ティム・ダンカン殿堂入りセレモニー ~日本語訳~ | 【NBA】SPURS-GYM

ティム・ダンカン殿堂入りセレモニー ~日本語訳~

スポンサーリンク
SASコラム

先日ネイスミス殿堂入りセレモニーが開催されました。

2020年の殿堂入りリストにサンアントニオスパーズのレジェンド、ティムダンカンが選ばれました。

ティム・ダンカンのスピーチは、バスケットボールの世界であろうと彼の個人的な生活であろうと、彼をこの時点に到達させるのに役割を果たしたすべての人々を祝うものでした。

スピーチについて長文ですが、日本語訳しましたのでぜひ読んでください。

また翻訳にご協力していただきましたHaRuさん、本当にありがとうございました。

Tim Duncan's Basketball Hall of Fame Enshrinement Speech

オープニング

ダンカンは長年のチームメイトでよき理解者であったデビッド・ロビンソンと壇上に上がりました。

私はなんとかこの場を乗り切りたいと思います。

人生で1番緊張しています。

これまでNBAファイナルやプレーオフの第7戦を何度も経験してきましたが、その時よりも緊張しています。

この場を乗り切るために、1日中引きこもっていました。

今日はとても素晴らしいな方々の信じられないストーリーを聞かせて頂き光栄です。

またその方達と肩を並べられたことを誇りに思います。

 

デビッド・ロビンソンについて

アドミラル・デビッド・ロビンソンについて周りからよく聞かれるのは『彼は君に何を教えたんだ? 何を示したというんだい?』ということ。

私は彼と座ってゆっくり話し合った記憶はないですね(笑)

ですが、彼は究極のプロとしてキャリアを終えましたし、申し分ない父親で、すばらしい人間性を持った男でした。

どうすれば良いチームメートになれるのか、コミュニティーでどう振る舞うべきかといった数多くのことを示してくれました

コービーとKGについて

わたしたちと対戦して私たちを最大限まで引き上げてくれたKG、コービー・ブライアントに本当に感謝している。 あなた達は本当に私に最高のプレーを要求してきた。

両親について

生まれ故郷のバージン諸島で育ててくれた両親について話しました。

私の両親は、バスケットボールについての知識がゼロでした。それでも、誰よりもバスケについて教えてくれたのは、両親でした。

彼らのモットーとしてグッド、ベター、ベスト。それまで決して休ませないでください。「あなたのグッドが良くなるまで、そしてあなたのグッドがベストになるまで…」彼らは私に言って、私がしたすべてのことに誇りを持ちました。あなたの役割がどこにあるか、またはあなたがどこにいるかに満足し、自分の今の役割や場所にプライドを持ちが自分はベストを尽すように努めなさい、と鼓舞してくれた。

私がしたことに全てに誇りを持ってくれた。 彼らのおかげで今の僕がいる。本当にありがとう。

私が14歳の時に母を亡くしました。それでも私の姉と親友の二人が母のように世話をしてくれた。 あなた達がいなければ今の私はなかった。ありがとう。愛しているよ。

バスケットを始めたきっかけについて

私は14歳の時までボールも触ったことがなかった。水泳選手としてオリンピックを目指していた。 それで幸せだった。姉妹もそれにサポートしてくれていた。

しかしある日モチベーションを失った。 それは母を失ったことと、またハリケーンで練習場所のプールが壊れたからだった。

その後私の友人と姉の主人のリッキーがこの不幸な少年を連れ出し、 バスケットボールの仕方を教えてくれた。またピックアップゲームにも招待してくれた。

本当にありがとう。

ウェイクフォレスト大について

ウェイクフォレスト大学に進学するきっかけとなったのは偶然だった。

当時まだ彼のことを知らなかったですが(笑)アロンゾモーニングが私の島に来てピックアップゲームをする機会がありました。 その時に友人が僕に電話してきて相手チームとして試合に出てみないかと言われました。 『絶対にプレーしたい!』と喜んで引き受けました。

当時プレイの内容はひどいものでした。 その時一緒に来ていたクルーにウェイクフォレスト大の卒業生がいて、オドムコーチに電話して、『コーチ、この子供のプレイを見たほうがいいですよ。』と言ってくれた。

そして、オドムコーチが滞在していたホテルに最も近い港でまた人数を集めてピックアップゲームをしました。

私がどのようにプレーしたのか分かりませんが、奨学金を提供するのに十分なパフォーマンスでした。 そしてあなたは島からこの子供にチャンスを与えてくれました。

このとき会っていなかったらどうなっていたかわからない。 自分から可能性を見出してくれてありがとう。

私は大学ではレッドシャツになるところでした。(大会や試合には出ない生徒)
ウェイクフォレスト大に到着して2週間後にかかった水疱瘡によって20ポンドの体重を失ったことでレッドシャツになる寸前から、同じ年にスターターになることができました。

何故なら、今でも私の友達であるRandolph Childress とMark Lucas がコーチオドムのオフィスに”この子どもをレッドシャツに登録するのを待った方が良い。私たちは彼を起用するべきだ”と直談判をしに行ってくれたからです。

私にそのような可能性を感じてくれてありがとう。そして、私のために直談判してくれてありがとう。

サンアントニオ・スパーズ

サンアントニオスパーズは素晴らしい組織だった。

ホルトファミリーの組織は上から下を見ても寛大で素晴らしい。

私たちを毎年プレーオフに率いてくれる立場に導いてくれました。

私と私たちのファミリー、CEOのR.C.ビュフォード、グレッグ・ポポビッチ監督、フロントオフィスのためにしてくれたことすべてに感謝します。

スピーチの残りに入る前に、

このスピーチの最後に入る前に手短に。

私は人と話すことが嫌いだったので、私の代わりに矢面に立ってくれていた、私の医者であり、私の相棒でもある、私のトレーナーのWill Sevening とTom James。

あなた達が私のためにしてくれたことに感謝します。

そしてコーチ達にビデオコーディネーターの人達、私が体育館のシューティングマシーンで練習をしていた時に「1人にしてくれ」と言った時にも、私から離れることなく私の助けになってくれてありがとう。

私は今あなた達全員の名前を読み上げることすらしないのに、本当にありがとうございます。

チームメイトについて

私は19年間プレイしてきて140人の恵まれたチームメイトと共にしてきました。

全員の名前は出せませんが、 私がスパーズに入団した時はデイビットロビンソンがチームを率いて、コーチのようなエイブリージョンソン、ショーンエリオット、モンティウィリアムス、ビリーデルネグロがいました。

また当時一緒に加入した若手の私とマリックローズ、ブルースボウエン、アントニオ・ダニエルズたち共にチームとして大切なこと様々なことを教えてくれました。全てのレッスンに感謝します。

マヌ・ジノビリ&トニー・パーカー

自分の周りに同じ選手たちが何年もずっといる、それは信じられないことです。

それは私が言葉で表現できる以上の祝福です。

マヌ・ジノビリ、トニー・パーカー、こうして話すことができることをうれしく思います。

ここであなたたちに会えるのが待ちきれません。私がここにいないこともですね(笑)。

すべてに感謝します、あなたの友情に感謝します、あなたの兄弟愛に感謝します、私たちがコートで共有したすべての経験に感謝します、ありがとう。

自分の家族について

私たちの3人の子供これから何が起きるのか楽しみで興奮している。

私が会いたくて待ちきれない素晴らしい子供たちだ。(妻の)ヴァネッサありがとう。いつもサポートありがとう。

私たちの家族にあなたの愛を届けてくれてありがとう。

私の背中を押し続けてくれてありがとう。私にはそれが必要だ。そのためにあなたはそれをしてくれる。ありがとうございました。愛しているよ。

ポポヴィッチ監督について

恐れ多いですが…私がポップについて話すと、ポップは怒るだろう笑。ごめんなさいポップ…
ポップ、あなたは私がドラフトされた後にすぐ私が住む島に来て、私の友人、家族、父と話をした。それは普通だと思っていたけど、後で他ではあり得ないことだと知った。バスケットボールについて教えてくれてありがとう。

それ以上にバスケットボールだけではないことを教えてくれました。それは世界で起こっていること、あなたの家族についてです。ただすべてに感謝します。 あなたは本当に人格的に優れていて信じられない人でした。

エンディング

私の物語とストーリーはがむしゃらに働いてきたのでわけがわからないことの連続でしたが、私は非常に多くの人々に恵まれていて、 私が今日いる場所にたどり着くという考えられないようなシナリオを辿りました。

スパーズファミリー、レイクフォレスト大学のファミリー、バージン諸島のファミリー、 全ての関わってくれた皆さんもそうでない方も全てに感謝します。

愛しています。

良い夜を。

ダンカンらしい謙虚で温かみのある素晴らしいスピーチでした。

ティムダンカンは1997年のNBAドラフトで1位指名でサンアントニオスパーズに入団しました。

チームでは19シーズン在籍した期間では19回のNBAプレーオフ進出、

5つのチャンピオンシップ

シーズンMVP 2回

ファイナルMVP3回を受賞しました。

また

オール NBA チーム15回

オールディフェンシブチーム15回

NBA オールスターゲームに15回選出されました。

ティムダンカンはキャリアで26000ポイント15000リバウンド3000ブロックを記録した NBA 史上二人目の選手です。

また1チームで1000勝以上を達成したリーグ史上初の選手です。

ティムダンカンは私が20年前にスパーズを応援するきっかけとなった 憧れの選手です。

本当におめでとうございます。

長文でしたがご覧いただきありがとうございました。


 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました