2022-23RS GAME 3 @シクサーズ | 【NBA】SPURS-GYM

2022-23RS GAME 3 @シクサーズ

スポンサーリンク
SPURS

今日はアウェーでシクサーズとの対戦です。

BtoBのアウェー連戦です。

全試合日程はこちらを参考にしてください。

試合結果

SPURS WIN !!!
2連勝!!!

試合内容

序盤はペイントエリアから得点が奪えず、 ミスが続いてシクサーズにリードを許します。
セカンドユニットではリチャードソンとコリンズを中心に着実に得点を重ね、ビハインドを最小限に食い止めます。

2Qでは序盤からヴァセルの連続得点で流れを掴み点差を縮めます。


中盤ではケルドンのand1、ヴァセルの連続3で 逆転し6点リードへと広がります。


マキシーの3で追いつかれますが、終了間際にヴァセルのリム近くのショットが決まり3点リードで前半を終了します。

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

後半も一進一退の攻防が続きます。


開始直後からヤコブがファールトラブルに陥りますが、ジェンとリチャードソン、KBDがうまく繋ぎます。

ゾーンディフェンスでうまくペイントを守りシクサーズオフェンスを停滞させると、リチャードソン、マクダーモットの連続3で再び10点リードします。

4Qはエンビードとハーデンのピックアンドロールを止められず逆転されますが、マクダーモットの連続3で再逆転します。

またヤコブのハードワークで流れを引き寄せて二桁リードに広げます。

その後もセカンドチャンスからボールを繋げると、トレの巧みなゲームメイクで相手のディフェンスの隙を見て得点を重ねて、リードを保ち勝利しました。

試合の印象

多くのスター選手を揃えたシクサーズ相手に一歩も引かず、 最後まで集中を切らさず隙のない戦いができていました。

前回の試合に引き続きアウトサイドシュートは好調で40%を超える成功率でした。

パスも非常によく回っており、適切なショットを打てていました。

またセカンドユニットが効果的な活躍をしました。

シクサーズに詰められる場面もありましたが要所要所でベテランが流れを食い止め、 若手たちをサポートし続けました。

ベンチユニットだけで40ポイントを記録しました。

また昨シーズンからの改善点として、フロントコートの層の厚さが際立ちました。

ここ数年まで好き放題やられていたトバイアス、ハーデンをうまく抑えていました。

今までヤコブがペリネーターまで出された後ペイントエリアをカバーする選手がいませんでしたが現在はソーハンやロビー、KBDなどサイズがありディフェンスができる選手がいるのでカバーできています。

ヴァセルはチームとしてハーデンとマキシーにペイント侵入をさせないようにディフェンスしたと振り返りました。

ポップも若い選手たちもハードで印象的なプレーができていたと振り返りました。

トレが司令塔として素晴らしい活躍

今日の試合は素晴らしい活躍をした選手が多くいましたが、その中でも貢献度が光ったのはトレでした。

4Qのみで10ポイントを挙げて、クラッチタイムのスパートを牽引しました。

先日のペイサーズ戦ではチームで終盤の戦い方に不安が残りましたが今日は 落ち着いていました。

相手のディフェンスのスキを突いてドライブから得点を重ねました。

ハンドラーとして素晴らしい成長を見せており、現在のチームで一番代えがきかない選手だと思います。

また苦しい時間帯にチームを支え続けたベンチユニットのベテラン勢たちの存在も大きいです。

質が高いハードワークでエンビードを苦しめたヤコブ、
新エースの二人も日に日に頼もしくなってきています。

敵地でまさかの2連勝となりました。

これ以上ない結果です。

全てを吸収して前進していきましょう。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

  1. パパさん より:

    ケルドンとヴァセルはチームを牽引する選手に成りつつ有り頼もしい限りです。良い!!KBDはチームに有用な選手に成長したので切らなくてマジ良かったです。まだ2試合ですがトレが一番良い活躍してますわ!将来のチーム構想に完全に入りましたよ。
    その反面、プリモが全然活躍と言うか攻守に活きてません。マレーの後継にしたい意図は理解出来るが、結構苦戦する未来が待ってそう・・・
    プリモなら出来ると踏んでいるなら信じて我慢強く育てる姿勢を最後まで貫いて欲しいです。私も必ず出来ると思ってますので。
    あと気になる点はポップはタンクする気が無いのかな??このままではまた中途半端な順位になってしまいますよ!ウェンビー、スクートは疎かダリクやエイメン・トンプソンすらも獲れなくなりますよ!来年は必ず2位指名権以内は確保したいのでマジでタンクして下さい。お願いします。
    試合に勝つのはホント嬉しいンスガね・・・

タイトルとURLをコピーしました