ドレイモンド「ジノビリの動きは予想できない」 | 【NBA】SPURS-GYM

ドレイモンド「ジノビリの動きは予想できない」

スポンサーリンク
NBA

ウォリアーズのドレイモンド・グリーンはディフェンシブ プレーヤー オブ ザ イヤー (2017) ですが、サンアントニオスパーズのレジェンド、マヌ・ジノビリを守るのに問題がありました

ブリーチャー・レポートとのインタビュー「AMA」の最中に、グリーンはどの選手を守るのが最も難しいかを尋ねられました。 

グリーンはオフェンスでの型破りなプレースタイルと特徴的なユーロステップの大部分が原因で、ジノビリの名前をすぐに挙げました。

止められなかったのはマヌ・ジノビリ。正面から向かってきたと思いきや 横に動いていた。

彼が左に動いているのを見た瞬間、これがユーロステップか…と思ったよ。

ジノビリのユーロステップは unstoppable でした。

ディフェンダーを当惑させ、ファウルラインに追いやることを余儀なくされ、リムに向かう彼の凶暴さで、ジノビリは防御するのに非常に一握りでした.

ジノビリのハイライトはこちらから

それだけでなく、ジノビリは高確率な3ポイントシュートを打ち、ピンポイントの正確さでボールをパスすることができ、スパーズの勝利のために自分の体を犠牲にすることを恐れませんでした。

GM「予測不能だった」

ESPNとのインタビューで、スパーズの RC ビュフォード元GMは、ジノビリがコート上でどれほど予測不能だったかを指摘しました。

マヌは野生の子猫のようでした。

ただクレイジーなことをしている。

その中には理にかなっているものもあれば、そうでないものもある。

ジノビリはスパーズでの 16 シーズンで4 つの NBA チャンピオンシップを獲得し、キャリア勝率 .721 を記録しました。

これは、少なくとも 1,000 試合に出場したプレーヤーの中で NBA 史上最高の勝率です。

1999年のNBAドラフトで全体57位でサンアントニオに指名されたジノビリは、キャリア1,057試合に出場し、平均13.3得点、3.8アシスト、3.5リバウンド、25.4分間で1.32スティールを記録した。

ジノビリはスパーズのスリーポイントシュート数 (1,495) とスティール (1,392) で歴代リーダーであり、試合数で 3 位 (1,057)、アシスト数 (4,001)、フリースロー (3,380) で 4 位、5 番目のポイント (14,043) を記録しています。

2008 年の NBA シックスマン オブ ザ イヤーは、オール NBAの栄誉を獲得した最初の南米人であると同時に、6 人目の南米出身選手です。

ジノビリは、2008 年と 2011 年の両方でオール NBA のサード チームに指名され、2 度のオールスター (2005 年と 2011 年) になりました。


 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました