スポンサーリンク

デジョンテ・マレーの膝が完治!

スポンサーリンク
SASコラム

 

スポンサーリンク

Dejounte is Back ‼

スパーズのPG、DマレーがTwitterで昨年ケガした右ひざが完治したことを報告しました。

Dマレーは昨シーズン開幕前に右ひざACLを損傷する大けがを負い、シーズン全休となりました。


twitter.com

長いリハビリ生活でしたが、ここ最近は順調な回復を見せて元気な姿を見せていました。


twitter.com

Dマレーは2017-18シーズンに平均8.1ポイント、5.7リバウンド、2.9アシストを記録し、フィールドゴール成功率44.3%、3P成功率26.5%、フリースロー%は70.9%を記録しました。

オールディフェンシブ2ndチームに史上最年少で選出されました。

彼は来シーズンスパーズのスターターのポイントガードになるでしょう。

ACLの怪我にもかかわらず、スパーズの特別な選手です。

ファンは待ちきれません。

 来シーズン、マレーがオフェンス面で成長することでより爆発的な攻撃ユニットになります。

www.spurs-gym.work

Tダンカンのようにフランチャイズプレイヤーになれるように期待しています。

Popからの信頼も厚いので非常に期待しています。

 

また新ACとなったTダンカンも練習相手としてサポートしています。

来シーズンは新しいスパーズを引っ張っていくリーダーシップを要求されますので、レジェンドから学習してほしいですね。

https://twitter.com/redditspurs/status/1159988460129853440


twitter.com

マレー復帰によるメリットは?

何といっても、

ディフェンス力とリバウンド力の向上です

この二つの能力はリーグでも屈指の能力を持っています。

これらのディフェンスの数字を投稿しました。

5番目の最高の防御評価:(101.0)

5番目の最高のスティール率:(2.8%)

6番目のベストディフェンスボックスプラスマイナス:(3.4)

守備の観点から見ると、DejounteはNBAのエリートの1人です。彼のディフェンダーとしての現状は変わりません。怪我に関係なく、マレーにはフロアの中で最も鋭いIQの1つがあります。

彼のオンボールディフェンス、パスコースを読むコツ、あらゆるサイズの選手にローテーションし、それらの発生の90%で有利な対戦をする能力は貴重です。彼は23歳未満であるため、それは素晴らしいことであり、おそらくさらに良くなるでしょう。

Damien Bartonek (Air Alamo 記者)

アウトサイドショット、フィニッシュ、ゲームメイクがさらに成長できれば

オールスターも夢じゃないですね。

ハイライトをみると更にわかります。

ガードなのにオフェンスリバウンドに絡みます。

昨シーズンはオフェンスリバウンドに絡める選手がインサイドプレーヤーしかいませんでした。

マレーの復帰は大きなプラスです。

ホワイトもリバウンドが強いのでセカンドチャンスポイントが増えるでしょう。

▼ Dマレーのキャリアハイライト


Dejounte Murray Is Ready For A Big Comeback | Career Highlights Mix

 マレーに加えて、ホワイト、ウォーカー、フォーブスは飛躍の年になりそうですね。

 いいオフが送れていますね。

ベリネリ、ミルズ、デローザンとどのようにローテーションを組まれるのか楽しみですね。


twitter.com

期待しています!

 引用画像:

Dejounte Murray (@DejounteMurray) | Twitter

twitter.com

 
NBAランキング

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました