各チームが改善すべき問題は?〜スパーズの場合〜 | 【NBA】SPURS-GYM

各チームが改善すべき問題は?〜スパーズの場合〜

スポンサーリンク
SASコラム

2022-23 NBA シーズンが始まり一か月が経過しました

各チームが初期の失望を経験するのに十分な時間が経過しました。

各チームがシーズン序盤に直面した問題が 徐々に明らかになってきた時期です。

早々に解決できそうなものから、 シーズン終盤まで響きそうなものまであるでしょう。

BleacherReportではNBAの各チームでシーズン序盤に明らかになった解決すべき課題についてまとめました。

スパーズにはどのような問題が生じたでしょうか?

【ゾロ目の日は超お得!!マイプロテイン 】

スパーズ:ディフェンス崩壊

数十年ぶりに再建モードに突入したスパーズは、多くの若い選手を起用してチームの未来の一員になれるかどうかを試しています。

現在のところオフェンスにおいてはヴァセルやケルドンの急成長でポジティブな側面はありました。

しかしディフェンスにおいては悪夢を見せられています。

堅実なペイントプロテクターであるヤコブ・パートル、 タフなペリメーターディフェンダーのジョシュ・リチャードソン、 ルーキーの中で最高のディフェンダーと評価されていたジェレミー・ソーハンを擁しているにもかかわらず、このチームはディフェンス効率と対戦相手のフィールドゴール成功率の両方で28位に位置しています

スパーズは対戦相手を100ポイント以下に抑えた試合は2試合しかなく、4試合で134ポイント以上の失点を許しました。

スパーズのファンたちは若手の成長と共にディフェンス面での改善を期待していきたいと思っています。

引用元:BleacherReport

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

テレビでも話題!完全栄養の主食「ベースフード」




カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました