵を切ったスパーズのロスターにはこの3人はタイムラインが合わず、チームの将来像に名を連ねるかは微妙です。

シーズン途中に 将来の指名権を獲得するためにトレードされる可能性は高いと予想されています。

しかしトレードデッドラインが過ぎても3選手がチームに残留し若手よりも優先的に試合に出場していた場合は ロスターに混乱が起きるでしょう。

それはフランチャイズの将来の経験と開発を無視することになります。

2022年NBAドラフト9位指名のジェレミー・ソーハンは、シーズン2ヶ月目にはスターターになっているはずです。

通常ではベンチやGリーグで育成が必要な選手を9位指名で指名しません。

スパーズが今シーズンのベテランのいずれかをトレードすることができない場合、それは2023-24のシーズンが始まるとき、スパーズは本当に前進していないことを意味します。

確かに複数の将来の一巡目指名権を持っていますが、混雑したロスターと少し方向が進むと中途半端なチームになるでしょう。

それはドワイトハワードが抜けた後のマジックや2010年代のピストンズのように、プレーオフに出れそうでほとんど出られないフランチャイズになってしまう可能性があります。

3. ドラフトロッタリーの運に見放される

1997年スパーズはドラフトロッタリー前に3位と予想されていましたが、運良く全体1位で指名され、フランチャイズの象徴であり、5つのタイトルに導いたティム・ダンカンを獲得しました。

もし計画通りにいけばスパーズは偉大な選手ではあるが、ダンカンほどの影響力はないチャウンシー・ビラップスを指名するところでした。

ある意味スパーズはオッズメーカーに恩返しをする時期が過ぎています。

同じ1997年のロッタリーでは、リーグ最低のグリズリーズが4位まで転落しています。

1992年ウルブズは断トツのワースト記録で3位指名に終わり、シャキール・オニールを逃し、代わりにクリスチャン・レイトナーを獲得したが、彼は決してスターに開花することはありませんでした。

2023年のNBAドラフトクラスは、1位がウェンバンヤマ、2位スクートヘンダーソンとはっきりしています。

スパーズはトップ2から漏れた場合、 優れた選手を指名することはできるでしょうが、フランチャイズをすぐに作ることができるような選手はいません。

そして現在のスパーズの狙いはトップ2ピックです。

ある意味、最悪のシナリオが選手やコーチングスタッフ、フロントオフィスの手に負えないというのは非常に興味深いです。

その代わり、すべては運とピンポン玉に左右されることになるでしょう。

スパーズは、フランチャイズを再び歴史的な強豪チームの象徴として復活することが期待されていますが、長期的にチームを変貌させるのに十分ではない選手をドラフトする可能性があります。

結局なるようになるしかない

次のシーズンは、スパーズにとって「成功か失敗か」のキャンペーンになるはずです。

うまくいけば、スパーズは若いアイデンティティと有望なスターを手に入れることになるが、それはすべて運次第です。

スパーズは低迷し、ウェスタンカンファレンスの頂点を上り詰めるのに数年待たなければならないでしょう。

引用元: Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

  1. パパさん より:

    本日の考察は「ケセラセラ」将来はなるようにしかならない運次第だと言う、考察とは真逆の身も蓋も無い締めで意外と言うか何というか・・・ムニャムニャ
    プリモが伸び悩む未来と来年のロッタリーで3位以下の指名権に落ちるってのが一番怖いですな。今居るベテラン達はトレードされると思うし今のGMはそこまで無能では無いと信じたいです。エインジやモーリー程有能で無いのは分かってますがね。
    あと中途半端な順位でシーズンを終えるのも怖いですね。所詮ドラフト中位〜下位で指名出来る選手なんて、優秀なロールプレイヤー止まりが殆どですからね。スパーズのような田舎のチームにはフランチャイズビルダー足るスーパースターが必要ナンス。レナードの様な選手は稀です。タンクするシーズンと決めたらしっかりタンクしましょう!数年後もまだタンクしてるハメにならないように。

タイトルとURLをコピーしました