ベイラー大HC「ソーハンの成長に感動している」

  • URLをコピーしました!

サンアントニオ・スパーズのジェレミー・ソーハンは大学時代、1年間ベイラー大学でプレーしてNBAへ進みました。

2年のNBAキャリアで元ベイラー大学のヘッドコーチ、スコット・ドリューを感動させています。

ベイラー・ラリアットとの対談で、ドリューはソーハンのNBAでの成長に注目し、大学が彼に誇りを持っており、彼の複数のポジションでの守備能力を振り返りました。

もちろん、ジェレミーの成長に本当に誇りに思っているよ。

彼は常に1から5までのポジションを守ることができている。

スコット・ドリュー

今シーズン、ソーハンは1試合あたり11.4得点、5.2リバウンド、キャリアハイの1試合平均4.2アシストを記録しています。

11月の14試合では平均12.4得点、5.4リバウンド、4.5アシスト、3P成功率はキャリアハイの47%を記録しました。

昨シーズンのソーハン35試合で二桁得点を挙げ、2023年NBAライジングスターズのメンバーに選ばれました。

2023年1月28日のサンズ戦でサンアントニオの歴史で初めての10ポイント以上を挙げた10代の選手となりました。

序盤戦はPGとして学習

ただし、今シーズンはソーハンにとって新たなチャレンジがあります。

それは、ポイントガードのポジションを担当することです。

11月のミネソタ戦のスパーズの前に、スターティングポイントガードのポジションを任され、賛否両論がありました。

相手チームは彼にボールを与えてプレッシャーをかけることに焦点を当てています。彼が自然なポイントガードではないと指摘しています。

時折コートで取り乱したりターンオーバーを犯す場面もありました。

彼はポイントガードのスポットに頭を使っていることから、精神的に疲れていると公言していますが、前向きで自信を持っています。

そして、シーズンが進むにつれて新しい役割での向上が見られています。

スコット・ドリューにとって、スパーズの2年目の選手からのこの自信は驚くべきことではありません。

大学時代からPGを意識していた

NBAでのポイントガードのポジションは新しいかもしれませんが、全体としてソーハンにとってはまったく新しいものではありません。

ベイラー大学では、ドリューはソーハンが時折ポイントガードのポジションをプレーして、チームにとって素晴らしい仕事をしたと述べています。

ジェレミーは勝つこととスキルを磨くことに専念しているね。

彼が成功し、チームが勝利するのに役立つことは何でもやるだろうね。

それが見て取れる。

スパーズが長く彼を支えてことを願っている。常に私たちの中でポイントガードをプレーしていたからね。特にホームでのカンザス戦を見て欲しい。

素晴らしい仕事をした。

スコット・ドリュー

NBAシーズンにはまだたくさんの時間があり、彼が今後の試合でスターティングポイントガードのポジションに戻る可能性があります。

そして、各試合ごとに彼は向上し、より優れたオールラウンドなプレーヤーになるでしょう。

引用元:KENS5

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

コストと味のベストバランス!REYSのホエイプロテイン

【カフェオレ味がオススメ!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次