トレ・ジョーンズは課題を克服できるか? | 【NBA】SPURS-GYM

トレ・ジョーンズは課題を克服できるか?

スポンサーリンク
SASコラム

スパーズの控えポイントガード、トレ・ジョーンズは今シーズン、スパーズでより重要な役割を手にしています。

ジョーンズは貴重なバックアップポイントガードとして持ち味を発揮しています。

オフェンスではペースのコントロールがうまく、試合のテンポを一気に引き上げることができます。

ドライブからのフローターや素早い展開が持ち味で、ディフェンスに囲まれても落ち着いて判断ができています。

ディフェンスではマッチアップ相手に常にしつこくつきまとい、ペリメーターのディフェンスは非常に評価が高いです。

彼はシーズン序盤は足首の怪我とプロトコル 出遅れましたが 年目に素晴らしい進歩を遂げます。

ポップも一目置く存在です。

彼は堅実で、その上素晴らしい競争者だ。彼ほど激しく競争する者はいない。

だから、この2つの特徴が組み合わさったとき、彼は我々にとって本当に貴重な存在になるんだ。

そしてそれは毎晩同じだ。

決して変わらないんだ。

彼が進歩し、スキルに取り組むにつれて、ますます良いキャリアを送ることになるだろう。

グレッグ・ポポヴィッチ

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

克服すべき課題がある

しかしジョーンズにもまだ課題があります。


それは彼の3ポイントシュートです。

NBAに入ってからジョーンズはアウトサイドでワイドオープンになっても3ポイントはあまり打たず、ドライブに偏る傾向があります

それでも先日のウォリアーズ戦では スパーズにとって良いニュースがありました。

ジョーンズは3つのターンオーバーを記録しましたが、3ポイントを2本沈めチームの勝利に貢献しました。

ちなみにジョーンズはアシストとターンオーバーの比率で NBA で4番目にランクされており、 非常に堅実なプレーが持ち味です。

試合後ポップはジョーンズの3ポイントに対して言及しました。

彼は非常に自信を持ってプレーした。良い取り組みを継続している

。彼は迷うことなく3Pシュートを決めたし、それが今すべきことだ。

グレッグ・ポポヴィッチ

ジョーンズのチームメイトは、彼がもっと3Pシュートを打つのを見たがっています。

ケルドンジョンソンもその一人です。

トレは自信を持ってシュートしていいんだ。

彼は練習しているから、賢いショットが打てると信じているんだ。

ケルドン・ジョンソン

同じポイントガードのマレーも同じ意見です。

アウトサイドシュートを確実に決めることは、彼の成長のために重要だ。

アウトサイドシューターになろうとするプレーヤーは、シュートを決めるためにシュートをもっと打たないといけないんだ。

デジョンテ・マレー

本人もオフシーズンにアウトサイドショットに取り組むことが優先されると自覚できているようです。

ちなみにジョーンズはスパーズがドラフト2巡目で指名する前のデューク大学2年時に3P成功率36.1%(39/108)を記録しました。

ジョーンズは2020年11月に3年4.2Mドルの契約にサインし、2022-23年の契約最終年のサラリーは1.78Mはノンギャランティーとなっています。

ジョーンズがNBAで生き残るにはアウトサイドシュートを確実に決める能力が必要です。

まだシーズンは残っているため首脳陣に対して積極的にアピールしていて欲しいですね。

期待しています。

引用元:Expressnews

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

9月16日発売!ヤニス 無一文からNBAの頂点へ



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました