マクダーモットのサクセスストーリー〜ファミリーと共に〜 | 【NBA】SPURS-GYM

マクダーモットのサクセスストーリー〜ファミリーと共に〜

スポンサーリンク
SASコラム

サンアントニオ・スパーズのダグ・マクダーモットは8月に3年総額4200万ドルの契約を結んでスパーズに移籍しました。

昨シーズン、NBAで最も少ない3ポイントからの得点を後押ししてくれています。

マクダーモット一家はバスケットボール一家

2000年代前半のこと。

グレッグとテレサ・マクダーモット夫妻は、アイオワ州シーダーラピッズに、いつも最もきれいな景色のドライブルートがありました。

末っ子のダグがそれを確認していました。

ダグ・マクダーモットは1992年、グレッグがノースダコタ大学のアシスタントコーチをしていたグランドフォークスで生まれました。

グレッグはノースダコタ大学でアシスタントコーチを務めていました。

大学のバスケットボールコーチの息子であるダグ・マクダーモットは、歩けるようになった頃からバスケットにシュートを撃っていました。

バスケットボールに夢中な10歳のダグ少年が、真冬のアイオワ州でシュートを打つためにはコート、マフラー、手袋を身につけてシャベルを持ってバスケットボールコートの雪を落とす必要がありました。

そのような環境でも、練習が天候に左右されることはありませんでした。

ダグ・マクダーモットは当時を振り返りました。

友人たちは私のことをクレイジーだと思っていた。どんなときでもシュート練習をしていたよ。

シューティングをしたければいつでもすればいいと思っていたよ。

ダグ・マクダーモット

シダーラピッズでの極寒の日々から、NBAで最もホットなシューティングハンドが誕生しました。

クライトン大学で息子を指導したグレッグ・マクダーモットは、

彼はいつもボールを手にしている子供だった。彼を探すときは、一番近いフープがあるところに行けばよかった。

グレッグ・マクダーモット

始めたきっかけは地元のアイドル達

マクダーモット家にとって、バスケットボールは常に家族のDNAの一部でした。

マクダーモットにとって最初のバスケットボールのアイドルは、1994年から2000年まで父親がコーチを務めていたネブラスカ州のウェイン州立大学のチームのメンバーだった。

ダグにとって、そのメンバーはマイケル・ジョーダンのようだと思っていた。

ダグと兄のニックは、ウェイン州立大学のトレーニングに欠かせない存在だった。

常に練習に同行していました。

ダグ・マクダーモットは、

チームが連敗していて、罵声が飛び交うような練習には出られないこともあった。

父はそういう意味では賢い判断だった。

ダグ・マクダーモット

グレッグは自身が生涯にわたってバスケットボールに情熱を傾けているにもかかわらず、息子にバスケットボールを強制的に教えようとはしなかった。

グレッグは、「息子に強制的にバスケットボールを好きになって欲しかったわけではない」と語った。

結局ダグ・マクダーモットは自分でバスケットボールに夢中になってしまった。

進学で判断を迫られる

高校時代のマクダーモットは、グレッグがアイオワ州立大学のコーチとして赴任していたアイオワ州エイムズの地元のスターだった。

2010年に4年生で全州のファーストチームに選ばれた後、ダグは当初父の母校であるノーザンアイオワでプレーすることを約束していた。

しかしグレッグが、当時ノーザンアイオワのミズーリ・バレー・カンファレンスのライバルであったクレイトン大学の監督に就任すると、ダグの大学進学計画は一変した。

ダグは当時を振り返りました。

年に2回も3回も父の敵としてプレーするのは嫌だったんだ。

父の側にいたかったんだ。

ダグ・マクダーモット

クレイトン大学の英雄へ

マクダーモット父子のペアは結果的にクレイトンのに強い恩恵をもたらした。

ダグの2年目のシーズンにクレイトン大学はミズーリ・バレー・カンファレンスのトーナメントで優勝した。

マクダーモットの最後の3シーズンはいずれもNCAAトーナメントに出場し、4年目には全米ランキング9位まで上り詰めました。

マクダーモットは、大学最後のシーズンに平均26.7得点を挙げて全米をリードし、1985年以来、3シーズン連続でAP通信のオールアメリカ・ファーストチームに選ばれた選手となりました。

マクダーモットはクライトン大学を去るまでに、NCAAディビジョンIの得点ランキングでラリー・バードに次ぐ5位にランクされていました。

マクダーモットは、いつしか “Dougie McBuckets “というニックネームで呼ばれるようになりました。

しかし、父親の下でプレーすることは必ずしも容易ではありませんでした。

ダグは、父は私を他の誰よりも厳しく指導された、と振り返りました。

現在クレイトン大学でコーチを務めるグレッグ・マクダーモットも、これが意図的なものであることを認めています。

ダグにとっては、私が彼を他の選手と同じように扱うことが重要だった。

グレッグ・マクダーモット

大学時代からサンアントニオと繋がりが?

マクダーモットの輝かしい大学時代のキャリアは、よりによってAT&Tセンターで幕を閉じました。

第3シードのクレイトン大学は、2014年のNCAAトーナメント2回戦で第6シードのベイラー大学に逆転負けしました。

マクダーモットは、この建物に戻るたびに、その記憶が蘇ることを認めています。

いつも周りを見渡しては、

『ああ、ここですべてが終わってしまったんだな』

と思っていたよ。

ダグ・マクダーモット

この夏、マクダーモットがNBAでのキャリアを新たにスタートさせようとしたとき、スパーズは理にかなった選択をしました。

2014年に大学で初めてAT&Tセンターを訪れた不運なできごとで、マクダーモットは垂れ幕に掲げられた4つの優勝旗を見上げていたことを覚えています。

スパーズは、あと3ヵ月で5つ目の優勝旗が掲げられるところでした。

スパーズは憧れのフランチャイズ

マクダーモットは、グレッグ・ポポビッチが率いるスパーズのボールと人の動きに重点を置いたチームワーク重視のプレーにいつも感心していました。

子供の頃からチャンピオンチームを見ていて、自分もそういうチームに入れるしフィットすると思っていた。

数年かけて、いくつかのチームを経て、ようやくここにたどり着いたんだ。

ダグ・マクダーモット

マクダーモットは、スパーズへの道を見つけるのに時間がかかりました。

彼のこれまでのNBAキャリアはスター性というよりは、ビジネスのようなものでした。

2014年のドラフト11位でデンバーに入団し、ドラフト当日のトレードでシカゴに移籍したマクダーモットは、オクラホマシティ、ニューヨーク、ダラス、インディアナでも合計7シーズンを過ごしています。

キャリアの3P成功率は40.9%で、現役選手の中では9位に位置しています。

マクダーモットは、ペイサーズでキャリア最高の平均13.6ポイントを記録したシーズンを終えました。

スパーズのもう一人のシューターであるブリン・フォーブスは、


ダグはどこにでもフィットする。

シュートとスコアができれば、フィットするのは難しいことではない。様々な状況に適応することができる。

ブリン・フォーブス

ポポヴィッチ監督も同じ意見です。

ポップは、マクダーモットのバスケットボールの知識とゲームへのアプローチが、”コーチの息子 “であることをすぐに理解しました。

彼はこのチームに完璧にフィットする。

なぜならペースを意識して持ってプレーするからね。

彼はボールストッパーじゃないからこのチームにぴったりだよ。

グレッグ・ポポヴィッチ

マクダーモットはスパーズのユニフォームを着てAT&Tセンターに足を踏み入れるとき、それが特別な瞬間になることを期待しています。

マクダーモットは、アイオワ州東部の雪に埋もれた車道から出発し、すべての道を通ってサンアントニオにたどり着きました。

引用元:Expressnews

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

9月16日発売!ヤニス 無一文からNBAの頂点へ



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました