マレーはパパを楽しむ 〜 最愛の娘と共に〜 | 【NBA】SPURS-GYM

マレーはパパを楽しむ 〜 最愛の娘と共に〜

スポンサーリンク
SASコラム

サンアントニオスパーズのガード、デジョンテ・マレーは今シーズンチームリーダーとして目覚ましい成長を見せました。

そのマレーはスパーズのファンの方はご存じだとは思いますが、少年時代に壮絶な経験をして成長していきました。

少年時代は非常に貧しい家庭で生まれ 治安の悪い地域で育ちました。

幼少期には両親は麻薬で捕まり、親戚の家をたどりながらほぼ一人で生き抜いてきました。

その後才能を発揮して努力の末、NBA選手になりましたが少年時代の傷は癒えず、選手になってからもつきまとっていました。

一人の存在がマレーの人生を大きく変えました。

FOXスポーツのインタビューでマレーは 家族について語りました。

彼女が生まれた時、私は気を失った。彼女が産まれて全てが真っ暗になったそんなことを人生で一度もなかった。 そして多くのことを経験した。 それは私の赤ちゃんだ。それは愛。それは本当に愛だ。私が今日明日 立ち上がれなくなったとしても愛は変わらない。

壮絶な少年時代

当初マレーは子供を育てたくはありませんでした。

マレーの子供時代はあまりにも壮絶でした。

マレーがその時のことについて話すのはまだ難しい。

マレーはシアトルの犯罪が満ち溢れている地区で生まれました。

ほとんどの子供たちがアルファベットや色について学んでいた時、マレーは暗闇にの中にいました。

5歳までにドラッグはどういうものか知っていた。お母さんが刑務所にいることも知っていた。お父さんが麻薬を飲んでいるのも知っていたよ。

児童保護サービスが介入して、マレーをより安定した家庭に送るために何度も介入しようとしました。

マレーは食事も満足に取れていなかった。

マレーは様々なアパートやホテルを飛び回って、いとこや叔父、祖母、妹と部屋を共有しなければならなかった。

マレーの家族のメンバーはギャングと犯罪に深く根付いていました。

幼い頃からマレーは麻薬中毒者や麻薬のバイヤーを認識することができました。

この時にマレーが見たものはまだマレー自身を悩ませています。

ギャング闘争から他の全ての事まで、 子供が見る必要があることは何もなかった。

とても大変な日々だった。

叔父などをはじめ、家族全員が私が生まれた日の生活は荒れていたことに同意できるでしょう。

11歳から15歳の間に少年院に3〜4回出入りしたことを覚えているよ。

高校に進学しても高校の窓の外では犯罪が起こっていて、誰かが強盗をされていた。

また実際の銃撃も起こっていることも見たことがある。

マレーはその犠牲となりました。

青年時代マレーが必要な物は誰もマレーのために買うつもりはないことを学び、 自分自身で必要な手段で準備しなければならなかった。

ストリートではギャングの一員として 生活する日々もありました。

レニエビーチ高校では救急車のサイレンが絶えず鳴り響き、先生の声と ボリュームを争い合いました。

このままではダメになる…

物事はどんどんエスカレートしてきました。

何か変化が必要なことは明らかでしたそうでなければ手遅れになる。

そう思ったマレーは決断しました。

犯罪に手を染めた家族とは別に、マレーのおじは毎日一生懸命働いていました。

叔父とともに引っ越して家庭教育をメインで生活するようになりました。

するとマレーはより良い人間になりたいと思い始めました。

マレーは11歳からマリファナのバイヤーをしている時期もありましたが、それをやめました。

それから現代に至るまで麻薬やアルコールに触れていません。

16歳は私が新しい人生を始めたときだ。

それ以来振り返っていない。

その出来事はマレー自身のために新しい人生をクリエイトすることができると信じ始めた時期と同じでした。

マレーは最高の才能を持ったバスケットボールプレイヤーでしたが、マレーの出身地からそれを成し遂げた人はほとんどいませんでした。

運命の出会い

マレーは現実主義者で誤った希望で自分をごまかすことは できない、と常に考えていました。

しかし3度のシックスマンオブザイヤーに選ばれたジャマールクロフォードが16歳のマレーを Midnight Madness エキシビションに招待した時全てが変わりました。

マレーはクリスポール、マットバーンズ、ラマーカス・オルドリッジなどの NBA プレーヤーに対して40ポイントを獲得し周りの全ての人と自分自身を驚かせました。

それはマレーの自信へと変わりました。

あと2〜3年あれば私はもっと強くなり良くなり、彼らとプレイすることができる。特に今回プレイしたプレイヤーと一緒にすることができる!と考えたよ。その時 NBA プレイヤーになると思った。

マレーはNBA入りをするために最高に集中するようになりました。彼はレーニエビーチ高校でスターに成長しました。

そこで練習やゲームに行き、トラブルに巻き込まれないようにすぐにキャンパスを去りました。

彼は真面目なタイプの子供であるという評判がありましたが、彼のベイビーフェイスと寛大さは別の話をしました。

 当時のコーチ、マイク・べゼアは語りました。

もし彼がポケットに5ドル持っていたら、彼はチームメイトに4ドルを費やしただろう。

『コーチ、私は10ドルを手に入れたから、私は誰かに食事を買うよ!』というタイプの子どもだった。

彼はいつも他の人を探していた。

それは多くの人が持っていない特別な性格です。

コート上では、マレーは狡猾で爆発的でした。

オフェンスとディフェンスの両方でスムーズさと強さがありました。

マレーは高校を州選手権に導き、チームの開幕戦では驚異的な52ポイント、20リバウンドのパフォーマンスを含め、最終学年のシーズンでは平均23ポイントと13.8リバウンドをもたらしました。

ワシントン大に進学

ワシントン大学のロレンツォ・ロマーHCがマレーをスカウトし始めたとき、彼はの波乱万丈の過去をよく知っていました。

ロマーはマレーに成績を上げる必要があると語った。

マレーはそうすることを約束し、そしてすぐに期待に答えました。

彼は成功するために何でも喜んでしました。 

マレーはロマーに初回から印象を残しました。

ロマーコーチは初日から握手をしてアイコンタクトをした。私は初日からずっと彼を信頼してきた。 

マレーは2015-16年の1シーズン、ワシントン大学でプレーを続け、コートの内外で輝いて、ついに成功したい仲間に囲まれました。

マレーとロマーは一緒に長くはありませんでしたが、その間多くのことがコーチに突き刺さりました。

マレーの素早さ、リバウンドに対する信じられないほどの能力。彼のディフェンスに精通している。

しかし、何よりも、最大の印象を残したのは、マレーがいつも彼にどのように考えて取り組んでいるのか、フィードバックを求めたということです。 

ほとんどの選手たちはそれを尋ねはしない。

彼はいつもフィードバックを求めていた。

サンアントニオスパーズとの出会い

マレーが2016年のNBAドラフトを宣言した後、スパーズはロマーに連絡を取り、マレーの性格について詳しく学びました。 

私はスパーズのスタッフとマレーが話す前に忠告した。「マレーについて尋ねるとかなり感心すると思いますよ」といったよ。

サンアントニオは、マレーを1巡目29位で指名しました。

その選択は人生を永遠に変えました。 

波乱万丈な少年時代を過ごしたマレーはNBA入りを成し遂げました。

彼の人生で初めて大金をもらいました。

癒えない傷を一気に消し去った出来事

究極のサクセスストーリーですが、彼はまだ過去の幽霊に悩まされていました。

育った過程で大きな傷を残しました、

そしてマレーの娘ライリーが生まれるまで、その傷を葛藤して過ごしていました。。

ライリーが2017年7月14日にシアトルの病院で産まれた直後から、マレーはすぐに彼の中で何か変化を感じました。

怒りは和らぎました。

傷は静まりました。

彼が彼女に感じた愛情は、ギザギザの岩に打ち寄せる波のように荒い角を滑らかにし、それらを柔らかい砂に変えました。 

私は嘘をつくことはできないが、娘がいなかったら、おそらくリーグからいなくなっているだろう。

そう信じている。私はNBAプレーヤーですらない。

マレーはスパーズでの最初のシーズンの後に生まれたライリーがいなかったら、彼は自分のやり方に固執していただろうと恐れています。

マレーは自身で物事を台無しにしたでしょう。

しかし彼女がやって来て以来、マレーは自分ができる最高の男になるという深い責任を感じています。

休みの日を過ごすときはいつでも、彼女はモチベーションです。彼女はコートの内外で必死に成功したい理由です。 

彼女がいなかったら、ともに生きていく人がいないような気がする。

私には正しい道へ導くがいないだろう。

私の娘がこの世界にやって来て、私を救った。

多くの人々がその種のことを言います。しかし私はそれを意味します。

マレーが振りかえることを望まないという彼の過去の残骸がまだあります。

彼は人々を信頼するまでに時間がかかり、常に自分の周囲を常に目を配っています。

しかし、他の多くのものは消えていきました。

誰かがマレーを間違ったものの見方をしていた場合、彼はかつて反応していました。

マレーはかつて過去の傷にこだわっていました。

マレーは本人を不当に扱った人々に対して恨みを抱いていた。 

彼女はそれを変えた。娘がいると、私はすべてから遠ざかり、一人の男として成長するのに役立つ。

まるで男性として成長して正しいことをするか、自分を傷つけ続けるかのようだよ。

さらに重要なことに、 自分を傷つけた場合、自分の子供を傷つけてしまう。

マレーは自身で悪いサイクルを壊しました。

2019年10月にスパーズとの4年間の6400万ドルの契約延長に同意した後、彼はライリーが彼女の人生で何も望んでいないことを知っています。

彼女は彼が見た暴力と絶望を見ることは決してないだろう。 

しかし何よりも、彼女は彼が感じた愛をしっかり受け止めています。

ライリーが彼と一緒にいるとき(彼女はサンアントニオと母親が住んでいるシアトルの間を行ったり来たりしています)、彼らは彼女のおもちゃで泳いだり、笑ったり、踊ったり、遊んだりして日々を過ごします。

オフシーズンは娘と過ごす

ライリーは5月のプレイイントーナメントでグリズリーズにスパーズが敗れて以来、マレーと一緒にいました。

マレーとライリーは心からお互いを愛しています。

マレーはライリーについて笑顔で話しました。

彼女は頭がいい。彼女は平均以上だ。彼女は抜けている。彼女は本当に、本当に面白いとマレーは晴れやかに言った。(そんなに)4歳になりそうな3歳の性格だね。

時々、マレーは物事がどのように異なった結果になるかを考えずにはいられません。

マレーは今でも家族や友人から毎日電話を受けており、彼が知っている誰かに何かひどいことが起こったことを警告しています。 

同じ運命が彼に簡単に降りかかる可能性があります。 

もし私が成し遂げなかったとしたら、私はおそらく死んでいるか、おそらく刑務所にいるか、あるいは私は、おそらく私の人生を危険にさらすようなことをしているだろう。

お金を稼ぐか、身を守るために必死な毎日を過ごしているだろう。

来シーズンの準備はできている

代わりにマレーはスパーズでの6シーズンの準備をしています。

マレーが毎シーズン向上している方法で、彼がオールスターに成長する可能性は十分にあります。

今シーズン平均15.7ポイント、7.1リバウンド、5.4アシストでした。 

スパーズのグレッグ・ポポビッチ監督は、マレーは批判を歓迎すると語った。

DJは本当に偉大になりたいと思っている。DJは私に『とどまってくれ。私はもっと良くなりたい』と言うだろうね。

マレーは自分が祝福されていると考えています。

バスケットボールは壮絶な人生から逃れることを可能にしました。

愛は彼が新しいものを受け入れることを可能にしました。

多くの場合、彼は3年前にその病院で感じたのと同じ感情に打ち勝ちます。

マレーはライリーについて言いました。 

愛は私が彼女に会うたびに私が感じる感覚だ。

しかし、失神する代わりに、彼はその愛を受け入れることを学びました。

マレーは今、微笑み、娘を迎えに行き、彼女をしっかりと抱きしめます。 

引用記事:FOXSports


 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました